タグ別アーカイブ: 移動平均線

強い人が使うシンプルなテクニカルその3「移動平均線」は力持ち?

移動平均線は初心者向き?

移動平均線について先輩トレーダーに教えてもらったことで、すごく印象に残っている言葉があります。

それは「水平線が使えるようになってから覚えたほうが良いよ」というものでした。計算式も簡単で、見た目にもわかりやすそうな移動平均線、そんなアドバイスをされるなんて意外でした。

でも、基礎をしっかり身に着けてから少しずつ複雑なものを使っていくべきなのでしょうね。特にFXはいきなり難しいシステムやインジケーターが簡単に手に入る世界なので、基礎を見落としがちです。

1本の移動平均線が持つ力、慣性力

普通は、1~数本の移動平均線を使うことになるでしょう。長期と短期で2本かもしれません。先輩たちがどう使っているかですが、「慣性力」をみるくらいで、特に難しい使い方をしていませんでした。

「慣性力」はレートが移動平均線から乖離しても必ず引き戻される性質のことです。ゴムに例えられたりしますね。

過去のレートの平均を次々と描くわけですから、いつかくっつくのは当たり前ではあります。

これを念頭に、それまでに培った相場観と合わせ、補足としてエントリータイミング等を計るために使っているようです。

(MAから乖離しすぎだな、そろそろ利確するか)みたいな感じでしょうか。

明確な根拠はあっても、エントリーやエグジットのポイントに精度を出すために、真っすぐな線や移動平均線といったガイド役が居てくれると助かります。

私は、なにか線がないと手元に綱のない吊り橋を渡るような気がして、エントリーの決心がつきません(笑)。

留意点まとめ

SMA、EMA、WMAとありますが、使う時に絶対に忘れてはいけない留意点をあげておきます。うっかり見逃すと無駄に表示させるだけになってしまうので、ぜひチェックしてみてください。

移動平均線も元々、株の世界で生まれたものですね。

・その足の終値で計算されている点に注目(どんなに長いヒゲも無視される)
・途中の情報が省略されて描かれるので、イベント後などはずれやすい
・株なら日足の終値が大きな意味を持つが、FXは24時間眠らず連続している
(意味のある時間は市場によって違う)
・市場参加者が支払った平均コストは、その心理を推し量るために勘案する目安
(レートがMAより上なら、売り方は焦っているとか考える)

ちなみに、何本線が良いのか悩みます。こちらも自分で見つけるしかないようです。最初は本などを見て設定して、トレード日誌と照らし合わせて調整していくと良いでしょう。(執筆者:鈴木 マリア)

過去1ヶ月の投資家のコストラインである21日移動平均線について考える

 移動平均線にはいろいろな日にち設定が考えられますが、直近のドル円相場では21日移動平均線が結構ワークしている状況にあります。

 年末に121.83円をつけたドル円はどうもこれがピークだったようなレンジ取引の動きを見せ始めています。直近でも先週はずっと118.80円あたりの21日移動平均線を上限としてそれをどうしても上回ることが出来ずに上下1円ちょっとのレンジ幅を上下しています。

21日移動平均線は過去1ヶ月の投資家のコストを示現

 この21日移動平均線は土日を除いたほぼ一ヶ月の投資家のコストを示すもので、最近のようなレンジ相場に逆戻りのドル円では、この21日移動平均線が相場の頭を抑える傾向があるのです。つまりこのラインを超えるあたりになるとそれなりに利益確定をする連中が多いことを示唆しているのです。

 これが大きなトレンドを描いていくときには21日移動平均を完全に上抜けすることがほとんどですが、年末に高値をつけてから115.50円近辺まで下押しして119円を超えられない比較的狭いレンジ相場を形成しているときには21日線が結構役にたつのです。

 このラインを完全に上抜けていくとセンチメントが変わる可能性もあるので、順張りでついていくポイントとしても機能することになります。移動平均線はどの日にちでもあまり変わらないとする人も多いですが、実はこまめにセットして利用すると結構異なる結果を得ることができるのです。当面ドル円のお勧めは21日移動平均線の利用です。

インターバンクディーラーやヘッジファンドは140日線がお好き

 こうした移動平均線の設定日にちというのは業界によってもトレンドがあるようでインターバンクやヘッジファンドは長いほうの線としては140日線を結構見ているといわれます。これはヘッジファンドなどの場合投資サイクルにも微妙にからんでいると思われます。いずれにしてもこうした移動平均線は一度日にちを設定したら、長く毎日チェックしていくことが力になります。

 必ず相場のプライスアクションはわれわれに何か変化の信号を送りつけてくるのです。(執筆者:坂本 博)