タグ別アーカイブ: 海外FX

海外FXのメリットとデメリット レバレッジと出金がポイント

 iforexなどの海外FX業者を耳にしたことがある方も多いと思います。世間の海外FX業者に対するイメージは、とにかくハイリスクハイリターン、業者によっては出金されないこともあるという噂もあるなど、期待半分不安半分といったところでしょうか。でも、メリットとデメリットさえ抑えておけば、海外FX業者ほど使い勝手がいい存在もないのです。

海外FXのメリット

 メリットは、レバレッジを200倍〜600倍までかけられるのが当たり前という点です。これは、日本では上限が25倍であることを思えば夢のような話です。

 ただし、クレジットカードによる入金が主なため、現実的には一度に数万円〜数十万円でのエントリーが一般であり、このレベルの額で日本の証券会社と同じノリで数百倍のレバレッジをかけると、事と次第によっては一瞬で資金が蒸発するということもあり得るので注意が必要です。銀行を通した海外送金でも入金は可能ですが、手数料や反映日数のことを考えると面倒極まりないです。

海外FXのデメリット

 デメリットは、出金が些か面倒なことです。クレジットカードで入金した場合、出金額が入金額以下であれば(つまり勝っていなければ)、「クレジットカードの返金」という扱いで、翌月にクレジットカードに反映されます。

 ただし、出金額が入金額を超えた場合は(つまり勝っていれば)、超えた分を銀行に国際送金という扱いになります。当然これには、入金の際同様に安くはない手数料と反映日数を要します。さらに出金の際は、pdfを印刷した上で、手書きでサインと出金額、出金先の銀行口座など、必要事項を明記したものをスキャンし、画像ファイルで業者に送信という、煩雑なステップを踏む必要があります。

 まとめると、「高レバレッジで楽しみたい」かつ「出金がいつになってもいい」と言い切れる時は、海外FXは非常に有効です。しかし、日本のFX業者のような即日出金サービスは100%期待出来ませんし、25倍以下のレバレッジで楽しむならば、海外FX業者を敢えて選ぶメリットは全くないということです。(執筆者:大島 正宏)

海外FX業者はしっかり調べましょう 最悪、利益が出ても引き出せない場合も…

 先日の記事で海外業者は利用の際は、「身の程の確認を」と利用者側の問題を指摘しました。今回は、業者側の問題を指摘したいと思います。

 最近、海外業者を利用し、利益が出たもののお金が出せないという相談が多数あるそうです。英語も読める、しっかり約款を読んだとしても相手業者が詐欺会社ならそんなもの意味がありませんね。

 私が見たブログでは、きちんと約款を読まずに、「取引数が一定以上にならないと出金できない」という約款があるため出金ができませんという記事を読みました。このような場合は自業自得と言われてもしかたがありませんが、こんな約款が無いにも関わらず、出金ができないとのトラブルが続出しているようです。

 このような業者の特徴は、入金したら入金額の3倍をプレゼントするという甘い誘い文句で勧誘しているようです。よくよく考えてみてください。入金額の3倍もプレゼントしたら業者破産してしまうだろと思いますが、そんな事を考えずに入金してしまう鈍才が多いようですね。他方、本当にしっかりした会社で入金キャンペーンをやっている会社もあります。

 見分け方ですが、とりあえずこのような行政機関の注意喚起情報(無登録で金融商品取引業等を行っている海外所在業者に対する警告[関東財務局])をしっかり見るようにしましょう。

 名前が上がっていないから大丈夫というような安易な考えはやめ、業者の口コミなどもしっかりと本当の事を書いているのか確認しましょう。業者が自らブログ作って、さも客が書いているようなブログを多数作る悪質な業者もあります。大切なお金ですから、もう一度「この業者大丈夫?」という猜疑心を心の片隅に残しておきましょう。(執筆者:登 泰平)

海外FXの魅力と注意点 リスク管理・身の程の確認を

 海外FXの話をする前に、日本国内業者のFX取引の規制の歴史を少し振り返ってみましょう。

 証券会社の監督官庁は金融庁です。金融庁は、過度な投資に歯止めをかけるべく、2010年の8月からレバレッジが50倍以下にするよう制限し、翌年2011年の8月からレバレッジが25倍以下になるよう制限しました。(両方法人は対象外)

 それまでは、個人でも100倍はおろか、300倍、500倍の取引をする事ができました。現在、大体ではありますがドル円を1万通貨ポジションを取るのに、4万5000円程度の証拠金が必要です。500倍の取引が可能な時は、4万5000円あれば、ドル円を25万通貨ポジションを持つ事ができました。25万通貨というと、ドル円が1円動くだけで、25万円の利益或いは、損益が出る大きな枚数です。これを少額の証拠金で持てるというのは、さすがに規制しないといけないとなり規制が始まったわけです。

 ここからは海外業者の話ですが、上記の話は日本国内の法律で規制されているため海外業者には適用されません。海外業者は、私が知っている中で最大レバレッジが888倍の所があります。確かに小さな証拠金で大きな利益を得る可能性もありますが、その分リスクも大きくなります。海外業者は追証がない会社もありますが、追証が発生する会社もありますのできちんと約款等を読む必要があります。

http://www.xm.com/jp/  ←こちらのFX会社は最大レバレッジが888倍

 最低限、英語が読めるようになり(日本語で表記してくれている所もありますが)、さらにリスク管理をしっかりできるようになってから海外業者での取引に挑戦するようお勧めします。(執筆者:登 泰平)