タグ別アーカイブ: 黒田

週末に市場は「マイナス金利導入」をどう消化するか?

黒田さんが再びやってくれましたね。ついこないだ、「現時点でマイナス金利政策は考えない」って言ってたのに! 僕のシナリオでは、追加緩和もやるにしても想定の範囲内で終わって、今回の日銀会合はどっちにしろ売り場になるイメージでした。

結果を聞いた時は、「えっ、マイナス金利ってどうなの?」というかんじで、判断に困りました。そういう反応のトレーダーさんも多かったんじゃないでしょうか。

中身を見てみると、日銀当座預金残高を3つに分類して、そのうちの1分類がマイナス金利になるだけで、「実際はほとんどの部分はマイナス金利にならないのでは?」なんていうことも言われているようです。

これだけを見ると、今回の内容自体にはそれほど威力がないような気もします。ですが、それよりも「これから先、打てる手はあるんだぞ!」っていうのを見せた効果が大きいんでしょうか。実際、この発表を受けて、長期金利はガクンと下落、10年国債は初の0.1%割れをしてしまいましたしね。

正直に言って、僕ではファンダメンタルズに考えて、このマイナス金利政策がどの程度の強い威力を発揮するのか、はっきりと分かりません。なので、これからはチャートでこのベクトルの強さを見極めるしかないな、というスタンスです。週末を受けて、市場がこの追加緩和をどういうふうに消化したのか、月曜日のところの動きが気になるところです。

月曜からの動きを見るうえで、チャート上のポイントで僕が意識しているところをいくつか挙げておきます。

とりあえず注目したいのが、121.45円付近に位置している移動平均線の200日線と、昨年8月の上海株式暴落時の戻り高値の121.65円。ここを抜いてこられずに下げの形を作ってきたら、狙っていこうと思っています

ただ先週の終わり方を見ていると、上げの勢いはしつこそうなかんじ。月曜に入って(特に欧州時間から)、ガラリと雰囲気が変わっちゃったとかでなければ、慌てずに待っていたほうがいても問題ないと思うので、のんびり構えておくつもりです。(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

2016年相場がスタートしました!さらなる円安の可能性は?!

あけましておめでとうございます! 2016年になりましたね。昨年はいろいろとありましたが、最後はアメリカの利上げできれいに締まった1年になった気がします。年末にアメリカ、日本、EUでそれぞれ金融政策が打たれたわけですが、比べてみるとそれぞれに特徴が出ていておもしろいですよね。

イエレンさんは最初のころにヘマをやっちゃったのもなつかしいかんじです。もう市場とのコミュニケーションも慣れてきたのか、すっかり優等生になっちゃいました。利上げを市場にうまく織り込ませることができて、大きな混乱は起こりませんでした。

むしろ黒田さんの追加緩和もどきのほうが、市場は混乱しちゃいましたね。「バズーカ来たか?!」と勘違いしちゃったトレーダーさんが、きっとたくさんいたはずです。そんな黒田さんはトレーダーにとっては、少々困ったちゃんなのかもしれません。

そんな黒田さんを超える問題児はやっぱりドラギ。いつもこの人には個人的に振り回されて悔しい思いばかりしているイメージなんですが、12月の追加緩和をめぐって相場は大きく振り回されました。ドラギマジック健在でしたよね。

というわけで、年末はいろいろあったんですが、トレーダー目線でいくと今はフラットな気分です。年末にいろいろ出尽くしてくれたというか。まっさらな気持ちで2016年相場に入っていけそうです。

さて、年初の相場ですが、まだ特にどっちという目線は作っていません。「株式のほうでご祝儀相場があったらいいなあ」なんて期待しているんですがどうなんでしょうか。

ドル円のチャートの形としては、120円を今にも完全に下抜いちゃいそうなかんじ。ここを下抜けしちゃったら、ストーンと10月下値の118円まで見えてきそうですね。その次は上海株式大暴落のときの116円、ここら辺を意識しておこうと思います。

一応上げたときのことも考えておくと、まずは日銀の追加緩和もどきのときにつけた123.50円。ここは11月以降何度も跳ね返されているところなので、何かがありそう。そのすぐ上の124.50円には黒田ラインが控えています。

こうして考えると、アベノミクス以降の最高値を更新して126円台へっていうのは少々遠いですね。仮にそれがあるとすれば、ドル側というよりは円側の要因になりそうな気がします。

