タグ別アーカイブ: 利上げ

アメリカ4月利上げはどうなるの? イエレン発言に要注目!

先週のドル円はベルギーの同時テロで下落した局面もありましたが、1週間を通して上昇トレンドが続きましたね。16日のFOMC後にドカーンと下げたかと思うと、今度は上げ続けるという、上に下に忙しい展開が続いています。

1週間続いた上昇の根拠となっているのが、アメリカ利上げが4月行われる可能性。月曜にアトランタ地区連銀総裁のロックハートさんが、水曜にセントルイス地区連銀総裁ブラードさんが、それぞれ4月利上げの可能性を示唆しています。特にブラードさんは、今年のFOMCの投票権も持っているので気になるところです。

前回のFOMCで、次の利上げは早くても6月という見方が市場に広がっていたので、この見方が打ち消されて、ドル円が下げた理由がなくなってしまったというわけです。

火曜のテロではリスクオフの流れも出ましたが、この流れは変わりません。逆にこれで下げきれなかったことが、もう上がるしかないという相場の雰囲気を象徴するような格好になった気もします。

さて、今週もこのアメリカ利上げの行方に対する思惑がテーマになりそうです特に火曜にはFRB議長のイエレンさんの発言があるようなので、利上げについてどんなコメントが出るのか注目です。先週も利上げに関する発言で動いたところなので、利上げについて何を言うかによって雰囲気が変わりそうですよね。

金曜日にはアメリカ雇用統計もあります。今は4月の利上げがあるかどうかがテーマなので、これを左右しうるアメリカ雇用統計の結果は影響が大きそう。良好な結果で「やっぱり4月利上げだ!」という流れになったら、今の110円~115円レンジを上抜けする流れもあるかもしれません。

ここからは無責任予想(希望)ですが、なんだかんだ言って4月の利上げはないんじゃないかなと個人的には思っています。だって、4月FOMCってイエレンさんの会見ないので。勝手な思い込みかもしれないですが、利上げだけして会見なしっていうパターンはあまり想像できないので。

ということで、僕の希望する展開はこんな感じ。

4月に入って「4月利上げあるんじゃねーの!」という流れになって、4月26日のFOMCに向けてドル円上昇してレンジ上抜け。そして、いざFOMCを迎えて、結局は利上げなし。「やっぱり利上げなしか!」となって、ドル円絶好の売り場に! ……なんて展開になったら、やりやすそうだなあ。

とはいえ、ここのところレンジ高値圏での上値が切り下がり続けている状態なので、頭はだいぶ重そうなんですよね。まあ、イエレンさんとアメリカ雇用統計次第ということなので、妄想は置いておいて今週はこれを中心に見守っていきたいと思います。(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

方向を誤った黒田砲! ドル円は一気に120円台へ突入―週明けの戦略は?

日本の場合は、イエレンの利上げネタよりも、翌日の黒田ショックの方がダメージがよほど大きかったことでしょう。

日銀政策会合の結果発表が遅れていることをもって、緩和を期待する向きがドル円をジリ上げし、発表後には123.2まで一挙に暴騰するすることとなったのもつかの間、結果の詳細が分かるやいなや、今度は一挙に122円割れへと大暴落してしまいました。

欧州時間に入るとそれまで軟調気味だった欧米株式市場も本格的に下落を始め、それに続くかのようにドル円は121円すら割ってしまおうとしています。

利上げ後の動きについてこれまで何度かお話ししてきましたが、流石にここまで激しい動きをみせるとは我ながら予想もしませんでした。もしニューヨーク市場でも大幅下落となれば、金曜日のうちにドル円が120円台に突入してしまうことも吝かではないでしょう。

とはいえ、これだけ壮大なボラティリティを演出して金曜引けとなり、週明けを迎えるとなると、まさに以前お伝えした「市場が冷静になる」相場が月曜日はやってくるはずです

ストップロスを大量に狩りまくって、台風の過ぎ去った秋晴れのように上もまた軽いはず。思い切って、朝一で買いから入ってみると、思わぬリバが獲得出来るかも知れません。ただし、この市場危機が簡単になかったことになるとも思えないので、利食いはお早めに。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

FOMCが約9年半ぶり利上げ 株価は上昇、ドル円も買われ、長期金利も上昇

本日の明け方、早朝4時にFOMCが約9年半ぶりに遂に! そしてやっと…金利の措置を決定しました。

そしてそれを受けて発表前後から乱高下するという形で大きく動きましたね! しかし終わってみれば上下はあれど株価は上昇、ドル円もやはり買われ、長期金利も上昇して終わる形でした。

決定自身にサプライズはなく、声明文及びイエレン議長の定例記者会見にもそれほどのサプライズは無かったというところ。全般的に来年度に向けてのアメリカの金融政策に対しての不透明感が払しょくされてきたという事が、株価へのプラス要因とみなされたという事でしょうか?

