タグ別アーカイブ: 哲学

マイナス アイコン minus

足してダメなら引いてみる~FXトレードにおける引き算の美学~その1

テクニカル分析を勉強し始めた頃、私が犯したちょっとした勘違いについてお話しさせていただきます。

初めてテクニカル分析という概念に出会ったとき、私はちょっとした衝撃を受けました。

単純移動平均線、指数移動平均線、MACD、RSI、一目均衡表、ストキャスティクスオシレーター、ボリンジャーバンドなどなど……それぞれの分析ツールは、それぞれの基準で「買い時」と「売り時」を知らせてくれます。

そして、初心者なりにそれぞれの簡単なロジックを勉強してみると、その理論のひとつひとつが、いかにももっともらしくそのツールの出すサインに従っていれば、ほぼ確実に利益を上げることができると思えるほどでした。

「テクニカル分析に精通すれば、確実に利益を上げることができる」

そう思うと、はやくもFXというゲームを半分クリアしたかのようで小躍りしたくなるほど嬉しくなったのを覚えています。

そして、一つより二つ、二つより三つと、勉強したテクニカル分析ツールを片っ端からチャート上にどんどん表示させていきました。

しかし、そこで問題が起こりました。

私が表示したトレンド系のテクニカル分析ツールのひとつは、「今が買い時だぞ」と知らせているのに、一方で、オシレーター系の指標は「今は買われすぎているから買ってはだめだ!」と反対のメッセージを伝えているという状況に出くわしたのです。


私は、訳が分からなくなってしまいました。学生時代であれば、勉強して知識が増えるほどテストなどでは高得点(つまりは望む結果)を得やすくなるのが通常です。ですが、トレードではそうではありませんでした。

知識が増え、表示させるテクニカルインディケーターを増やすことで、結果として今が果たして買い時なのか売り時なのかはたまた様子見をするべきなのか判断できなくなってしまいました。それぞれのツールがそれぞれのロジックで異なる結論を提示するのですから、当然といえば当然の結末といえるかもしれません。

しかし、テクニカル分析の知識を得ることこそが即ちトレーディング上達への最短ルートだと信じて疑わなかった当時の私は、完全に方向性を見失ってしまいました。

テクニカルを勉強すればするほど相場の値動きが明瞭になるはずだと信じて疑わなかったのに……実際起こったことは、その真逆ともいえる状況で、売買判断に迷いを生むばかり。

いったいどうすればいいのかわからず、しばらくは、ただただチャートをぼんやりと眺めるだけの日々が続きました。(その2につづく)(執筆者:高橋 浩司)

その2はこちらから
その1はこちらから

自分の選択で勝つのではなく、市場に勝たせてもらうという感覚がポイント

まず、上下を予想するのがFXと考えている方が圧倒的多数だと思うが、実はその考えは違っていたりする。

実は、エントリーすべき時か、そうではない時かを判断する、その選択をするというのが、勝つためのFXの戦略だといえる。

つまり、エントリーすべき時というのは、どちらかに一方的なエッジ(優位性)が働いていて、エントリーすれば一定PIPSは勝てるという場面で、例えば台風の時に増水している河の流れに似ている。

増水している濁流にものを投げ込めば、当然下流に流れていくわけで、誰がどう逆らっても、その激流に逆行することなど出来ない。つまり、その流れに沿ってエントリーすれば、ほぼ確実に勝てるということになる。

これに近い場面は急落や急上昇などの場面で多々見られる。

注意点はそれほど長くは続かず、安全に取れるのは5から10PIPS程度という場面も多いことだ。それでも、勝率8割とか、十分可能である。

エントリーすべきではない時というのは、前述の場面以外の全ての時だと定義出来る。横ばい、中期トレンドに対する逆張り、あまりにも激しい振幅の上下動、下げきったところでの反転狙いや継続下げ狙いなど、どう動いてもオカシクないという場面だ。

こういうところでエントリーすれば、その一回のトレードの結果はどうなるかわからないが、10回、100回とトレードを繰り返せば、結局は確率的にエッジが無いのでトータルではやられてしまう。

結局、マーケットの状況にかかわらず、自分の判断や選択で勝つことが出来るというのは大きな勘違い、幻想であり、実はマーケットが自分に有利な勝ちやすい展開をしている場面だけを選択して、マーケットの力を借りて勝たせてもらう。。。というような考え方にならないとトータルで利益を重ねていくことは出来ない。

「…FXは上げ下げの動きを予測するのではなく、実はエントリーすべき時か否かを判断するゲームである。」明日からもトレードに全身全霊で取り組みましょう(笑)(執筆者:凪石 剛)

ボラティリティの高い相場には手を出さないのがFXで長く生き残る鉄則

為替相場もここへ来て各通貨ペアでボラティリティが猛烈に高まっています。こうした相場はやり方次第では確かに大きな利益を確保できる大チャンスと見ることができます。

実際このサイトのコラムひとつとってみてもこれを好機としてさまざまな売買戦略を繰り出してきて積極的に開示されているコラムニストの方が存在するわけで、トレーダーが各自自己責任で行っている以上、特にそれを否定するつもりもありませんが、個人的な経験に基づくと、ハイボラティリティで得られた利益は、同じくハイボラティリティに消えていく可能性が極めて高く、歯止めもかけにくいためできるだけこうしたタイミングでは売買をしないように心がけています。私は次のような自主ルールを決めています。

