タグ別アーカイブ: NDD方式

DD方式のFX業者は本当に顧客からの売買取引をカバーしているのか?

 FX業者の取引形態として社内にディーリングデスクを置いて顧客注文の反対売買を行うDD方式の業者と、すべてのオーダーをカバー先に投げてそれにマージンを上乗せすることで利益にするNDDの業者が存在することは以前にも書いたと思いますが、このDD業者というのは本当に顧客からの売買をカバー先に出しているのかというのが常に疑惑となります。

 実は海外で日本語サイトと開いて1000倍などのレバレッジを提供する業者の場合、そもそも無登録でどこの国にも認識されていない業者が多いのですが、それとともにこうした業者が呑み行為をしていることが認識されています。通常呑み行為というと馬券などの私設投票所を思い出しますが、実はFX業者でも十分起こりうる話なのです。

90%の顧客は証拠金を失って退場しているだけ

 下の図を見ていただければわかりますが、残念ながら国内を問わず海外を含めてすべてのFX個人投資家の約90%は、頼まれなくてもほとんど市場の動きとは反対方向に売買を行い、ほぼ3ヶ月以内で証拠金を失って退場していくのが実情となっています。

 したがって、誰でも思いつくことですが、儲けをしっかり出す1割の優秀な顧客の取引は確かにカバー先につないで損がでないようにしても、それ以外の顧客の取引はカバーせずに放置しておいいても証拠金がなくなって終わるだけなので時間だけ稼いでいればいいことになります。

 国内の業者がここまで酷い呑み取引をしているかどうかは定かではありませんが、DD方式で社内にデスクを置いて販売売買をするというのは少なからずこれに近い状況が起きているといえます。特に原則固定のスプレッドというのはインターバンクにすべてカバーを求めていればありえない人工的に設定された世界ですから、原則固定を打ち出している業者は、ほぼこのやり方に近いこと社内的に処理しているといっても過言ではありません。

 海外の無登録業者が証拠金と同額のボーナスを支給してくれるのも、結局顧客が証拠金を使い果たすことでそれがまるまる利益になるビジネスモデルだからで、支払いの段になると途端に払いが悪くなるのは、もともと利益を支払うことがほとんど想定されていないからだということがよくわかります。

 このDD方式とよばれるやり方は海外のハイレバレッジ無登録業者と日本の8割近い業者だけが行っているもので、国内の金融庁もどこまでカバー先を使えば呑みではないのかはっきりとして規定を提示はしていません。相対契約どおりに利益を支払いさえすれば何も問題が起こらないのは事実で、FX業者に詳しくなればなるほどこのDD方式というものが不可解なフォーマットであることを強く感じます。

 こうしたことから、個人的にはできるだけNDD方式の業者と取引をしたいと思う今日この頃です。(執筆者:坂本 博)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

DD方式とNDD方式について改めて考える 海外業者は既に8割以上がNDD方式

国内の店頭FX業者はまだほとんどがそのカバー取引についてはDD方式、つまり社内のディーリングデスクを利用しており、NDD,ノンディーリングデスクで外部のインターバンク20社程度とつないで最適化をはかり、そこにマークアップを載せていく方式とは異なるやり方をとっているのが現状です。

 これは世界的にみても日本だけの特殊な状況で、これまでにもディーリングデスク方式でFX業者の社内にトレーダーとは反対売買をするディーラーを置いているやりかたには多くの疑問が投げかけられてきています。スプレッドが急に広がるだけではなく、スリップが増えるのもこのディーリングデスクによる故意の仕業ではないかとさえ言われているわけです。

海外業者は既に8割以上がNDD方式

 国内ではNDD方式をとっているのはYJFX!のC-NEXやセントラル短資FXのウルトラFX,FXCMの通常取引口座などが有名ですが、ほぼ20社近いインターバンクと接続してもっとも条件のいい取引をアルゴリズムで選択していくという方法をとっているため、ウルトラFXやFXCMなどはスプレッド自体にアービトラージ的な状況が生まれ、マイナススプレッドになったりゼロスプレッドが発生したりすることになるのです。

 ただし1月15日にスイス中銀ショックのような状態が起きますとインターバンクからのプライスが途絶えて結局価格がでなくなることもありうるのです。したがってNDDが万能と過信するのは危険といえます。少なくとも業者自身が取引トレーダーと利益相反をするような取引をしないということだけはこのNDD方式では保証されているといえます。

DD方式が作り出しているフェイクな世界が原則固定という不自然なスプレッド

 一方、相変わらず多くの国内店頭FX業者が行っているのがDD方式と呼ばれる、社内での調整方式の売買です。国内業者の場合にはスプレッド最狭競争から原則固定を売りものにした狭いスプレッド提示が大流行ですが、インターバンクと業者との間に固定スプレッド取引というものが存在するわけではありませんので、あくまで業者と個人投資家との間の相対取引にだけこうした条件設定がなされるというわけです。

 業者は小口の取引についてはすべてをカバー先のインターバンクには出さずにある程度まとめて個人投資家間の売買を相殺させながらバルクで反対売買をしていることが多いのです。ですから1万通貨100枚以上といった大口の一回取引を行おうとすると、原則固定を打ち出している業者のかなりの部分がすべて約定させることができず部分約定などという問題を発生させることになるのです。

 つまり小額の取引だからこそ原則固定という仕組みが成り立っていることがわかるというわけです。これは海外業者でも金額の大きな取引になるとなぜかスプレッドが開いて取引条件が劣化するケースが多いのですが、ある意味で無理やりつくられた不自然な世界であり、相場状況によってはどこの業者がいつ条件を崩すことになるのかはわからないというのが実際の状況と理解しておく必要があるのです。

 したがって、DD方式を取っている業者である限り、原則固定を謳っていてもいつその取引条件が悪化するかはわからないというのが正直なところで、こちらも業者が提示する条件を過信するのはリスクが高くなります。原則固定というのは、決して嘘だとは言いませんが、様々な問題を抱えており、しかも多額の取引には対応できない仕組みということは覚えておかれるといいのではないでしょうか。(執筆者:坂本 博)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!