タグ別アーカイブ: 黒田バズーカ

日銀の黒田バズーカ期待と、忍び寄るECBのドラギ・マジック

先週の相場も上へと下へと激しい展開となりました。週の前半では中国のGDPも無事通過して、ドル円は上に強く戻す動きを見せます。しかし、この上昇は118.10円まで。結局、大きな下落の流れを崩せずに終わるのを見ると、再び下降トレンドへ。ストップロスを巻き込みながら、一気に116円を割る水準まで落ちました。

このタイミングで、政府関係者による「為替市場の動向を注視している」発言にニュースが入ってきます。この報道を受けてパニック的な下げはいったん落ち着き、さらにその後の日銀の追加緩和をにおわせる発言などが出ると、上昇へと転じていきました。結局、先週の引けでは118円後半まで戻しています。

今の市場の注目は、29日の日銀会合の結果発表へと集まっています。これを節目に考えながら相場を見ていくと、動きが読みやすいような気がします

もし29日までに期待が高まり過ぎた場合には、実際に追加緩和があったとしてもどうなるんでしょうか。上の方では重たそうなラインがいくつもあるので、むしろ絶好のショートチャンスになるかもしれません。もちろん、追加緩和の内容によっては止まらない上昇が起こるかもしれないので、安易な逆張りは禁物ですが。

これに加えてちょっと気になるのが、ECBのドラギ総裁の動向です。ドラギがまた追加緩和を示唆してきています。

一方的に下がっていた原油が戻してきたのは、この影響が大きいでしょう。これを受けて、再び次のECB会合(3月10日)での追加緩和が期待されているようです。ドル円には直接関係ありませんが、リスク選好の動きがドル円を押し上げる影響は頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに、昨年10月にもドラギの追加緩和示唆からの上げという動きがありましたよね。このときはアメリカの利上げ観測による上昇の影響も混ざってはいるので、同じとは言えないんですが、ドラギ総裁特有の期待上げからのドーンというのもありえそうな気がします

25日の真夜中にはドラギの講演もあるので、何が飛び出てくるか警戒しておいたほうがいいかもしれません。個人的にドラギ・マジックと相性が悪いので、必要以上に気にしている次第です……。

ということで今週は、まずは日銀会合での追加緩和、これに対する期待がどこまで高まるかに注目しています。そのうえで、波乱要因として苦手のドラギの動向にも注意しておきたいところですね!(執筆者:貝田 凡太)

2016年相場がスタートしました!さらなる円安の可能性は?!

あけましておめでとうございます! 2016年になりましたね。昨年はいろいろとありましたが、最後はアメリカの利上げできれいに締まった1年になった気がします。年末にアメリカ、日本、EUでそれぞれ金融政策が打たれたわけですが、比べてみるとそれぞれに特徴が出ていておもしろいですよね。

イエレンさんは最初のころにヘマをやっちゃったのもなつかしいかんじです。もう市場とのコミュニケーションも慣れてきたのか、すっかり優等生になっちゃいました。利上げを市場にうまく織り込ませることができて、大きな混乱は起こりませんでした。

むしろ黒田さんの追加緩和もどきのほうが、市場は混乱しちゃいましたね。「バズーカ来たか?!」と勘違いしちゃったトレーダーさんが、きっとたくさんいたはずです。そんな黒田さんはトレーダーにとっては、少々困ったちゃんなのかもしれません。

そんな黒田さんを超える問題児はやっぱりドラギ。いつもこの人には個人的に振り回されて悔しい思いばかりしているイメージなんですが、12月の追加緩和をめぐって相場は大きく振り回されました。ドラギマジック健在でしたよね。

というわけで、年末はいろいろあったんですが、トレーダー目線でいくと今はフラットな気分です。年末にいろいろ出尽くしてくれたというか。まっさらな気持ちで2016年相場に入っていけそうです。

さて、年初の相場ですが、まだ特にどっちという目線は作っていません。「株式のほうでご祝儀相場があったらいいなあ」なんて期待しているんですがどうなんでしょうか。

ドル円のチャートの形としては、120円を今にも完全に下抜いちゃいそうなかんじ。ここを下抜けしちゃったら、ストーンと10月下値の118円まで見えてきそうですね。その次は上海株式大暴落のときの116円、ここら辺を意識しておこうと思います。

一応上げたときのことも考えておくと、まずは日銀の追加緩和もどきのときにつけた123.50円。ここは11月以降何度も跳ね返されているところなので、何かがありそう。そのすぐ上の124.50円には黒田ラインが控えています。

こうして考えると、アベノミクス以降の最高値を更新して126円台へっていうのは少々遠いですね。仮にそれがあるとすれば、ドル側というよりは円側の要因になりそうな気がします。

最初の話題に戻りますが、イエレンさんは優等生になっちゃったので、利上げも丁寧に市場を混乱させないようにやって来るはずです。そうなると、黒田さんがバズーカ打っちゃうっていうパターンのほうが可能性高そうですよね。

ただ、例えそれを打って円安になったとしても、黒田さんを筆頭にアメリカも日本も望む円安の水準ではないので、どこまで長続きするのかは結局あやしいものなのですが。

今年の7月には衆議院選挙が行われる予定です。そこまでに株価をキープするために何かがあってもおかしくないと勘ぐってみると、あながちバズーカが出ないとは限らない気もします。(個人的には「ここからさらに追加緩和って、さすがに大丈夫なの?」って思いますが。)

考えているといろいろ出てきますが、とりあえずはアメリカの雇用統計までの動きをじっくり見ていこうと思います。今年もトレーダーたちにとって、いい年になりますように!(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

黒田日銀総裁の狙い撃ち口先介入発言でドル円暴落 このあといったいどうなるか?

10日の東京市場はいきなり黒田日銀総裁が衆議院財政金融委員会に出席した黒田総裁の答弁で一気にドル円が急落することとなりました。

黒田総裁は民主党の前原議員の質問に答える形でこのときとばかりに「実質実効レートでここからの円安はありそうにもない」と発言して完全に口先介入を実施。さらに、「永久的な量的・質的緩和は考えていない」「付利金利の引き下げは検討していない」と追加緩和に消極的である旨を訴求してドル円は程なく2円以上の下落を示現することとなりました。

最初から円安けん制を狙った確信犯的答弁

まあ125円を超えて週末を終えていますからなんとか沈静化させたいという目論見もあったのでしょうが、ちょうど国会に呼ばれたのでいいタイミングということでこうした発言をあえて行ったものと思われます。いまのところ122円は割れていませんので、11日の米国市場で小売売上高などが予想を超えれば再び125円方向に戻ることも考えられます。

直近は一旦調整か?

ただ、以下のチャートのように21日のボリンジャーバンドで見ますと日足では完全に+1σを切って落ちてきてしまっていますので、124.600円以上を回復しないことには上昇基調には戻らなさそうな雰囲気となってきています。この水準では口先介入がでるのではないかとは思っていましたがまさか黒田総裁自らやらかしてくれるとは思いませんでした。しかし中央銀行の総裁が為替の水準について具体的なレベル発言をするのは明らかに問題だとは思いますね。

ただし、相場は必ずだめだと言われると試しにいくものですから再度128円方向をやりに行く可能性はまだ残されています。基本はしっかり押し目買いで、120円を切るとこれはトレンド自体に変化がでることになりそうです。(執筆者:大島 正宏)