タグ別アーカイブ: 成功哲学

足してダメなら引いてみる~FXトレードにおける引き算の美学~その1

テクニカル分析を勉強し始めた頃、私が犯したちょっとした勘違いについてお話しさせていただきます。

初めてテクニカル分析という概念に出会ったとき、私はちょっとした衝撃を受けました。

単純移動平均線、指数移動平均線、MACD、RSI、一目均衡表、ストキャスティクスオシレーター、ボリンジャーバンドなどなど……それぞれの分析ツールは、それぞれの基準で「買い時」と「売り時」を知らせてくれます。

そして、初心者なりにそれぞれの簡単なロジックを勉強してみると、その理論のひとつひとつが、いかにももっともらしくそのツールの出すサインに従っていれば、ほぼ確実に利益を上げることができると思えるほどでした。

「テクニカル分析に精通すれば、確実に利益を上げることができる」

そう思うと、はやくもFXというゲームを半分クリアしたかのようで小躍りしたくなるほど嬉しくなったのを覚えています。

そして、一つより二つ、二つより三つと、勉強したテクニカル分析ツールを片っ端からチャート上にどんどん表示させていきました。

しかし、そこで問題が起こりました。

私が表示したトレンド系のテクニカル分析ツールのひとつは、「今が買い時だぞ」と知らせているのに、一方で、オシレーター系の指標は「今は買われすぎているから買ってはだめだ!」と反対のメッセージを伝えているという状況に出くわしたのです。


私は、訳が分からなくなってしまいました。学生時代であれば、勉強して知識が増えるほどテストなどでは高得点(つまりは望む結果)を得やすくなるのが通常です。ですが、トレードではそうではありませんでした。

知識が増え、表示させるテクニカルインディケーターを増やすことで、結果として今が果たして買い時なのか売り時なのかはたまた様子見をするべきなのか判断できなくなってしまいました。それぞれのツールがそれぞれのロジックで異なる結論を提示するのですから、当然といえば当然の結末といえるかもしれません。

しかし、テクニカル分析の知識を得ることこそが即ちトレーディング上達への最短ルートだと信じて疑わなかった当時の私は、完全に方向性を見失ってしまいました。

テクニカルを勉強すればするほど相場の値動きが明瞭になるはずだと信じて疑わなかったのに……実際起こったことは、その真逆ともいえる状況で、売買判断に迷いを生むばかり。

いったいどうすればいいのかわからず、しばらくは、ただただチャートをぼんやりと眺めるだけの日々が続きました。(その2につづく)(執筆者:高橋 浩司)

その2はこちらから
その1はこちらから

ボラティリティの高い相場には手を出さないのがFXで長く生き残る鉄則

為替相場もここへ来て各通貨ペアでボラティリティが猛烈に高まっています。こうした相場はやり方次第では確かに大きな利益を確保できる大チャンスと見ることができます。

実際このサイトのコラムひとつとってみてもこれを好機としてさまざまな売買戦略を繰り出してきて積極的に開示されているコラムニストの方が存在するわけで、トレーダーが各自自己責任で行っている以上、特にそれを否定するつもりもありませんが、個人的な経験に基づくと、ハイボラティリティで得られた利益は、同じくハイボラティリティに消えていく可能性が極めて高く、歯止めもかけにくいためできるだけこうしたタイミングでは売買をしないように心がけています。私は次のような自主ルールを決めています。

1日に5%を超えるようなボラティリティを示現する相場に影響を受けるときはやらない

これはまさに現状における上海相場の話で、プロの金融業界のアナリストはご商売でしょうから上がるか下がるのかの見通しを書くのも予想するのも仕方ありませんが、個人の投資家としてはそんなことをいくら占ってみてもほとんど意味がないと思っています。問題はFXを少なくとも博打にしないことで、5倍であれ25倍であれレバレッジをかけている以上1日に5%以上変動する相場の影響を受けているときには市場にエントリーしないのが鉄則です。

不確定な要素で構成される相場は不毛な占いをしない

特に政治判断が絡むような相場の上下については、いくら事前に占ってみてもほとんど意味はありません。要人発言とヘッドラインのニュースフローで乱高下する相場などは事前に想定できるものではありませんから、個人の予想による逆張りはその投資リスクの最たるものといえます。リスク相場はオーバーシュートするケースも多いため、基本は順張りでついていくのが鉄則です。

主要国が過剰なQEを始めて以来、市場には多くの資金が潤沢に回遊しているものの、特定の相場は流動性がなくなっており、リスクの発生で一方方向へ大きく動く傾向があります。債券相場におけるジャンク債の最近の動きや実需の伴わないクロス円相場でのスワップ狙い資源国通貨の大幅下落などはそのいい例で、実はいざとなると売るに売れない市場というものがかなり多く示現する傾向があります。私は動きを確認してから順張りでついていけない限り手は出しません。(執筆者:坂本 博)