タグ別アーカイブ: 日経平均

日経平均はどこまでいくのか? 株高の真の原因とは

 ドル円が120円を挟んで上下を続けている間、日経平均は今日も194円の上昇を示現しました。これで10営業日足らずで1000円近くの上昇を描いていることとなり、どこまで上り続けるのか、というのが市場プレイヤーの関心の的でもあります。しかし、ひとまず20000円という節目をアタックすることは間違いないでしょうが、その後もはたして無限の上昇を続けるかと言われれば疑問の余地があります

 市場関係者や専門家が日経平均がこれだけ買われている原因を探っています。GDPデフレータの数値が改善しただとか、ダウが上がりすぎていたので日経平均は割安だったとかならまだしも、円安が主だった企業の円建て連結決算を見せかけて膨らませているので株が買われているなどと言った訳知り顔の自称専門家まで某雑誌で散見される始末です。しかし、私はこの株高の原因は非常にシンプルなものだと思っています。それは「ノリ」です。

 もはや、以前のようにファンダメンタルや指標で株が動く時代は過ぎ去りました。アメリカの株価を思い出してもらえれば分かりますが、リーマンショックからの停滞後、いくら指標や決算が悪くともダウはつい最近まで延々と買われ続けていました。もちろん、金融緩和で株高へ持っていこうとする動きが背景にはありましたが、基本は買いが買いを呼ぶものです。大量の資金を有するパワープレイヤーが先鞭をつけ、普段は株について興味もない市井の人間までが株について話し始めたところが終わりです。日本株は現在、パワープレイヤーも市井の人間も総買いに回っていますが、前者が今後も同じノリを続ける根拠はどこにもありません。

 数年前、ドル円が80円から95円ほどになる過程、つまり最初にアベノミクスが叫ばれ始めたころ、日経平均が突然1000円の暴落を起こすという事件がありました。しかし、これは1週間ほど前から予兆が出ていたのです。個別株のほとんどが売られていたのにもかかわらず、日経平均寄与度の高いソフトバンクやファーストリテイリングなどの株がこれらパワープレイヤーによって強引に買い支えられていたため、見かけ上は日経平均が上がり続けているように見える、といったことが問題視されていたのです。彼らは強引に買い支える一方で、日経平均の先物の売りポジションを大量に構築し、準備が整ってから、上に上げたような寄与度の高い現物株の買いを外す、という行為に出ました。それが1000円暴落の顛末です。

 今回も同じような事件が起こるのではないか、同じような予兆が出るのではないか? と私は睨んでいます。儲けるのはパワープレイヤー、割を食うのは末端の個人投資家、という構図はFX同様に株でも同じだからです。もちろん株が大きく暴落を起こすようなことになれば、ドル円もリスクオフムード一色となり、一時的に大きく円高へ振れるかも知れません。そういった意味でも株の普段と違うような細かい動きには、注意したいものですね。(執筆者:大島 正宏)

ダウ、ドル円、日経、三者の連関が消える日

 日経平均が19000円を超えて話題となっています。SQで一端落ち着くのかと思いきや、相変わらず連日の200円-300円上昇の勢いは留まることがなく、政府関係者からも20000円の声も出るなど、バブルと言っても過言ではないような様相を呈しています。

 しかしドル円はと言えば、119円から122円まで一気に上げたものの、その後は121円前後をウロウロし続けているまま。ダウも以前お伝えした通り、余りにもドル高のために製造業を中心に勢いがなくなり、先日は300ドル超の下げ幅を記録しました。普段は3者が連関して動いているために読みやすいのですが、ダウが下がっても日経は下がらず、日経が上がってもドル円は下がらず、ドル円が下げても日経は下がらず…では正直言って読みようがありません

 状況を複雑にしているのはは2種類の原因です。1つは日経にバブルが来ていること。日銀緩和は既に円安状況を鑑みればこれ以上望めないと言われており、また経済指標も芳しいわけではないことからも、ここまで上がる理由は分かりませんが、上がる理由がないからバブルなのでしょう。

