タグ別アーカイブ: 雇用統計

フラクタル構造を意識して見る、今回のアメリカ雇用統計

今回のアメリカ雇用統計は失業率こそ予想を下回りましたが、ボチボチいい結果だったように思います。その後のISM製造業景況指数もまずまずの結果でしたね。これらの結果を受けてドルは買い戻されて、ドル円も上昇を見せました。

しかし、直近の上値112.60円を抜けないまま買いが一巡し、最終的には下げトレンドとなります。逆に直近の下値112円を割り込んで、ほぼ安値引けの形で週末を迎えることとなりました。

これは今回のアメリカ雇用統計を終えての1時間足なんですが、どこか見たことあるような形だなあと思いませんか? 大きな下落があってから、上に38.2%戻してから揉み合いになって、だんだん頭が重たくなっていく形。これ、ドル円の日足とめちゃくちゃ似た形なんですよね。

こちらが日足です。時間やレートを消してチャートの形だけを見たりすると、どっちがどっちか分からなくなっちゃいそうですね。こういった大きな全体と同じ形が細かいところでも出てくる、というのがフラクタル構造と呼ばれるものです。雪の結晶やリアス式海岸など、自然界でもよく見られる現象なんですが、チャートにもよく見られるんです。

この現象に着目すると、日足の形を意識して「強いトレンドが出たら38.2%戻してから、頭をジリジリ下げる揉み合いになるかも!」ということを、あらかじめイメージすることができます。このイメージを持っていれば、先週のイエレン発言による下落後の揉み合い、そして週末の大型指標後の取引も有利に進められたはずです。

ちなみにさらに5分足で見てみても、同じような形が発見できると思いますよ。今は急な動きが起こりやすい相場になってきています。今後もこれに似たようなパターンの動きが起こるかもしれないので、頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね!(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

今週はいきなり雇用統計!ドル円にとっては勝負の週に

さすがにドル円は8連騰とはならず。ユーロドルなどドルストレートもまる1週間小幅ながら下げ続けていたことを考えれば、いったんの調整ムードも当然と言えるでしょう。

問題なのは参加プレイヤーがおらず値がスカスカなことで、動かないときは全く動かず、動き出すと一方通行で上にも下にも簡単に飛んでしまうことです

このところの上げは需給が一巡し、期末要因で輸出筋のドル売り円買いのターンから、これまで趨向を見極めていた輸入筋が一斉に動いたためと言われていますが、むしろそれよりも株高につられている側面の方が大きいでしょう。

筆者も相変わらず111円台をホールドしていますが、方向感の定まらない相場で下手に細かいトレードを続けると致命傷になりかねないので、冷静に火曜日以降の動きを見極めるつもりです

ただし、4月になるといきなり1日にNFP雇用統計が控えていることを受けて、前倒しで3月30日にADP民間雇用統計が発表されます(通常は翌月第1週の水曜日にADP、金曜日にNFP)。

したがって今週はその思惑と結果でかなりタイトな動きになることは予想がつきます。ADPの予想は19.5、本家雇用統計の予想は20.8となっていることから、米国経済の伸びがここ数ヶ月同様に順調なであれば、まずポジティブな形でクリアできるだろうと思われます。

しかし、仮に予想を下回ってしまった場合、徐々に市場に浸透しつつある「4月利上げ説」に水を差す結果となってしまうため、ドル円の動向を見極めるうえで今週の動きは相当に重要だと言えるでしょう。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

好調な雇用統計も虚しく…ドル円の下落は連日の無理上げが招いたツケ

24万人という破格の数値だった雇用統計も虚しく、ドル円は見事な下げ相場となっています。

株はさておきファンダメンタル的にはもっと暴騰してもおかしくなかったのですが、114円の異常な重さにヤラれた挙句、頼みの綱だったダウ平均までもがマイナス圏に沈むと、一気に113.50割れを示現することとなりました。

