タグ別アーカイブ: FX業者

FXCMの日本法人売却に見る外資系FX業者の日本への思い入れの低さについて

4月1日付けで楽天証券に売却

 既にFXニュースなどの報道でもご存知の方が多いと思いますがFXCMジャパン株式会社を6200万ドル、日本円にして74億円で楽天証券に売却することを発表しました。

 FXCMは本国でのLeucadia社への多額な融資返済を円滑に行うための措置として日本法人を売却してその返済に充てることを決定したもので、当初は1200万ドル以下の価値しかないと言われていただけにかなりいい売却ディールを実現できたことになります。

 このFXCMは国内での立ち上がりからFXCMジャパンと名乗っていましたが、当初はGCIキャピタルに本国のFXCMが出資しGCIキャピタルの100%出資によりFXCMグループのノウハウとGCIグループのオルタナティブ投資に関する専門性を活用した高度な外貨投資サービスとして日本でも営業をしていたもので、現状ではこの会社はFXCMの100%戸外社になっていたようです。

 FXCMは様々な資産の売却で借金返済に躍起になっているようですが、真っ先に日本法人を売り飛ばしてしまうあたりに、彼らの日本市場に対する自社の事業プライオリティの低さが見え隠れします。

サービスがどのように残るのかが注目点

 直近では自社マージンを外だしにしてインターバンク直結のNDD方式をすべての取引プラットフォームに適用して話題を呼びましたが楽天証券が買い取ったあと、どのようにサービスが残っていくのかが注目されることになります。

 今回のような場合には、会社の身売りですから取引している顧客にとってはリスクはまったくありませんが、売却先の判断で今後サービスが変更されることは十分に可能性があるといえます。

 国内での事業売却となったサイバーエージェントFXを買い取ったヤフージャパンはNDD方式のC-NEXはそのまま継続していますが、MT4のプラットフォームはこの3月末でさっさとやめてしまいました。FXCMの場合もどのサービスが生き残るのかが注目されるところです。

外資系OTC・FX業者との付き合い方を考えさせられる状況に

 スイスフランショックで具体的に事業に影響が出たのは国内に進出した外資系OTC事業者ではアルパリについでFXCMが2社目となりますが、ユーザー視点で見ますと、国内に資本金を立てて営業する法人格の会社でも本国の都合でこうも簡単に撤退や売却をしてしまうということがかなり鮮明になってきています。

 2つのケースともに顧客の証拠金や資産は守られますが、ユーザー視点から言えばこうした外資系1社だけと統合的に付き合って売買し、多額の証拠金を預け入れるのはいろいろな意味で危ないという気がしてなりません。

 1000万円の証拠金があっても3社に振り分けておけば何かのときでもほかの業者で取引ができるわけですから、ユーザー自身がコンティンジェンシーアプローチを可能にできるような業者選択と平行利用を考える必要がありそうです。また何かあればさっさと事業撤退する外資とそもそもどこまで真剣に取引するかについても一考を要する時代になってきたことを痛感させられます。

CHFショックの詳細も明らかに

 ちなみにFXCMでは3月の初旬に1月15日のスイスフランショック時の詳細状況を示したリリースを発表していますが、これを見ますとNDD方式では提携しているカバー先のインターバンクからのオファーレートがほどなくして出なくなり、いわゆる値とびの状態が頻発してFXCMが設定しているサーキットブレーカーの強制決済のレート以下でかなりのポジションが決済される結果となっており、その結果としておよそ2億7000万ドルの顧客からの未回収金が発生したことがわかります。

 ただ、これを見ると海外ではゼロカットシステムを導入しているのだと思いますが、顧客はその後簡単に支払いに応じなかったことがよくわかります。スイスフランショックもすっかり収まったように見えましたが、実は水面下では様々な敗戦処理が進んでいたことが明らかになってきているというわけです。(執筆者:坂本 博)

DD方式のFX業者は本当に顧客からの売買取引をカバーしているのか?