 もう1つは狂気がかったドル高が来ていること。これはドルストレート(ユーロ/ドル、ポンド/ドル)に顕著で、ユーロが利下げを発表したことをきっかけとして、アメリカとそれ以外の国の金利差に着目して凄まじい勢いでドルが買われています。

 となれば、日経の上げとドルストレートの上げでドル円もつられて大きく上がってもいいはずなのですが、全く上がる様相を見せないの不思議だといえます。しかし今この株とドルストレートの一方通行状況で上がらないということは、逆にこの流れが止まり、今度は下げ圧力がドル円にかかり出した時に、一体ドル円になにが起こるのかが少し怖いところです。(執筆者:大島 正宏)

日経平均とドル円に相関はもう無い!? ドル円の限界が見えてきた

 以前もお伝えしましたが、日経平均とドル円にこれまでのような相関が見られなくなってきています。日経平均は2000年以来15年ぶりの高値をつける一方で、ドル円は118円-120円の狭いレンジを延々と往復するのみ。先日日経平均が160円上がる場面では、ドル円も119円を突破しましたが、その後の勢いが続かず再び118円台に引き戻されています。

 これを前回は、「既に買っている人間が多すぎて上がらない状況」と説明しました。下がるときは一気に下がることからも依然としてこの状況は続いているものと思われます。しかし、別の観点から着目することも出来ます。それは、ドル買いそのものが足元で一服していることです。

 全通貨ペアにおけるドルの買われ方をチャート化したドルインデックス(DXY)を見てみると、ドルの数値は94.20というところまで来ています。リーマンショック直後にドルが大量に買われた歴史局面でも90だったことを考えれば、明らかに平均から乖離した数値だということが分かると思います。

 実際にドルインデックスで最も大きな割合を占めているユーロドルをみると、底値を確認して反発局面にあることも確認できます。ユーロは今後も緩和を続けることは間違いなく、これが一時的なものに終わるかどうかは分かりませんが、短期的にはドルがこれまでのように買われ続ける状況は落ち着いたと言えるのではないでしょうか。

 さらに着目してほしいのが、シカゴ筋(と呼ばれるファンド)のポジションです。先ほど「買い方が多すぎて上がらない」と言いましたが、既に「プロ」は年末のピークからドル買い円売りポジションをピークの半分にまで減らしています。これはドル円が100円-105円を彷徨っていた頃の総量と同じです。

 彼らがこれからドル円が下がると読んでいるのか、それとももっとおいしい通貨があるからドル円を放り出して他通貨に逃げたのかは分かりませんが、いずれにせよ株価と違い、ドル円の終わりなき上昇もそろそろ限りが見えてきたのでは……というのが現状の見立てです。(執筆者:大島 正宏)

日経平均は15年ぶりの高値でもなぜドル円は追随しないのか?

 日経平均は実に15年ぶりに1万8300円を超えて引けています。これだけ金融緩和をして日銀がETFを買ってやっと1万8000円台かという印象もありますが、ひとつ気になるのが日経平均にあわせてドル円が上昇していかないことです。

 下のグラフのように日経平均とドル円の相関性はかなり崩れ始めているのです。

日経平均の買い手が変わった

 まず、ひとつ考えなくてはならないのが日経平均の買い手の問題です。2013年はデフレ脱却と円安によるインフレ醸成という国策に海外のヘッジファンドが相乗りする形で外国の投資家は年間15兆円を買い上げ、しかもそのうちのほぼ半分がヘッジファンドであったと言われています。彼らは円で資金調達をしていたようで投入資金自体は為替に影響を与えなかったものの、利益に対するヘッジのために日経平均先物を買い上げるとアルゴリズムがほぼ連動してドル円を買い上げたため両者の動きはリニアに変化していきました。

 しかし2014年ではこの動きは一端止まり、10月末の黒田バズーカ2以降に一時的には復活するように見えましたが、ヘッジファンド主体で2013年のようなダイナミックな動きにはなっていません。

