タグ別アーカイブ: 欧米市場

欧米市場は4日間の休場へ! ドル円も『休むも相場』入りか

ダウ先物が100ドル超の下落から一転して30ドル超プラスの切り替えしとなると、ドル円は一気に東京市場で113.30円を超えました。その後は利食い売りや欧米市場が金曜日から土日を挟んだ4日間の休暇で閑散相場ということもあり、一度は112.9割れを起こしたものの、再び113円に戻すなど、改めて株高を背景とした力強さを見せています。

とはいえ、ドル円はほとんど動きを見せておらず、ほとんど心肺停止している状況となっています。こうした時に下手に新規ポジショをとったり、スキャルピングで小銭を稼ごうとすると、ほぼ即死する(逆行したまま帰ってこない・往復ビンタを食らう)パターンがほとんどなので、無視して相場から離れるのが吉でしょう。「休むも相場」とはまさにこのことです。

ところで、今回のようにどこかの市場が休場しているならともかく、そうでないごく普通の日に、「休んだ方がいい相場」なのか、「参加するべき相場」なのかを判別することはなかなか難しいのが正直なところです。

例えば20pp程度のレンジ相場を形成しようとしているのか、レンジブレイクを狙っているのか、筆者も未だに区別がつかないこともあり、結果として全然動いていない日に大きくヤラれてしまうこともしばしばあります。15分足以上のチャートをみて、しっかり方向性があるかどうかを確認してから入るようには心がけたいところですね。

しかし、こうして素直にダウと相関している状況を見るにつけ、考えれば考えるほどこの間の世界の市場動向を完全に無視した株安・円高が何だったのか気にかかるところです。1年に数回こういった謎の動きをドル円は見せることがあるので、例外で片づけてしまえば済む話なのですが……。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