タグ別アーカイブ: 方程式

トレーダーたるもの、「タイムセール」には用心すべし

スーパーのタイムセールを利用したことがありますか?

閉店間際にお弁当やお惣菜が安く売られているアレです。10%オフや20%オフ、さらに待っていれば「半額」のシールが貼られることもあります。

このタイムセールに集まる利用客のマインドを一言で表すと「安くなったから、買う」ということになるでしょうか。

昼には800円だったお弁当を、閉店間際に400円で買えた! なんだかすごく得した気分になります。

しかし、このお得感は、相場の世界ではかなり危険な感覚です。

仮に、このお得感のことを「消費者マインド」とでも名づけてみましょう。相場の世界に、この消費者マインドを持ち込めば、ほぼ間違いなく早期退場を余儀なくされるでしょう。

なぜでしょうか。

それは、相場に参加する限り、あなたもプロであり、相手もプロだからです。相場にお客さん(消費者)は存在しません。

考えてみてください。

スーパー(小売店側)が商品を値引きするのは、そもそもその値段では売れないと判断したためです。もし、あなたがプロの小売店経営者として敵情視察したとしたら、品質が落ち、市場価値がなくなりかけているタイムセール品を安くなったからという理由だけで買うでしょうか。

話を相場の方に移します。

相場格言のひとつに「相場に安すぎるということはない」という言葉があります。伝説の投機家ジェシーリバモアが言ったとされる言葉で、とても含蓄に富んだ言葉です。

安すぎることのない相場の世界に、「安くなったから、買い」の消費者マインドで突っ込むとどうなるか……。

買った途端にさらに価格が下がる→もう下がらないだろうとナンピン→さらに下がる→やけになってさらにナンピン→ついには追証で早期退場……

こんな惨事が今も昔も繰り返されています。

また、相場では「勝つためにはトレンド方向にトレードせよ。」あるいは「トレンドはフレンド」ともいわれます。トレンドに乗ってトレードするとは、つまり「安くなったから(自分がエントリーを考える価格まで下がったから)売るのであり、高くなったから(自分がエントリーを考える価格まで上がったから)買う」ということです。

高くなったから買い、安くなったから売る。勝てるトレーダーは、ある意味で天邪鬼(あまのじゃく)なのかもしれません。(執筆者:高橋 浩司)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

長期投資の魅力、長い目ではどちらにつくのが得策か?

FXで大きく勝つために、みなさん様々な努力をなさっているかと思います。しかし、もし何の勉強も要らず、ただ数回のエントリーで素晴らしい収益を上げる方法があったら? それが長期投資です。

長期投資と言われると、スワップ生活を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、ここ5-6年間、年末に愚直に豪ドルを10ロットずつ買い続けた場合、平均取得単価は80円程度(現在は91.8円)で、スワップだけで数百万円の利益になるというデータも出ています。しかし、高スワップ通貨は、変動が激しいからこそ、高スワップ通貨なのです。予想外の暴落にも耐えられるような、潤沢な証拠金を積み上げることが出来ればいいですが、みなが出来るわけでもありません。

しかし、余りにも高すぎる、安すぎる、と世間が騒ぎたてているところで、ただ1度売ってみる/買ってみる(要するに「逆張り」)というプランはどうでしょうか。これが意外とうまく行くのです。短期的にはもちろん、更にそこから数百ppは逆行するかも知れません。

ただし、所詮数百ppです。例えば、10枚(ロット)なら仮にドル円で10円逆行されたところで-100万です。ユーロ円や豪円などの合成通貨ならいざ知らず、ドル円などの基軸通貨で介入が取沙汰されるような地点から、1000ppも短期間で逆行するなどということはまず起こらないでしょう。

例えば、1ドル80円時代を思い返してみると、もう下がらないだろうと言われ続け、ドル円は75円まで下がりりましたが、結局は1年半近くの70円台時代を過ごした後、ごらんの通り、現在は120円まで上がっているわけです。

たった10枚建てていても、節目の100円達成時点で、250万、20枚で500万の利益を得た計算となります。たった1度のエントリーで、です。下はせいぜい5-10円、上は青天井…そんな時、デイトレーダーや短中期で回転させるならいざ知らず、目先の利益に追われてトレンドに突っ込んでいくのは愚の骨頂だと思っています。

さて翻って現状を見たとき、今は1ドル123円です。125円で何らかの介入があるのではないか、と議論されている今、はたして買いで入るのが得策だと言えるでしょうか。ここから20円上がれば143円という未曽有の領域ですが、20円落ちても、100円すら切らないという水準です。1度ここでエントリーして、気長に待っておくと、意外と数年後凄まじいボーナスになって還ってくるかも知れませんよ。(執筆者:大島 正宏)

FXの常識は世間の非常識 真逆の発想が勝利を呼び込む

FXでの常識は世間での非常識。
そのギャップが大きな罠の一つ。。。

こんにちは。今日もFX頑張っていますか?