 そして今年に入ってからの日経平均の上昇となるわけですが、これをドルベースで見てみると、外人投資家にとっては必ずしも過熱感を醸成していないことがはっきりわかります。

ドルベースで見た日経平均はそれほど魅力的な状況にない

 上のチャートはここ2年ほどの日経平均の動きをドルベースで示したものですが、現在のレベルは残念ながら2014年の4月レベルの高値に迫る程度で、日本円で見た回復感がないのです。しかもこの155ドルという水準は毎回外人勢が売り浴びせをかけてくるタイミングであり、買いのタイミングにはなっていないことがわかります。

 現状の株価はGPIFと日銀のETF買いで支えられており、特にGPIFのポートフォーリオ変更で11兆円程度の原資が残されているといわれていますので2013年の外人ヘッジファンド買いを肩代わりする規模の買い支えは見込まれていますが、こうした資金はドル転の必要もないものですから、これまでのようにヘッジファンドの日本株買いの連動でドル円が動くことは期待薄といえます。

 さらにGPIFは株を底値では買っても高値では売る存在ですから、この先1万9000円向けてどんどん買いあがる存在ではないことに加え、2月後半からは海外で展開している日本企業のレパトリエーション(利益の円転戻し)が始まることからドル円がこのまま月末に向けて上方向にどんどん上がる可能性はかなり低いものと思われます。ただ24日はイエレンFRB議長の議会証言もありますので一時的に上方向に動く可能性は残されています。

市場の関心は完全に円からユーロに

 ここのところギリシャ問題で連日ニュースのヘッドラインにあわせて相場が上下していますが、その主導的立場にあるのがユーロであり、ドル円はユーロ円に合わせて上下に降らされている感が強くなっています。

 日銀はここへ来て2年で2%のインフレ実現と言った覚えはないなどと言い出していますが、GDPの6割に及ぶリスク資産を中央銀行がもってもインフレ率を達成しないという政策のあり方にかなり外人投機筋が懐疑的になっていることは間違いありませんし、4月の統一地方選挙を控えて円安を進行させたくないという政権の思惑もあるようで、この4月までの為替相場の動きには注意が必要な状況です。

 先週開催された経済財政諮問会議で日銀の黒田総裁が財政再建なき金融抑圧による債務の肥大化について安倍総理に直談判した内容が議事録から消されたようですが、確かに先進国の中央銀行でETFやREITなどのリスク資産をどんどん購入しているのは日本だけというきわめて特殊な状況を見れば、投機筋でさえ懐疑的にならざるを得ないとも言える状況です。(執筆者:坂本 博)

「日経平均先物」を目安にFX取引をしてみよう 勝率が上がるかも!?

 夜間の時間帯、深夜の時間帯にFX取引をしている人も結構いると思います。主に何を目安に取引しているかというのは人それぞれだと思いますが、今回は日経先物を見てはという提案です。

 日経平均というと、「株だろ? FX(為替相場)には関係ないじゃないか」と考えている人もいますが相関性があります。確かに、日単位や週単位でドル円が円高になっているのに、日経平均が高くなることもありますし、円安になっているのに、日経平均が値下がりする事も普通にあります。

 しかし、長い目のろうそく足でみてみると一目瞭然ですので、一度見てください


≪引用元:内閣府HPより≫

 また、日経平均は15時に終わってしまうと思われがちですが、日経先物取引は業者によっては20時まで取引されていたり、24時間取引されている所もあります。

 雇用統計など大きな指標があるときは、全く関係ないぐらいの微々たるものですが、何も指標が無い時間帯などは、日経先物にドル円、ユロ円が引っ張られていくということはよくあります。≪日経225先物 リアルタイムCME SGX≫このようなサイトもありますので、ぜひブックマークしておいてください。ついでにダウ平均もみれますので、このようなサイトを取引の参考にしてみてはいかがでしょうか?

 日経平均先物が値上がりすれば絶対に円安になるというわけではありませんが、参考程度に現在日経先物いくらなど頭に入れておくと勝率上がるかもしれませんね。(執筆者:登 泰平)