タグ別アーカイブ: BMWショック

「年内利上げ示唆」でドル円は再び上昇基調? 株価はどうなるのか

朝こそ「BMWショック」の余波が続き株ともども不調だったドル円ですが、ロンドン市場に入ると、それまでの下げを打ち消すかのように力強く上昇をみせ、121円台へ乗せることに成功しました。もちろん世界的な株高もドル円を後押したのは確かですが、力強さの背景には、やはりイエレン氏が講演で語った「年内利上げ」への示唆ではないでしょうか。

しかしその一方で、今回利上げの時期をこうして狭めて(残り3ヶ月以内)明示してしまったことによって、逆説的ですが、「利上げネタで湧くのも12月まで」ということが言えてしまうのも事実です。つまり利上げがポジティブサプライズとしてではなく、市場にあっという間に織り込まれてしまうわけです。

こうなると次に問題となるのは、利上げ間近の株価の波乱と、利上げ後のドル円の動きです。日本の沈没具合が真剣に話題となり、日銀緩和も囁かれてしますが、利上げによって日米金利差が拡大するのはひとまず既定路線ということで、長期的にはドル円が再度125円を目指すのは間違いないでしょう。

ただし、利上げは当然アメリカの株価にとってネガティブ要因です。近々不穏な動きを見せているアメリカ経済が、果たして利上げ時期を直近に設定されたことで、耐え切れるのかどうか、その時ドル円は株価に追従するのかどうか、この2点は要注目と言えます。(執筆者:大島 正宏)