タグ別アーカイブ: 日銀緩和

週末に市場は「マイナス金利導入」をどう消化するか?

黒田さんが再びやってくれましたね。ついこないだ、「現時点でマイナス金利政策は考えない」って言ってたのに! 僕のシナリオでは、追加緩和もやるにしても想定の範囲内で終わって、今回の日銀会合はどっちにしろ売り場になるイメージでした。

結果を聞いた時は、「えっ、マイナス金利ってどうなの?」というかんじで、判断に困りました。そういう反応のトレーダーさんも多かったんじゃないでしょうか。

中身を見てみると、日銀当座預金残高を3つに分類して、そのうちの1分類がマイナス金利になるだけで、「実際はほとんどの部分はマイナス金利にならないのでは?」なんていうことも言われているようです。

これだけを見ると、今回の内容自体にはそれほど威力がないような気もします。ですが、それよりも「これから先、打てる手はあるんだぞ!」っていうのを見せた効果が大きいんでしょうか。実際、この発表を受けて、長期金利はガクンと下落、10年国債は初の0.1%割れをしてしまいましたしね。

正直に言って、僕ではファンダメンタルズに考えて、このマイナス金利政策がどの程度の強い威力を発揮するのか、はっきりと分かりません。なので、これからはチャートでこのベクトルの強さを見極めるしかないな、というスタンスです。週末を受けて、市場がこの追加緩和をどういうふうに消化したのか、月曜日のところの動きが気になるところです。

月曜からの動きを見るうえで、チャート上のポイントで僕が意識しているところをいくつか挙げておきます。

とりあえず注目したいのが、121.45円付近に位置している移動平均線の200日線と、昨年8月の上海株式暴落時の戻り高値の121.65円。ここを抜いてこられずに下げの形を作ってきたら、狙っていこうと思っています

ただ先週の終わり方を見ていると、上げの勢いはしつこそうなかんじ。月曜に入って(特に欧州時間から)、ガラリと雰囲気が変わっちゃったとかでなければ、慌てずに待っていたほうがいても問題ないと思うので、のんびり構えておくつもりです。(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

4月末の日銀緩和は果たして起こるのか?

 4月30日に日銀が追加緩和をする―そんな噂が実しやかに流れています。米系ファンドがそのようなレポートを出しただとか、邦銀関係者の間でコンセンサスになっているだとか、ネタ元は計り知れませんが、とにかくそれまで株安・円高だった向きが一気に株高・円安ムードへと流れが変わったことは事実です。

 雇用統計でドル円は119円を割りましたが、欧米のイースター休暇が明けると一転して買いが持続し、ストップロスを巻き込みながら120.5近くまで上昇、日経平均の先物も前日比で450円高という、さながらバブルのような様相を見せました。ここまで急激な買い上げの背景には、4月8日に行われた日銀政策会合でも「前倒しの追加緩和がある」と目論んでいた向きが一部にあったのではないでしょうか。

 残念ながら無残にも、そのような目論みは打ち砕かれてしまったわけですが、依然として4月30日の追加緩和期待は根強いままです。しかし、私は4月30日にも緩和は行われないと踏んでいます

 なぜなら、以下3つの理由からです。

1.大規模な追加緩和を既に2回も行っているのにもかかわらず個人消費は上向かない

2.さらにインフレ目標も達成できそうにない

3.しかし、すでに大幅な株高と円安が起きているため、これ以上バブルを起こす追加緩和はしにくい


 しかし、1と2を認めてしまうと、金融緩和の効果が出ていないか、金融緩和をもっとすべきだ、という結論にどうしてもなってしまいます。そこで、おそらく考えられる苦肉の言い訳が、4.原油安が与える影響を見極めたい、というものでしょう。事実、安い原油が製造業を始めとして実態経済を勢いづけることは間違いなく、これによって1や2が改善する可能性があるからです。

 したがって、私は4月30日には追加緩和をせず、「原油安」でごまかすオチに終わるのではないか、と考えています。(執筆者:大島 正宏)