最初の話題に戻りますが、イエレンさんは優等生になっちゃったので、利上げも丁寧に市場を混乱させないようにやって来るはずです。そうなると、黒田さんがバズーカ打っちゃうっていうパターンのほうが可能性高そうですよね。

ただ、例えそれを打って円安になったとしても、黒田さんを筆頭にアメリカも日本も望む円安の水準ではないので、どこまで長続きするのかは結局あやしいものなのですが。

今年の7月には衆議院選挙が行われる予定です。そこまでに株価をキープするために何かがあってもおかしくないと勘ぐってみると、あながちバズーカが出ないとは限らない気もします。(個人的には「ここからさらに追加緩和って、さすがに大丈夫なの?」って思いますが。)

考えているといろいろ出てきますが、とりあえずはアメリカの雇用統計までの動きをじっくり見ていこうと思います。今年もトレーダーたちにとって、いい年になりますように!(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

方向を誤った黒田砲! ドル円は一気に120円台へ突入―週明けの戦略は?

日本の場合は、イエレンの利上げネタよりも、翌日の黒田ショックの方がダメージがよほど大きかったことでしょう。

日銀政策会合の結果発表が遅れていることをもって、緩和を期待する向きがドル円をジリ上げし、発表後には123.2まで一挙に暴騰するすることとなったのもつかの間、結果の詳細が分かるやいなや、今度は一挙に122円割れへと大暴落してしまいました。

欧州時間に入るとそれまで軟調気味だった欧米株式市場も本格的に下落を始め、それに続くかのようにドル円は121円すら割ってしまおうとしています。

利上げ後の動きについてこれまで何度かお話ししてきましたが、流石にここまで激しい動きをみせるとは我ながら予想もしませんでした。もしニューヨーク市場でも大幅下落となれば、金曜日のうちにドル円が120円台に突入してしまうことも吝かではないでしょう。

とはいえ、これだけ壮大なボラティリティを演出して金曜引けとなり、週明けを迎えるとなると、まさに以前お伝えした「市場が冷静になる」相場が月曜日はやってくるはずです

ストップロスを大量に狩りまくって、台風の過ぎ去った秋晴れのように上もまた軽いはず。思い切って、朝一で買いから入ってみると、思わぬリバが獲得出来るかも知れません。ただし、この市場危機が簡単になかったことになるとも思えないので、利食いはお早めに。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

ついに来たドル円牽制パンチ! 今後も続々やってくるか?

以前「デカい波に乗れ!」というお話をしましたが、早速巨大な津波がドル円を襲いました。

黒田日銀総裁が、「ドル円がこれ以上上がるようなことはない」と国会で発言。124.5-6付近で小康状態を保っていたドル円は、一気に200pp超の下落を起こし、122円台半ばまで売り込まれることとなりました。

おそらく内閣サイドから何らかの圧力があったのだと思いますが、前回述べた、「オバマが牽制しだしたら日本も追従するだろう」という話を、これ以上ないほど見事なまでに黒田総裁が実現してくれた格好です。

今のドル円は超円高時代の逆バージョンであると思われます。つまりドルと円の需給関係から必然的に上昇はするのですが、それを好ましいと思わない政治サイドが必至で通貨安を押しとどめようとする構図です。オーストラリアやスイスのように通貨安/高政策を行うことが出来ればいいのですが、日本やアメリカレベルになると、経済のために政策を可変的に調節することは出来ても、通貨のために変えてしまうような真似は出来ません。したがって、口先介入・実弾による為替介入など、ありとあらゆる食い止めが行われます。

1ドル70円台時代のことを思い返せば分かりますが、今後ドル円は長期的にみると、おそらく120円-120円台後半の狭いボックスで動くのではないでしょうか。そして、日銀が出口戦略に手を付け始めた時、つまり金融緩和を終了させにかかると同時に、ドル円は円高へ一気に戻っていくことが予想されます。

ともあれ、今日の黒田総裁の発言を1つとっても、ドル円はひとまず上がったら売り、どう考えても下げ過ぎたようなら短期的に買いの戦略で行けば良さそうですね。決して200pp落ちたからといってツッコミ売りはせず、気長に上がってくることを待ちましょう。(執筆者:大島 正宏)