タグ別アーカイブ: ADP

ADPは25万人のポジティブサプライズ! 雇用統計でドル円は上?

朝からノンストップで80pps下落するなど、連日のリスクオフムードでいよいよ煮詰まってきた感のあるドル円ですが、ここに来てADP雇用統計が25万人と相当程度に好調だったのは幸いと言ったところでしょうか。

これまでお伝えしてきたように、月曜日に発表されたISM製造業景況指数が毎月冴えない数字であることは周知の通りですが、内訳の中でも唯一比較的マシだった雇用部門ですら、先月の51から判断の境目となる50を割り込み48へと落ち込んでしまったため、雇用統計も21万人という強気の数字を下回るのではないかと言われていました。

さらに、ミシガン景況指数やシカゴ購買部指数といった、景況を示すマインド系指数も軒並み悪化しており、タカ派で知られるフィッシャーFRB副議長からも「不安が若干高まっている」との弱気な声が聞こえてくるなど、全体的に弱気ムードが蔓延していたことは確かです。

そういった中で、雇用統計の前哨戦である、民間版の雇用統計ことADPが25万人とポジティブサプライズだったことは、ドル買いに希望を抱いている向きにとって、非常に朗報であったと言えるでしょう。

とはいえ、まだまだ油断は禁物です。これまでADPと本家・雇用統計(NFP)の乖離は何度も発生してきましたし、何より市場全体のネガティブムードが変わったわけではありません。しばらくは、上がったら絶好の「戻り売り」ポイントだと見るのが良さそうです。 (執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

雇用統計というボーナスタイムで儲けろ!

アメリカの4月分雇用統計の発表が金曜日に近づいてきています。

以前もお伝えした通り、アメリカの指標は売れば儲かるというボーナスタイムがつづいており、今後もしばらくその潮流は続くのではないかとよんでいます。

一部には、FOMCのコメント通り、「最近のアメリカの経済指標の腰折れは季節的なもの」という見方もあるようですが、季節的にしては余りにも広範かつ長いのでは、というのが私の考えです。

事実、それを裏付けるかのように、水曜日に発表されたADP(民間版・雇用統計)も市場予想20万人に対し、結果は16.9万人と冴えない数字が発表されました。前哨戦のADPでもこのような数字が出てしまう以上、今回の雇用統計の市場予想22万人という数字は、明らかに「期待先行」ムードにあると言わざるを得ません

ただ、22万という数値が出ていますが、おそらく市場が下目線であることは満場一致でしょう。そう考えると、ひとまずアルゴリズムの発動で発表後に下りはするであろうものの、多少の下げではそこまで動じない可能性もあります。

海外勢が巨額の利益を出したドル買いポジションをクローズしにかかっていることに加え、アメリカ景気の腰折れ、そしてナスダックを筆頭にバブルの兆しが見えていること。これらのことから何度もお伝えしていますが、そろそろ近いうちに何か大きな爆弾がドル円にも投下されると思っています。(執筆者:大島 正宏)

FX七大重要指標 第一週は安易にエントリーしたら駄目

 ADP、NFP、ISM、失業率、失業保険申請者数、ミシガン大学消費者指数、シカゴ購買部指数、これらアメリカの統計数値はFXで抑えておくべき七大重要指標です。基本的にはこの7つの指標によってアメリカの経済動向は分析できますし、政府関係者もこの指標を元に政策を決定します。

 ですからこれらを分析せずして、FXで高パフォーマンスを出すのは不可能です。逆に言えばこれらを抑えておけば勝てるのがFXです。しかし、毎週毎月夜中に指標を確認するのは酷ですよね。だったら避けて通ればいいんです

 特に三大指標と言われる、ADP、NFP、ISMは大体月初めに集中します。ADPが当月第1週の金曜日、ADPがNFPが公開される週の水曜日、ISMが第1週の火曜日、水曜日と決まっているからです。この3つの指標は一瞬で数十ppの値幅変動が起きますし、数値によってはゲームの流れがそれまでと180度変わってしまうこともしばしば。

 ゴールドマンサックスやモルガンスタンレーなど大手プレイヤーも予想数値を並べてきますが、まず予想通りにいくことはありません。このようなギャンブル要素が強い週にエントリーしても予想通りに事が進めば素晴らしいですが、外せば悲惨極まるものです。数値が出揃って1ヶ月の流れが定まってからでもエントリーは遅くはありません。(執筆者:大島 正宏)