1日に5%を超えるようなボラティリティを示現する相場に影響を受けるときはやらない

これはまさに現状における上海相場の話で、プロの金融業界のアナリストはご商売でしょうから上がるか下がるのかの見通しを書くのも予想するのも仕方ありませんが、個人の投資家としてはそんなことをいくら占ってみてもほとんど意味がないと思っています。問題はFXを少なくとも博打にしないことで、5倍であれ25倍であれレバレッジをかけている以上1日に5%以上変動する相場の影響を受けているときには市場にエントリーしないのが鉄則です。

不確定な要素で構成される相場は不毛な占いをしない

特に政治判断が絡むような相場の上下については、いくら事前に占ってみてもほとんど意味はありません。要人発言とヘッドラインのニュースフローで乱高下する相場などは事前に想定できるものではありませんから、個人の予想による逆張りはその投資リスクの最たるものといえます。リスク相場はオーバーシュートするケースも多いため、基本は順張りでついていくのが鉄則です。

主要国が過剰なQEを始めて以来、市場には多くの資金が潤沢に回遊しているものの、特定の相場は流動性がなくなっており、リスクの発生で一方方向へ大きく動く傾向があります。債券相場におけるジャンク債の最近の動きや実需の伴わないクロス円相場でのスワップ狙い資源国通貨の大幅下落などはそのいい例で、実はいざとなると売るに売れない市場というものがかなり多く示現する傾向があります。私は動きを確認してから順張りでついていけない限り手は出しません。(執筆者:坂本 博)

長期投資の魅力、長い目ではどちらにつくのが得策か?

FXで大きく勝つために、みなさん様々な努力をなさっているかと思います。しかし、もし何の勉強も要らず、ただ数回のエントリーで素晴らしい収益を上げる方法があったら? それが長期投資です。

長期投資と言われると、スワップ生活を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、ここ5-6年間、年末に愚直に豪ドルを10ロットずつ買い続けた場合、平均取得単価は80円程度(現在は91.8円)で、スワップだけで数百万円の利益になるというデータも出ています。しかし、高スワップ通貨は、変動が激しいからこそ、高スワップ通貨なのです。予想外の暴落にも耐えられるような、潤沢な証拠金を積み上げることが出来ればいいですが、みなが出来るわけでもありません。

しかし、余りにも高すぎる、安すぎる、と世間が騒ぎたてているところで、ただ1度売ってみる/買ってみる(要するに「逆張り」)というプランはどうでしょうか。これが意外とうまく行くのです。短期的にはもちろん、更にそこから数百ppは逆行するかも知れません。

ただし、所詮数百ppです。例えば、10枚(ロット)なら仮にドル円で10円逆行されたところで-100万です。ユーロ円や豪円などの合成通貨ならいざ知らず、ドル円などの基軸通貨で介入が取沙汰されるような地点から、1000ppも短期間で逆行するなどということはまず起こらないでしょう。

例えば、1ドル80円時代を思い返してみると、もう下がらないだろうと言われ続け、ドル円は75円まで下がりりましたが、結局は1年半近くの70円台時代を過ごした後、ごらんの通り、現在は120円まで上がっているわけです。

たった10枚建てていても、節目の100円達成時点で、250万、20枚で500万の利益を得た計算となります。たった1度のエントリーで、です。下はせいぜい5-10円、上は青天井…そんな時、デイトレーダーや短中期で回転させるならいざ知らず、目先の利益に追われてトレンドに突っ込んでいくのは愚の骨頂だと思っています。

さて翻って現状を見たとき、今は1ドル123円です。125円で何らかの介入があるのではないか、と議論されている今、はたして買いで入るのが得策だと言えるでしょうか。ここから20円上がれば143円という未曽有の領域ですが、20円落ちても、100円すら切らないという水準です。1度ここでエントリーして、気長に待っておくと、意外と数年後凄まじいボーナスになって還ってくるかも知れませんよ。(執筆者:大島 正宏)

FXの常識は世間の非常識 真逆の発想が勝利を呼び込む

FXでの常識は世間での非常識。
そのギャップが大きな罠の一つ。。。

こんにちは。今日もFX頑張っていますか?

FXが難しい理由は多々ありますが、FXで勝つために必要な思考は、世間で言うところの常識とかけ離れている部分があります。これが、FXを難しくしている大きな要素の一つです。

例えば、私達は生まれてから色々な考え方を常識として教えられて身につけますが、その中には代表的な所でいくと

・頑張る
・諦めずに努力する
・負けるよりも勝つほうがいい。
・頑張れば必ず結果につながる。
・チャンスは逃さずにものにする。

などがあります。

これらは全部FXで勝つためには間違った考え方です。むしろ、真逆のケースが多いのです。

・頑張る→FXでは頑張ってはダメです。
・諦めずに努力もダメです。痛みに耐えずに早く諦めて損切る事が必要です。
・負けるよりも勝つほうがいいわけではありません。
・勝ちだけではなく正しく負けることがFXでは重要です。

頑張れば必ず結果につながるとは限りません。何が起きるかわからない市場では、常に想定外のことが起きます。チャンスは逃さずにものにしなくてもいいです。むしろ多くのチャンスを逃すことが重要です。というのは、本当に勝率が高い場面だけトレードするということは、勝率60%とかの一見チャンスに見える部分を捨てるという考え方と行動とその勇気が必要です。

というように、本当に罠ではないかと思うほどに真逆になっているのです。故にFXで勝つために必要な正しい行動を私達はなかなかとれないのです。

今日のまとめは、FXでの常識は世間での非常識。自分が教えられてきた考え方とFXで勝つために必要な考え方は真逆なケースが多い!!

ということをよく理解、認識して、日々のFXに挑んで下さい。無理はしない。安全第一。生き残ることがまず重要です。(執筆者:凪石 剛)