FXが難しい理由は多々ありますが、FXで勝つために必要な思考は、世間で言うところの常識とかけ離れている部分があります。これが、FXを難しくしている大きな要素の一つです。

例えば、私達は生まれてから色々な考え方を常識として教えられて身につけますが、その中には代表的な所でいくと

・頑張る
・諦めずに努力する
・負けるよりも勝つほうがいい。
・頑張れば必ず結果につながる。
・チャンスは逃さずにものにする。

などがあります。

これらは全部FXで勝つためには間違った考え方です。むしろ、真逆のケースが多いのです。

・頑張る→FXでは頑張ってはダメです。
・諦めずに努力もダメです。痛みに耐えずに早く諦めて損切る事が必要です。
・負けるよりも勝つほうがいいわけではありません。
・勝ちだけではなく正しく負けることがFXでは重要です。

頑張れば必ず結果につながるとは限りません。何が起きるかわからない市場では、常に想定外のことが起きます。チャンスは逃さずにものにしなくてもいいです。むしろ多くのチャンスを逃すことが重要です。というのは、本当に勝率が高い場面だけトレードするということは、勝率60%とかの一見チャンスに見える部分を捨てるという考え方と行動とその勇気が必要です。

というように、本当に罠ではないかと思うほどに真逆になっているのです。故にFXで勝つために必要な正しい行動を私達はなかなかとれないのです。

今日のまとめは、FXでの常識は世間での非常識。自分が教えられてきた考え方とFXで勝つために必要な考え方は真逆なケースが多い!!

ということをよく理解、認識して、日々のFXに挑んで下さい。無理はしない。安全第一。生き残ることがまず重要です。(執筆者:凪石 剛)

FXで勝つためには、「勝てる状況でしかエントリーしないこと」が絶対に重要

FXで勝つのが難しい理由

たまたま勝つことは誰にでも出来る。それは、究極的にはFXが上か下かの2択なので、2択で勝っているときに手仕舞いすれば、誰でも勝つことができる。しかし、なぜ2択なのにこんなにも難しく、1週間、1か月、3か月、1年等、長い期間でトータルで利益を出すのが難しいのか? をよく考える必要がある。

実はエントリータイミング、手仕舞いタイミングという変動要因があるので、2択ではない。そして、手を出すとかなりの高確率でやられるタイミングや時間帯がある。さらに、継続的に決められたことから逸脱せずに、ずっとルールを守り続けるのが難しいという課題がある。

「FXで勝つ」ということを、もし、1か月で2倍にする・・・と定義したなら、海外口座のハイレバレッジ(以下ハイレバ)なら、簡単にできる。正直、下げか上げ、どちらかにはっきりと進むような日が1日あれば、一晩で2倍にできる。

実際に自分でも一晩に最高6倍にできたこともある。これは元金が1万での話なので、6倍でも6万だが、FXの環境としてはその10倍でも余裕でエントリー可能なので、自分の心理目が持ちこたえられて同じ行動が出来さえすれば100万が600万にも簡単に増える。でも、実際にはそう簡単にはコトは進まない。なぜか??

「継続してルールを守ることが難しい」という点と、「エッジがないところでのエントリーをしない」という点が案外難しいからである。

FXで勝つためには

FXで勝つためには、”勝てる状況でしかエントリーしない”ことが絶対に重要となる。

すべての状況でCOOLに判断して、上下両方で取りたい! と頑張るが、そう簡単にはいかない。実は、勝つためにはそんなに頑張らなくてもいい。得意なパターンを見つけて、一日1回、200倍のレバレッジで、10ティック取れれば、10万円の原資は、通貨にもよるが数万の利益になり、同じことを1回/2日、一か月続けて合計10回もできれば、簡単に20~30万なんて利益が出る。

でも、この勝てる状況でしかエントリーしないという必須条件がみんな守れない。ついついチャンスとみると、エントリーしてしまう。チャンスを逃したくないと思ってポジポジ病が発病してあっという間に破産まですすんでしまう。

実は、チャートの中で”高確率で勝てる”というタイミングはごくわずかで残りの9割以上は手を出せばトータルではマイナスになるという場所ばかりなのである。

まとめとして、今日からトレードをするときによく考えたい。

「今からのエントリーは誰かに説明できるような明確なエントリー根拠があるのか?」

個人投資家のトレード上の最大のエッジは、「おいしいところだけ、自分の好きなところだけ、喰い散らかしてサッサと逃げ出しても誰にも文句は言われない」という点だが、その最高のエッジを十分に生かしたタイミングだろうか?と。


この問いにはっきりと”Yes!!”と答えられるときにだけ、エントリーをすればいい。

そうでないなら、エントリーはみおくること。これができないなら、できるようになるまでトレードすべきではない。損するだけなので。・・・よし、明日も頑張ろう。(執筆者:凪石 剛)