 FX業者の取引形態として社内にディーリングデスクを置いて顧客注文の反対売買を行うDD方式の業者と、すべてのオーダーをカバー先に投げてそれにマージンを上乗せすることで利益にするNDDの業者が存在することは以前にも書いたと思いますが、このDD業者というのは本当に顧客からの売買をカバー先に出しているのかというのが常に疑惑となります。

 実は海外で日本語サイトと開いて1000倍などのレバレッジを提供する業者の場合、そもそも無登録でどこの国にも認識されていない業者が多いのですが、それとともにこうした業者が呑み行為をしていることが認識されています。通常呑み行為というと馬券などの私設投票所を思い出しますが、実はFX業者でも十分起こりうる話なのです。

90%の顧客は証拠金を失って退場しているだけ

 下の図を見ていただければわかりますが、残念ながら国内を問わず海外を含めてすべてのFX個人投資家の約90%は、頼まれなくてもほとんど市場の動きとは反対方向に売買を行い、ほぼ3ヶ月以内で証拠金を失って退場していくのが実情となっています。

 したがって、誰でも思いつくことですが、儲けをしっかり出す1割の優秀な顧客の取引は確かにカバー先につないで損がでないようにしても、それ以外の顧客の取引はカバーせずに放置しておいいても証拠金がなくなって終わるだけなので時間だけ稼いでいればいいことになります。

 国内の業者がここまで酷い呑み取引をしているかどうかは定かではありませんが、DD方式で社内にデスクを置いて販売売買をするというのは少なからずこれに近い状況が起きているといえます。特に原則固定のスプレッドというのはインターバンクにすべてカバーを求めていればありえない人工的に設定された世界ですから、原則固定を打ち出している業者は、ほぼこのやり方に近いこと社内的に処理しているといっても過言ではありません。

 海外の無登録業者が証拠金と同額のボーナスを支給してくれるのも、結局顧客が証拠金を使い果たすことでそれがまるまる利益になるビジネスモデルだからで、支払いの段になると途端に払いが悪くなるのは、もともと利益を支払うことがほとんど想定されていないからだということがよくわかります。

 このDD方式とよばれるやり方は海外のハイレバレッジ無登録業者と日本の8割近い業者だけが行っているもので、国内の金融庁もどこまでカバー先を使えば呑みではないのかはっきりとして規定を提示はしていません。相対契約どおりに利益を支払いさえすれば何も問題が起こらないのは事実で、FX業者に詳しくなればなるほどこのDD方式というものが不可解なフォーマットであることを強く感じます。

 こうしたことから、個人的にはできるだけNDD方式の業者と取引をしたいと思う今日この頃です。(執筆者:坂本 博)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

こういうFX会社は選んじゃいけない! 「楽天FX」を反面教師にした正しいFX会社の選び方

 今回はどういうFX会社がベストなのか? というお話をしたいと思います。

今やもっともオススメできない「楽天FX」

 数年前までなら私は迷うことなく楽天FXを推していたでしょう。当時楽天FXは、ドル円のスプレッドに関してはどんな時でも(例え市場介入が来ても)1.3に固定されており、なおかつ必ずエントリーした値で約定可能という、スキャルパー(数ppを狙いのトレーダー)以外には神様のような存在でした。

 しかし通常0.3ppにまで引き下げられた今は、重要指標が近づくと10-20ppのスプレッド拡大は当たり前、雇用統計に至っては40ppも開けてくるため、エントリーはおろか撤退することすら不可能なありさまです。挙句にスリッページ(通称:スベり)を頻繁に起こすので、全く違う値で約定するか、約定そのものがキャンセル扱いになります。

 「スベりまくりスプ開きまくり」という業者は数あれど、ここまで極端な会社は他に例がなく、楽天FXは今やもっともオススメしにくい証券会社に成り下がってしまいました(笑)。

FX会社を選ぶ時に一番大事なこと

 なぜ、オススメしない会社を最初に挙げるのか。上の例は、FX会社を選ぶときに陥って欲しくない罠のすべてが潜んでいるからです。通常スプレッドが0.1だろうが0.3だろうが、はっきりいって秒速決済を繰り返すようなトレーダーでもない限り、私はあまり重要ではないと思います。一番重要なことは、「有事にどれだけスプレッドが拡大しないか」と「どれだけこっちの言い値で約定してくれるか」です。

 有事とは指標だけに留まりません。突発的な仕掛けによる暴落、自然災害、大規模テロ、介入……そういった様々な異常事態を前にして、どれだけ普段のスプレッドを保ち続けていられるかでFX会社は検討すべきなのです。先日のスイスフランの制限撤廃の時もそうでしたが、持ちポジションが大きく破綻するのは大抵異常事態の発生時です。そういった事態を前に、普段通り対処できないようにしてくるFX会社を、我々はなぜ選ばなければいけないのでしょうか?

