タグ別アーカイブ: 勝利の法則

ボラティリティの高い相場には手を出さないのがFXで長く生き残る鉄則

為替相場もここへ来て各通貨ペアでボラティリティが猛烈に高まっています。こうした相場はやり方次第では確かに大きな利益を確保できる大チャンスと見ることができます。

実際このサイトのコラムひとつとってみてもこれを好機としてさまざまな売買戦略を繰り出してきて積極的に開示されているコラムニストの方が存在するわけで、トレーダーが各自自己責任で行っている以上、特にそれを否定するつもりもありませんが、個人的な経験に基づくと、ハイボラティリティで得られた利益は、同じくハイボラティリティに消えていく可能性が極めて高く、歯止めもかけにくいためできるだけこうしたタイミングでは売買をしないように心がけています。私は次のような自主ルールを決めています。

1日に5%を超えるようなボラティリティを示現する相場に影響を受けるときはやらない

これはまさに現状における上海相場の話で、プロの金融業界のアナリストはご商売でしょうから上がるか下がるのかの見通しを書くのも予想するのも仕方ありませんが、個人の投資家としてはそんなことをいくら占ってみてもほとんど意味がないと思っています。問題はFXを少なくとも博打にしないことで、5倍であれ25倍であれレバレッジをかけている以上1日に5%以上変動する相場の影響を受けているときには市場にエントリーしないのが鉄則です。

不確定な要素で構成される相場は不毛な占いをしない

特に政治判断が絡むような相場の上下については、いくら事前に占ってみてもほとんど意味はありません。要人発言とヘッドラインのニュースフローで乱高下する相場などは事前に想定できるものではありませんから、個人の予想による逆張りはその投資リスクの最たるものといえます。リスク相場はオーバーシュートするケースも多いため、基本は順張りでついていくのが鉄則です。

主要国が過剰なQEを始めて以来、市場には多くの資金が潤沢に回遊しているものの、特定の相場は流動性がなくなっており、リスクの発生で一方方向へ大きく動く傾向があります。債券相場におけるジャンク債の最近の動きや実需の伴わないクロス円相場でのスワップ狙い資源国通貨の大幅下落などはそのいい例で、実はいざとなると売るに売れない市場というものがかなり多く示現する傾向があります。私は動きを確認してから順張りでついていけない限り手は出しません。(執筆者:坂本 博)

長期投資の魅力、長い目ではどちらにつくのが得策か?

FXで大きく勝つために、みなさん様々な努力をなさっているかと思います。しかし、もし何の勉強も要らず、ただ数回のエントリーで素晴らしい収益を上げる方法があったら? それが長期投資です。

長期投資と言われると、スワップ生活を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、ここ5-6年間、年末に愚直に豪ドルを10ロットずつ買い続けた場合、平均取得単価は80円程度(現在は91.8円)で、スワップだけで数百万円の利益になるというデータも出ています。しかし、高スワップ通貨は、変動が激しいからこそ、高スワップ通貨なのです。予想外の暴落にも耐えられるような、潤沢な証拠金を積み上げることが出来ればいいですが、みなが出来るわけでもありません。

しかし、余りにも高すぎる、安すぎる、と世間が騒ぎたてているところで、ただ1度売ってみる/買ってみる(要するに「逆張り」)というプランはどうでしょうか。これが意外とうまく行くのです。短期的にはもちろん、更にそこから数百ppは逆行するかも知れません。

ただし、所詮数百ppです。例えば、10枚(ロット)なら仮にドル円で10円逆行されたところで-100万です。ユーロ円や豪円などの合成通貨ならいざ知らず、ドル円などの基軸通貨で介入が取沙汰されるような地点から、1000ppも短期間で逆行するなどということはまず起こらないでしょう。

例えば、1ドル80円時代を思い返してみると、もう下がらないだろうと言われ続け、ドル円は75円まで下がりりましたが、結局は1年半近くの70円台時代を過ごした後、ごらんの通り、現在は120円まで上がっているわけです。

たった10枚建てていても、節目の100円達成時点で、250万、20枚で500万の利益を得た計算となります。たった1度のエントリーで、です。下はせいぜい5-10円、上は青天井…そんな時、デイトレーダーや短中期で回転させるならいざ知らず、目先の利益に追われてトレンドに突っ込んでいくのは愚の骨頂だと思っています。

さて翻って現状を見たとき、今は1ドル123円です。125円で何らかの介入があるのではないか、と議論されている今、はたして買いで入るのが得策だと言えるでしょうか。ここから20円上がれば143円という未曽有の領域ですが、20円落ちても、100円すら切らないという水準です。1度ここでエントリーして、気長に待っておくと、意外と数年後凄まじいボーナスになって還ってくるかも知れませんよ。(執筆者:大島 正宏)

FXで勝てる人と負ける人 利確のポイントとその方法

FXの魅力は、何と言ってもそのレバレッジと自由度と可能性にあります。といっても、上記のメリットはそのままFXが難しい理由と直結しており、公平性などは選んだFX会社によって大きく毀損する場合もあるので、注意が必要です。

レバレッジ

まずレバレッジです。

国内では規制により25倍までに制限されていますが、海外FXでは今でも400倍とかが普通に可能です。

ハイレバレッジの場合には、オーバーナイトで持つとか、週末にポジションを建てたままにするとか、そういう行為は自殺行為なので避けるべきですが、短期売買の場合には適切な場面であれば、実効レバレッジ100倍程度なら、十分使う事が可能です。

株式では信用取引などで手元資金以上の売買も可能ですが、条件が緩和されたとはいえFXよりは扱いづらく、この証拠金取引が資金効率上、とても有利なことがわかります。

しかし、海外口座の最大のメリットは、追証がかからない、マイナス分は請求されないというFX会社が多いという点だと考えます。

国内は基本的に追証がかかり、更に何らかの変動により、激しく価格が上下動した際に、ストップロスを登録してあっても、全然機能せずに、平気で80銭下で執行されたとかの事態が発生するので、値付けも非常に不透明で不利な場合が非常に多いです。

故に、国内なら、総合課税で利益が出ている場合の納税額を減らすことが出来ますが、海外口座のメリットを深く考えて、両方使い分けたりする工夫も必要だと考えます。

自由度

自由度とは、何もかも自分で出来、だれの手も借りること無く完全に最初から最後まで完結することが出来るということです。

通常の仕事では誰か他の管理者やキーマンの許可や協力が必要で、本当はやりたいことが出来ないという場合も多々ありますが、FXではそういうことはありません。全て自分がしたい通りにできます。

但し、これがFXを難しくしている要素の一つでもあります。

自由度が高いあまり、本来はしてはならないとルール化しても、これを守ることが難しいのです。ブレーキをかけてくれる人もいないのです。

可能性

可能性とは、レバレッジを使うことで、更に複利で利益を増やしていけば簡単に1000倍にだって殖やすことが可能だということです。

勝つための方法、それは、エッジがある、優位性がある、確率的に勝ちやすい場面だけ、エントリーして利確して、さっさと勝ち逃げして、その後のわかりにくい相場には手を出さず、また次に勝ちやすい場面が来るまで待つ・・・ということです。

この、簡単に説明出来る行為を実際に継続してやること。。。これが、想像以上に難しいのがFXの妙味なのです。

以上(執筆者:凪石 剛)