タグ別アーカイブ: FOMC

謎の買い上げ再び 完全なる下げトレンドから110円を守り切れるのか?!

今週の大きなテーマだった日銀会合、FOMCが終わって、一通りの材料が出揃ったかたちです。日銀は追加緩和なし、FOMCは利上げペースが遅くなりそう、という結果でした。これで相場も大きく動き出しています。

FOMCの利上げペースが遅くなりそうというのは、事前に多くのアナリストも指摘していたことだったと思いますが、ドルはこの発表後にかなり買われる反応でしたね。

ドル円に注目してみると、日銀会合後のガッカリ下げのあと、きれいなラインに乗って上昇しているのが確認できます。ということは、FOMCが利上げにプラスなコメントを出すことを期待して買っていた筋が、もしかするといたのかもしれません

その反動もあって、FOMCがより強いドル高圧力となって、ドル円は下げを加速させたのでしょう。翌日の夜には、ここのところ強くサポートとして機能していた111円が、ついに割り込まれてしまい、2月に2回つけた安値を更新してしまいます。

ちなみにこのとき、楽天FXのスプレッドが15円になるという珍事件もあったようです。人為的ミスなのかシステム的な問題なのか分かりませんが、心臓に悪いですね。これが原因で刈られたポジションは修正されるらしいので、ひとまずは問題ないらしいですが。

それはさておき、大事な111円を割って「このままどこまで下がるんだ?!」というときに、5分足1本で80pips以上上げるという謎の上げが発生します。2月上旬の下攻めとときにも、謎の暴騰がありましたよね。そのときほど激しくはなかったですが、それを思い出させるような動きでした。

この原因については、「日銀のレートチェックだ」というニュースもあったり、「いや、レートチェックはなかった」というニュースもあります。今のところははっきりしたことは分かりませんが、いずれにしてもこのあたりはどうしても警戒心が強くなっちゃいますね。

この下の110円もかなり固そうだし、111円を割り込んでからのショート攻めはあまりやりたくないかんじです。110円を割り込んで、105円を狙う動きが出てからでも遅くないような気がします。

ということで、強力なネタに裏打ちされた完全なる下げトレンドに乗って、110円をも割り込み105円を目指すのか。それとも、それに立ち向かう当局らの無言の圧力(はっきりしたことは分かりませんが)が支えきって、再びレンジに戻っていくのか

どちらに軍配が上がるのか、今は大事な局面ですね。変なポジションをつかんじゃわないように、注意しながらやっていきましょう!(執筆者:貝田 凡太)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

やっと利上げのFOMC、2015年まとめ、そして2015年のトレードお疲れ様でした!

さあ、とうとう12月17日4時(米国時間16日14時)に、FOMC政策金利発表がありました。

金利は予想通り0.25%引き上げとなりました。イエレンさんの記者会見では、「gradual」という言葉が多く、今後の利上げペースは緩やかだと強調したように思えました。イエレンさんは発言が素直な方なので、今そのつもりなのは間違いなさそうです。

ところで、今回で今年最後のトレードになった人も多いのでは。

ドル円の動きとしては、すでにポジション調整を終えた人が多かったのか、まるで普段の小売売上高などのように感じました。日銀の政策金融決定会合がいま行われているはずですが、無風という予想が多いですね。

私は今年のFXトレードはこれで終わり。あまり成績は良くなかったですね~。8月24日に少しプラスになっただけでした。

それでは、今年のトレード振り返りのお供に、2015年のFOMCのまとめです。トレード日誌と一緒に、お手元にスマホを置いて見ていただけると良いと思います。

2015年のFOMCのまとめ

2015年1月28日 FOMC政策金利発表

1月15日にスイス中銀が突然、ユーロ/スイスの防衛ライン撤廃を発表しました。ユーロの売りが膨らんだなかでのFOMC、据え置きでした。発表時はすこしドルが買われた、というよりユーロが売られました。ドル円終値117.53(ヤフーファイナンスより)

2015年3月18日 FOMC政策金利発表

据え置き。ただ、事前のドル高けん制の要人発言に加え、発表時の経済見通しも弱気だったため、ドルは軟調に。ドル円終値120.09

2015年4月29日 FOMC政策金利発表

据え置き。利上げは「4月はないけど6月は、ないとはいわない」みたいな微妙な発言でした。。ドル円終値119.02

2015年6月17日 FOMC政策金利発表

据え置き。6月の利上げを期待する雰囲気が裏切られ、ドル円は時間足1本で80ポイント以上の下げに。ドル円終値123.41

2015年7月29日 FOMC政策金利発表

据え置き。この頃から上海総合指数に不穏な空気が。ドル円終値123.92

2015年9月17日 FOMC政策金利発表

据え置き。8月24日の上海の暴落の影響が出てしまいました。
9月の利上げは相当期待されていたので、投げ売りに。会見でChinaの言葉が多用されたのが印象的。ドル円終値119.98

2015年10月28日 FOMC政策金利発表

据え置き。しかし新興国についての言及が削除され、12月利上げの可能性を温存。ドル円終値121.06

2015年12月16日 FOMC政策金利発表

0.25%-0.5%へ利上げ♪お疲れ様でした(*’▽’)ドル円終値122.20

見直しが終わったらゆっくり休みましょう!(執筆者:鈴木マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

FOMCが約9年半ぶり利上げ 株価は上昇、ドル円も買われ、長期金利も上昇

本日の明け方、早朝4時にFOMCが約9年半ぶりに遂に! そしてやっと…金利の措置を決定しました。

そしてそれを受けて発表前後から乱高下するという形で大きく動きましたね! しかし終わってみれば上下はあれど株価は上昇、ドル円もやはり買われ、長期金利も上昇して終わる形でした。

決定自身にサプライズはなく、声明文及びイエレン議長の定例記者会見にもそれほどのサプライズは無かったというところ。全般的に来年度に向けてのアメリカの金融政策に対しての不透明感が払しょくされてきたという事が、株価へのプラス要因とみなされたという事でしょうか?