 また、約定力(スベりを起こさない)をアピールしている会社もありますが、こういう業者は通常時には素晴らしい働きをしてくれますが、大抵は有事でスプレッドの拡大をやってきます。こういった会社は総じて、取引量に応じて食品を送ってくれたりキャッシュバックを頻繁に行う傾向があるのですぐに分かります。キリがないので名前は名誉のために挙げませんが……。

 というわけで、これら2つの条件をしっかりクリアしているところを1つ挙げるとするならば、「SBIFX」でしょうか。確かにSBI FXは以前0.1ppだったドル円のスプレッドを0.27に拡大してきたことで評判があまり良くありません。しかし、私に言わせてもらえば、たかだか0.17です。有事が発生してもせいぜいスプレッドの拡大は3-5程度で、拡大自体が無いときもあります。約定も過去はスベることも多々ありましたが最近では全くスベりません

 スプレッド以外にもキャンペーンやキャッシュバック、大々的な広告につられたり、と様々な「誘惑」がFX会社選びにはつきものですが、どんな時でも臆することなく長く安心して使える業者を選びたいものです。(執筆者:大島 正宏)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

海外FX業者はしっかり調べましょう 最悪、利益が出ても引き出せない場合も…

 先日の記事で海外業者は利用の際は、「身の程の確認を」と利用者側の問題を指摘しました。今回は、業者側の問題を指摘したいと思います。

 最近、海外業者を利用し、利益が出たもののお金が出せないという相談が多数あるそうです。英語も読める、しっかり約款を読んだとしても相手業者が詐欺会社ならそんなもの意味がありませんね。

 私が見たブログでは、きちんと約款を読まずに、「取引数が一定以上にならないと出金できない」という約款があるため出金ができませんという記事を読みました。このような場合は自業自得と言われてもしかたがありませんが、こんな約款が無いにも関わらず、出金ができないとのトラブルが続出しているようです。

 このような業者の特徴は、入金したら入金額の3倍をプレゼントするという甘い誘い文句で勧誘しているようです。よくよく考えてみてください。入金額の3倍もプレゼントしたら業者破産してしまうだろと思いますが、そんな事を考えずに入金してしまう鈍才が多いようですね。他方、本当にしっかりした会社で入金キャンペーンをやっている会社もあります。

 見分け方ですが、とりあえずこのような行政機関の注意喚起情報(無登録で金融商品取引業等を行っている海外所在業者に対する警告[関東財務局])をしっかり見るようにしましょう。

 名前が上がっていないから大丈夫というような安易な考えはやめ、業者の口コミなどもしっかりと本当の事を書いているのか確認しましょう。業者が自らブログ作って、さも客が書いているようなブログを多数作る悪質な業者もあります。大切なお金ですから、もう一度「この業者大丈夫?」という猜疑心を心の片隅に残しておきましょう。(執筆者:登 泰平)

FX会社の使い分け スプレッド編

 前回は、キャッシュバックで使い分けようと言う事でしたが今回紹介するのはスプレッドです。

 FX会社によってスプレッドが変わると言う事は皆さんご存知だと思います。例えばA社は、ドル円が0.3銭ユロ円が0.8銭ですが、B社はドル円が0.2銭ユロ円が1.1銭などのように各社力を入れている通貨が違います。そこで、きちんと自分がよくポジションを取る通貨は何なのかをしっかりと、取引履歴を見て押さえておきましょう

 どの会社も取引履歴は1か月ごと、1年ごとに見ることができますので、しっかりとダウンロードや取り寄せをして、見る事が大切です。

 スプレッドなどどの会社も同じだろと思いがちですが、上記のA社、B者の例だけみてもユロ円のスプレッドが0.3銭違います。スイングの方はあまりダメージを食らいませんがスキャルピングの方などは、非常にもったえないです。ぜひ、自分がポジションを持つ通貨の把握をきちんとしてください。

 また、FX会社によって一番違いが出るのは指標時のスプレッドです。指標時に標準と同じスプレッドで取引させてくれる会社は皆無です。そのため、どの会社がすぐに標準のスプレッドに戻るかなど、FX会社によって特徴が完全に違います。1分程度で戻る会社もあれば、5分間も狭くなったり広がったりを繰り返す会社もあります。

 FXで利益を上げようと思えば、このような細かいスプレッドにも気を使わないといけません。(執筆者:登 泰平)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!