タグ別アーカイブ: 成功の法則

ストップロスの誘発を察知して相場で勝つ方法

これまで色々なFXでの「勝ち方」を伝授してきましたが、今回はストップロスを意識した攻め方を実例で紹介したいと思います。

これまでにも何度か、ストップロスをきっかけに上がる/下がるという話をしてきたかと思いますが、具体的には実際にどのような形で誘発されるのでしょうか。

まず、ストップロスとは平たく言えば、損切ポイント=「ストップ」で確定される「ロス」のことです。したがって、ストップロスを誘発するとは、大量にみんなの損切ポイントが置いてある場所が仕掛けで突破されるという状況のことを呼びます。

基本的に.50や.00に置いてあるイメージを持っていただいて構わないのですが、実際には.40半ばくらいだったりします(自分でストップを決める時のことを考えてみれば分かるかと思いますが、.50や.00で刈り取られたらイヤですから、微妙にズラしたりしますよね?)。

では、どうやってそのポイントを探るのか。参考になるのが、以前にも紹介したことのあるOANDAの「オープンオーダーとポジション(通称:オーダーグラフ)」というページです

オープンオーダーとポジション(通称:オーダーグラフ)
http://www.oanda.jp/analysis/forex-order-book.php

今回は実際に12月9日の22時前後にストップロスが誘発されたときのビフォア・アフターの画像を用いたいと思います。

001

≪1つ目の画像 ビフォア≫

002

≪2つ目の画像 アフター≫

1つ目の画像では右のグラフ(参加者の保有ポジション)を見ると、.38の時点ではまだまだ、含み損を抱えたロング保有者(青いグラフ)が大量にいることが分かります。しかしその後、.30に近づいたあたりからドル円は一瞬で.00まで暴落しました。その直後の画像が2つ目の画像です。

121.97の時点では、あれだけいた含み損を抱えたロング保有者の数が一気に減っています。彼らはどうなったのでしょうか。そうです、見事に刈られてしまったのです。

このように、相場の方向性が掴めているときには(例えば12月9日であれば、ドル売りとダウ先物の下げからドル円は下がりそうだと検討がつく)、OANDAのオーダーグラフを見てみましょう。大量に含み損を抱えたユーザーがいて、なおかつ彼らのポジションと市場が逆行すると分かったならば、大きな儲けのチャンスですよ

ちなみに筆者は、このグラフを目にしていたおかげで、いささかも動じることなく、ショートポジションを作ることが出来ました。(執筆者:大島 正宏)

トレーダーたるもの、「タイムセール」には用心すべし

スーパーのタイムセールを利用したことがありますか?

閉店間際にお弁当やお惣菜が安く売られているアレです。10%オフや20%オフ、さらに待っていれば「半額」のシールが貼られることもあります。

このタイムセールに集まる利用客のマインドを一言で表すと「安くなったから、買う」ということになるでしょうか。

昼には800円だったお弁当を、閉店間際に400円で買えた! なんだかすごく得した気分になります。

しかし、このお得感は、相場の世界ではかなり危険な感覚です。

仮に、このお得感のことを「消費者マインド」とでも名づけてみましょう。相場の世界に、この消費者マインドを持ち込めば、ほぼ間違いなく早期退場を余儀なくされるでしょう。

なぜでしょうか。

それは、相場に参加する限り、あなたもプロであり、相手もプロだからです。相場にお客さん(消費者)は存在しません。

考えてみてください。

スーパー(小売店側)が商品を値引きするのは、そもそもその値段では売れないと判断したためです。もし、あなたがプロの小売店経営者として敵情視察したとしたら、品質が落ち、市場価値がなくなりかけているタイムセール品を安くなったからという理由だけで買うでしょうか。

話を相場の方に移します。

相場格言のひとつに「相場に安すぎるということはない」という言葉があります。伝説の投機家ジェシーリバモアが言ったとされる言葉で、とても含蓄に富んだ言葉です。

安すぎることのない相場の世界に、「安くなったから、買い」の消費者マインドで突っ込むとどうなるか……。

買った途端にさらに価格が下がる→もう下がらないだろうとナンピン→さらに下がる→やけになってさらにナンピン→ついには追証で早期退場……

こんな惨事が今も昔も繰り返されています。

また、相場では「勝つためにはトレンド方向にトレードせよ。」あるいは「トレンドはフレンド」ともいわれます。トレンドに乗ってトレードするとは、つまり「安くなったから(自分がエントリーを考える価格まで下がったから)売るのであり、高くなったから(自分がエントリーを考える価格まで上がったから)買う」ということです。

高くなったから買い、安くなったから売る。勝てるトレーダーは、ある意味で天邪鬼(あまのじゃく)なのかもしれません。(執筆者:高橋 浩司)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

FXで負け始めた時に取るべき2つの行動 負けパターンを回避せよ

「ギャンブルは熱くなったら負け」とは良く言いますが、FXも同じです。負け始めて平常心を失ったFXで、待ち構えているのは、さらなる負けです。今回は負け始めた時にありがちなパターンを回避するため、2つのキーワードを紹介したいと思います。

1.負けだしたら一旦FXと距離を置こう

これについては以前も言いましたが、負けると冷静に自分のポジションを客観視できなくなってしまいます。「勝つ時はどんどん勝てる」のは、勝つことで気持ちが大きくなり、勝ちへのリズムを掴んでいるからです。

一方で負けが込むと、どんどん不安が募り、負けへのリズムに嵌まり込んでしまいます。私が良く行くのは、一度ポジションを放置するか、クローズするかして、近場の温泉へ行くことです。温かい湯に浸かっているとリフレッシュ出来ますし、1-2時間ザラ場と向き合わないことで、かなり冷静になれますよ。

2.負けてもドテンは1回まで

「こうなるはずだ」、「いややっぱりこうなるはずだ」と二転三転した挙句、利益が出てもすぐに利確、損してはドテン…こうなると待っているのは破滅だけです。数ppのロスでも積み重なると、気づけばスプレッドの損と合わせて、膨大なマイナスを計上する羽目になります。

昔の話ですが私はこれで、証拠金の1/4を1日で吹っ飛ばしたこともあります。そもそもFXは究極的には1/2です。そんなにドテンしても、放置よりパフォーマンスが上回らなければ意味がありません。勝っている時ならば、ドテンはいくらしても勝てるものなのでいいですが、負けている時こそ、どっしりと構えましょう。(執筆者:大島 正宏)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!