ドル円で見ていくと欧州時間に122.10までジリジリと上げていきましたが、NY時間に入りその後はFOMC前の利食いの売り等で値を下げ121.63まで下押しをしています。

その後FOMCが0.25%の金利の引き上げを行う事が発表されると、それを受けて122.30まで一気に買いが入りますが、声明文の内容が若干ハト派だったことにより121.38まで下押しをしました。この下押しした121.38は一目均衡表の雲の上限でした。

このポイントで抑えられた辺りで、売られていたダウ平均が一転して、買い戻され一時は260ドル近い上昇となり、CME日経平均先物も1万9380円という所まで大きく買い上げられる形、そしてアメリカの長期金利も一転して上昇ということで再び大きく買い上げられ122.43まで現状値を伸ばしています!

FOMCの声明文ですが、「利上げ後も緩和的スタンスを維持する」という事を明言。

その後のイエレン議長は

「利上げのペースはデータ次第」
「成長が予想を下回れば金利は一段と緩やかに上昇する公算」
「市場を注意深く観察しており、手段を調整する可能性もある」

等述べており、来年度は数回に分けて利上げを行っていくのではいかという市場の見方が出てきているというところではないでしょうか。

これだけ穏やかな金利の引き上げを見るからに、そういった見通しがやっと立てられる様になってきたという事が表れている様に思えます。

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

利上げ後のドル円はどうなる?改めて要素をおさらい!

15-16日のドル円はダウが切り返すと日経平均先物の後押しもあり、一気に120.5から122円へとノンストップで暴騰する場面を見せています。

ニュースでは、動かなければ「利上げ前で手控えムード」、動けば「利上げ前のポジション調整」といった風に、後付けでなんとでも言えてしまうので酷いものですが、ひとつ確かなことは、この動きが利上げを睨んだものであるという事実でしょう。

さて、ドル円は利上げ後に一体どうなるのか、ここで改めて、今まで本コラムで述べてきたことを整理しておきましょう。

まず、教科書的には日米の利回り格差でさらなるドル高円安が示現すると言われています。事実、それを武器にしてドル円はアベノミクス以来、125円まで駆け上がってきたわけです。

しかし、これ以上のドル高を日米の官民ともども望んでいないのも事実です。そして市場もユーロ高など、ドル高からの「巻き戻しムード」が蔓延してきています。

現状のドル高によって、アメリカの製造業は大きく疲弊しており、利上げによって更なるドル高はなんとしてでも避けたいところでしょう。

また、日本に目を転じれば、貿易黒字が大きく増加していることも、円安に歯止めをかける要因となっています。

さらに、テクニカル的にも動きがなかった年の翌年は、アベノミクス前の80円台とその後を思い返すまでもなく、爆発的な動きを見せることがこれまでの通例で、今回もそうなる可能性は高いと言えます。

これらのことを合わせると、世間が想像しているような一辺倒のドル高円安にならないのでは、と筆者は考えています。

景気が思ったほど良くないなかでの利上げであることから、利上げペースも各地方連銀総裁が述べているように、「幾分か緩やかなもの」になるでしょう。

したがって、何か危機が生じれば、一気に円高へ触れるのではないか…というわけです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

今年最後のビッグイベンFOMCを控えて 今後の市場の方向性は?

昨日は、ようやくこれまで続いたFOMC前の利食い売りが収まったという事で買戻しが強くなっています。

欧州時間に120.580まで下押す場面がありましたが、だんだんと下値を切り上げていくという状況になりました。

NY市場に入ってからはアメリカ指標のCPIなどの数字が軒並み良かったことをきっかけに更に買いが強まる結果となりました。

そしてこのところ乱高下が続いていたWTI原油価格も大幅に買い上げられるというところ、そしてダウ平均も一時250ドルを超える上昇となる等々ドル円も更に上値を試す結果となっています。夜中にはロンドンフィキシングのまとまった買いも出たようで121.800まで高値を更新しています。

目先ドル円は、今夜のFOMCを控えてのポジション調整をほぼ終えてしまったイメージが強くこれから今夜にかけて大きく売り買いすることはなさそうです。そうなると市場の流動性が落ちてくるのでちょっとしたニュース等でも大きく反応しやすいのでその点は注意したい所です。

そして今晩のFOMCですが、アメリカが約10年ぶりに金利を上げる! という事で、金利差拡大のドル買いにつながるのか? それとも材料出尽くしでドル売りになり、尚且つ次回の利上げはかなり先になりそう……という思惑から更にドル売りになるのか?

同じ利上げという事をとらえても、マーケット参加者のそれぞれのイメージが違ってくるので、利上げ=ドル買いの一辺倒にはならないでしょう。そういった思惑からFOMCを終えてから参戦しようとする参加者が多いため昨日のうちにポジションをスクエアにしているようにも思えます。

ここ最近のファンド系のポジション調整は、今年の夏に見られたようなオイルマネーの売りが再び観測されてきたことから市場心理が冷やされたという一面と、信頼していたドラギ総裁にまさかの裏切りにあったショックといったモチベーションの低下があるのでは?

今年最後のビッグイベントを不安定な年末相場の中で迎えるにあたって、少しでもポジションを軽くしておきたい心理と、常に下値付近で待ち構えている本邦実需勢やGPIFの買いが交錯している様に思えます。

そういった観点からFOMCの結果がどうあれ、市場の方向性が大きく変わっていくことにはなりずらいだろうと考えています。

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