タグ別アーカイブ: 金利

米国金利からみると整合性のとれないドル円の独歩高

皆さんご存知のとおり、今回のドル円のきっかけは米国FRBのイエレン議長による今年のどこかで利上げが適切発言に起因していることは間違いないわけですが、この話からすればここへ来ても6月利上げ説は完全に消えたわけではないようです

しかしながらその後の米国債の金利状況をみるとどうも利上げ観測でドルが買われている状況との整合性が取れないのが実情となっています。

単なる投機筋の仕掛け買いか?

直近の債券相場を見ますと米国国債の金利は10年ものも2年ものも低下中です。

添付の米国のイールドカーブを見てもその動向は明らかで本来利上げを織り込むなら金利も連動感があってしかるべきなのに整合性が取れない状況となっているのです。

いったいこの状況をどう理解すればいいのかなかなか判断に苦しむところですが、これを受け止めた場合、そろそろ反転ポイントに近づいているのではないかという印象を持ちます。つまり125円には今回の上げで届かない可能性もあるということです。

この理論的につじつまの合わないドル円状況は単に投機筋が仕掛けて、幸か不幸か国内のPKOがそれを支える形になっている可能性はきわめて高いと考えられます。すでに仕掛けた側にとってはかれこれ200ポイントぐらい抜けていますから結構稼げた可能性もあるのです。

巷では128円だ130円だという威勢のいい話をするFX解説者も多い状況ですが、相場に逆らう必要はないものの、一方向だけのシナリオを妄信しないほうがよさそうな状況にもなってきています。

28日におけるドル円の124円台のプライスアクションを見ていますと、買いの支えがなくなるとずるずる滑り台から落ちていくような動きを繰り返しており、決して買い一辺倒ではないことを示唆しています。とにかく買いにしても売りにしてもタイトなストップロスを置いてリスクを減らすことが肝要です。(執筆者:坂本 博)

スワップ生活は可能なのか計算してみた

 私は、これまでFXを長くやってきましたが、スワップというものを気にしたことが一度もありませんでした。スワップで生活していけるか考えてみたいと思います。

 スワップというのは、ご存知の通り2つの通貨の金利差を調整したもので、金利の安い通貨を売った場合は、その金利差分をスワップという形で受け取る事ができます。しかし、逆に金利が高い通貨を売って、金利の安い通貨を買った場合は、スワップを払わなくてはいけなくなります。

 私が使っている会社のスワップのページを見てみたところ一番高いのが、NZD/JPYで90円、2番目がAUD/JPYで60円でした。もっと高いスワップをつけているのもあるのですが、マイナー通貨のためここではやめておきます。

 NZD/JPYで今回は考えたいと思います。この90円を得るには、1万通貨を朝のメンテナンス時点でもっておく必要があります。サラリーマンの平均年収が400万ぐらいといわれておりますので、毎月30万円程度スワップで稼ぐには、土日もありますので1日1万5000円稼がないといけません。

 90円稼ぐために、3万円の原資がいるので、計算すると

{1万5000円(1日の目標)÷90円(1枚のスワップ)×3万円(1枚NZD/JPYを購入するのにかかる額)}=500万円

 と言う事になりました。

 500万円ぽっきりですと、すぐにロスカットされますし、166万通貨のNZD/JPYが変動するリスクも考えると1000万円では怖いので、2000万円ぐらい口座に入れておかないといけませんね。

 しかし、2000万円入れると毎日安定して、1万5000円のスワップが入ってくると計算できるわけで、日本の銀行に普通預金で預けておくより何百倍もいいですね。しかし、これは為替が変動せずに、さらにスワップが毎日安定して90円という仮定で計算していますので、現実はこんなに甘くないのは、FXしてる人ならわかりますよね。(執筆者:登 泰平)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