このところ東京市場の露骨すぎるジワ上げを欧米市場で全否定という動きが続いていましたが、ここまで連日頭を抑えられては当然上値も次第に重くなるというもの。もし連日のジワ上げさえなかったならば、ここまで頭が重くなることもなかったかも知れません。

情け無用で高値を買い叩き続けた東京市場のプレイヤーのつけが、雇用統計といクライマックスで見事に現れてしまった感じです。

そして先日お伝えしたようにダウ平均もこれだけ連日高値を追い続けたとあっては一旦の調整があってもおかしくはありません。しかも雇用統計も過ぎしばらくは重要な指標もありません。

次は3月利上げの思惑で盛り上がるくらいでしょう。残念ながらこの調整に付き合わされるドル円は、念願(?)の110円に向けてもう一度下値を模索することとなりそうです。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

雇用統計は超乱高下! 指標発表前に祈ることはもうやめよう

金曜日の雇用統計は凄まじい乱高下となりましたが、筆者はポジションを持たずに臨んだため、祈ることもなく、落ち着いて要所要所で儲けることが出来ました。

思えば昔は、私もこうした重要指標を前に毎週ドキドキしながら胃を痛め続けたものです。こうした戦略が何の意味もない寿命を縮めるだけのギャンブルだと気づくまで、随分と時間がかかりました。

「さっさと目標の~円を儲けたい」、「今日で含み損を一気に回収したい」といった思いは、FXをやる上で癌のような思考でしかありません。淡々と目の前の動きに対し、冷静に対処し続けることだけがFXでは求められています。

さて、雇用統計で116.3~117.3円を縦横無尽に駆け巡ったドル円ですが、雇用統計は大幅下振れの15万人と改めて冴えないアメリカ経済の実態が浮き彫りとなりました。失業率は5.0%から4.9%へと下落し、2008年以来の低水準などと言われていますが、景気と無関係に失業率ばかりが下がる傾向(就職自体を諦める)は以前から指摘されており、これは利上げの判断基準となりません。

時間給の高さだけみて「好景気で利上げ再燃」などと言われ、ここでドルが積極的に再度買われるようであれば、週明けにドル円を上値で売る最大のチャンスと言えるでしょう。

そもそも、4時間足MACDを見ても明らかに「売られ過ぎ」の水準であっただけに、こうして一旦の踊り場を作ってくれることはありがたい限りです。筆者は今年、「高値を叩くだけで蔵が立つ」とすら考えています

目先の短期的な動きにとらわれず(もちろんスキャルピングを行う上では短期も重要ですが)、対局を捉えてこそ勝利が待っているのです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

ADPは25万人のポジティブサプライズ! 雇用統計でドル円は上?

朝からノンストップで80pps下落するなど、連日のリスクオフムードでいよいよ煮詰まってきた感のあるドル円ですが、ここに来てADP雇用統計が25万人と相当程度に好調だったのは幸いと言ったところでしょうか。

これまでお伝えしてきたように、月曜日に発表されたISM製造業景況指数が毎月冴えない数字であることは周知の通りですが、内訳の中でも唯一比較的マシだった雇用部門ですら、先月の51から判断の境目となる50を割り込み48へと落ち込んでしまったため、雇用統計も21万人という強気の数字を下回るのではないかと言われていました。

さらに、ミシガン景況指数やシカゴ購買部指数といった、景況を示すマインド系指数も軒並み悪化しており、タカ派で知られるフィッシャーFRB副議長からも「不安が若干高まっている」との弱気な声が聞こえてくるなど、全体的に弱気ムードが蔓延していたことは確かです。

そういった中で、雇用統計の前哨戦である、民間版の雇用統計ことADPが25万人とポジティブサプライズだったことは、ドル買いに希望を抱いている向きにとって、非常に朗報であったと言えるでしょう。

とはいえ、まだまだ油断は禁物です。これまでADPと本家・雇用統計(NFP)の乖離は何度も発生してきましたし、何より市場全体のネガティブムードが変わったわけではありません。しばらくは、上がったら絶好の「戻り売り」ポイントだと見るのが良さそうです。 (執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