ドル円で見ていくと欧州時間に122.10までジリジリと上げていきましたが、NY時間に入りその後はFOMC前の利食いの売り等で値を下げ121.63まで下押しをしています。

その後FOMCが0.25%の金利の引き上げを行う事が発表されると、それを受けて122.30まで一気に買いが入りますが、声明文の内容が若干ハト派だったことにより121.38まで下押しをしました。この下押しした121.38は一目均衡表の雲の上限でした。

このポイントで抑えられた辺りで、売られていたダウ平均が一転して、買い戻され一時は260ドル近い上昇となり、CME日経平均先物も1万9380円という所まで大きく買い上げられる形、そしてアメリカの長期金利も一転して上昇ということで再び大きく買い上げられ122.43まで現状値を伸ばしています!

FOMCの声明文ですが、「利上げ後も緩和的スタンスを維持する」という事を明言。

その後のイエレン議長は

「利上げのペースはデータ次第」
「成長が予想を下回れば金利は一段と緩やかに上昇する公算」
「市場を注意深く観察しており、手段を調整する可能性もある」

等述べており、来年度は数回に分けて利上げを行っていくのではいかという市場の見方が出てきているというところではないでしょうか。

これだけ穏やかな金利の引き上げを見るからに、そういった見通しがやっと立てられる様になってきたという事が表れている様に思えます。

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

利上げ後のドル円はどうなる?改めて要素をおさらい!

15-16日のドル円はダウが切り返すと日経平均先物の後押しもあり、一気に120.5から122円へとノンストップで暴騰する場面を見せています。

ニュースでは、動かなければ「利上げ前で手控えムード」、動けば「利上げ前のポジション調整」といった風に、後付けでなんとでも言えてしまうので酷いものですが、ひとつ確かなことは、この動きが利上げを睨んだものであるという事実でしょう。

さて、ドル円は利上げ後に一体どうなるのか、ここで改めて、今まで本コラムで述べてきたことを整理しておきましょう。

まず、教科書的には日米の利回り格差でさらなるドル高円安が示現すると言われています。事実、それを武器にしてドル円はアベノミクス以来、125円まで駆け上がってきたわけです。

しかし、これ以上のドル高を日米の官民ともども望んでいないのも事実です。そして市場もユーロ高など、ドル高からの「巻き戻しムード」が蔓延してきています。

現状のドル高によって、アメリカの製造業は大きく疲弊しており、利上げによって更なるドル高はなんとしてでも避けたいところでしょう。

また、日本に目を転じれば、貿易黒字が大きく増加していることも、円安に歯止めをかける要因となっています。

さらに、テクニカル的にも動きがなかった年の翌年は、アベノミクス前の80円台とその後を思い返すまでもなく、爆発的な動きを見せることがこれまでの通例で、今回もそうなる可能性は高いと言えます。

これらのことを合わせると、世間が想像しているような一辺倒のドル高円安にならないのでは、と筆者は考えています。

景気が思ったほど良くないなかでの利上げであることから、利上げペースも各地方連銀総裁が述べているように、「幾分か緩やかなもの」になるでしょう。

したがって、何か危機が生じれば、一気に円高へ触れるのではないか…というわけです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

今年最後のビッグイベンFOMCを控えて 今後の市場の方向性は?

昨日は、ようやくこれまで続いたFOMC前の利食い売りが収まったという事で買戻しが強くなっています。

欧州時間に120.580まで下押す場面がありましたが、だんだんと下値を切り上げていくという状況になりました。

NY市場に入ってからはアメリカ指標のCPIなどの数字が軒並み良かったことをきっかけに更に買いが強まる結果となりました。

そしてこのところ乱高下が続いていたWTI原油価格も大幅に買い上げられるというところ、そしてダウ平均も一時250ドルを超える上昇となる等々ドル円も更に上値を試す結果となっています。夜中にはロンドンフィキシングのまとまった買いも出たようで121.800まで高値を更新しています。

目先ドル円は、今夜のFOMCを控えてのポジション調整をほぼ終えてしまったイメージが強くこれから今夜にかけて大きく売り買いすることはなさそうです。そうなると市場の流動性が落ちてくるのでちょっとしたニュース等でも大きく反応しやすいのでその点は注意したい所です。

そして今晩のFOMCですが、アメリカが約10年ぶりに金利を上げる! という事で、金利差拡大のドル買いにつながるのか? それとも材料出尽くしでドル売りになり、尚且つ次回の利上げはかなり先になりそう……という思惑から更にドル売りになるのか?

同じ利上げという事をとらえても、マーケット参加者のそれぞれのイメージが違ってくるので、利上げ=ドル買いの一辺倒にはならないでしょう。そういった思惑からFOMCを終えてから参戦しようとする参加者が多いため昨日のうちにポジションをスクエアにしているようにも思えます。

ここ最近のファンド系のポジション調整は、今年の夏に見られたようなオイルマネーの売りが再び観測されてきたことから市場心理が冷やされたという一面と、信頼していたドラギ総裁にまさかの裏切りにあったショックといったモチベーションの低下があるのでは?

今年最後のビッグイベントを不安定な年末相場の中で迎えるにあたって、少しでもポジションを軽くしておきたい心理と、常に下値付近で待ち構えている本邦実需勢やGPIFの買いが交錯している様に思えます。

そういった観点からFOMCの結果がどうあれ、市場の方向性が大きく変わっていくことにはなりずらいだろうと考えています。

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