タグ別アーカイブ: 人民元

中国人民銀行の切り下げは米FRBと事前に話しがついているという噂

8月は11日の突然の中国人民銀行の利下げ以来、連日中国ネタで相場が下落する展開となっていますが、実は、これは切り下げの約3週間前からFRBと中国人民銀行により米国の9月の利上げを前提とした政策協調があったのではないかという説が俄かに有力になってきているのです。

もちろん中央銀行同士が秘密裏に話をしているわけですから真偽のほどを確かめようはないのですが、確かに米国の金融当局サイドからはPBOCの一連の切り下げの動きに対してなんらけん制発言はでてきていないのが実情で、これにて一旦の米国9月利上げに備えた人民元切り下げの第一ラウンドは終了し、続きは利上げ後のタイミングに持ち越されることになりそうとの見方も広がっています。

ドル高についていかれなくなった人民元

中国人民元はペッグ制をとっておりこの間のドル高に一貫してついて人民元高を示現してきましたが、過去20年間以上に及ぶ7%超の高度成長はさすがに息切れしてきていろ、設備投資などの固定資産投資もすでに終焉の領域を迎えることとなってきています。このままGDP比50%以上の設備投資は無地で投資依存型の経済構造が既にかなり終了にさしかかっていることを示唆しているといえます。

ここ2年ぐらい続いてきた外需から内需主導の経済もなかなか難しい局面を迎えていることを示唆する状況となっているのです。実際の成長率は3%なのか4%なのか国の発表する統計だけではさっぱりわかりませんが、輸出の不振が大きくなってきていることも元の切り下げで対応せざるをえない大きな要因といえます。

FRBはまだ9月に金利引き上げの可能性を残す

今この状況で利上げをして大丈夫なのかという大きなリスクは残りますが、中国の元切り下げをFRBがすでに事前協議で織り込んでいるとすれば、まだ9月実施のカードは残されているということができます。

しかし9月は例年米国の株式が最も下がる時期ですから、そのタイミングにあわせて本当に利上げを実施するのかという疑問は引き続き残ることになります。ジャクソンホールではフィッシャー副議長を入れたパネルディスカッションも公開されるようですから、同氏の発言がどのようなニュアンスになるかも注目されることになります。

但し、先延ばししても実施チャンスはどんどん削がれていくことだけは間違いないようですから、これで9月利上げができなければ年内利上げなしという選択肢も想定しておくべき時期にさしかかってきているともいえるのです。とにかく9月のFMOCまで相場は荒れそうな気配です。(執筆者:坂本 博)

中国人民元切り下げで豪ドル円ダブルボトム大破 さてこれからどうなる?

国内はお盆入りでほとんど相場も動かないとタカを括っていた最中にやってくれました中国人民銀行~いきなり人民元1.9%の切り下げです。これで最も大きな影響を受けたのは豪ドルで豪ドル円はここのところの下げを戻してダブルボトム完成かと思われた矢先のこの報道で見事に大破となりました。

dgasga

この発表以降クロス円は全体に円高傾向がありドル円もそれに押される形での動きとなっていますが、ドルが全般に買われていることから11日のロンドンタイムで一旦つけた125円台をさらに上値ためしに動く可能性が高くなってきています。

ただ上値の幅もそれほど用意されているわけではないですし、本邦勢のお盆休みのリーブオーダーもそれなりにあるはずですから青天井というわけにはいかない可能性が高いですが、126円台のオプションを買っているヘッジファンド勢にとっては高値売却のためにも接近させたい思惑があるはずで126円に近いところまで試しに行く可能性はありそうです。

人民元切り下げで何が起きる?

さて問題は人民元自体の問題です。この時期に対ドルで1.9%も切り下げるということはそんなに国内情勢が厳しいのかという疑惑の目でみられるきっかけとなることが考えられ、米国の利上げも近いことから中国からの資金の引き上げが起こる懸念がではじめています。仮にドルへとシフトすればドル円は上昇しますが、資金が米国債券に流れ込めば債券安からドル安円高も考えられ、この影響は一元的には語れない状況となっています。

またせっかく戻しかかった豪ドルは円に対してもドルに対しても安値に動くこととなり、サポートラインを再度確認しにいくことになるのではないでしょうか?

中国人民銀行もけっこうむちゃくちゃな政策をやりはじめているように見えますが、金融抑圧と中央銀行バブルで株価を押し上げ円を切り下げているどこかの国の政策と箇条書きにしてみるとあまりかわらないというのは外資系投機筋の見方のようで、日本の中央銀行バブルの終焉も気にする時期にさしかかってきているかもしれません。(執筆者:坂本 博)

中国の景気減速がドル高を形成! ドル円も青天井となるか

先日、中国の経済成長率が実は公表されている数値の半分程度なのではないか、という耳を疑うようなロイターのニュースが市場を席巻しましたが、今回発表された通貨切り下げニュースをみれば、あながち間違いではないのかも知れません。中国は人民元の中心レートを1.9%も切り下げる決断に出ましたが、この規模は実に20年ぶりとなります。

見方によっては「20年に1度レベル」とも言えるこの中国の景気減速は当然、同国と関係の深い豪ドルなどの資源国通貨を大幅に押し下げる格好となり、ドルは押し出されるようにして上昇しました。ドル円もこれにつられて、雇用統計で下げた分を打ち消すようにして、124円台後半へ再び浮上することとなりました。

こういった流れからは、ふたたび市場がドル高を形成していきそうなムードが漂ってきますが、ドルが市場でどの程度需要があるかを表した指標であるドルインデックスをみると、97.05と相変わらず「超高値圏」とも言える数字となっています。

近々予定されているFOMCで利上げが取沙汰されていることもあり、ドル高に対するけん制発言が警戒されるところですが、今のところ米国の主だった関係者からはそういった声は聞こえてきません。日米両国からの牽制がこのまま何もないようであれば、125円をしれっと超えて、ドル円も青天井になってしまう可能性があるだけに、ひとまずドル高に対する関係者の発言に関しては注視したいところです。(執筆者:大島 正宏)

中国元取引ができる会社を探してみよう

ゴールデンウィークも終わりという方も多いと思います。GWは車の運転疲れたという人もいるのではないでしょうか。私は、竹田城跡に行って来ましたが、毎回の事ですが私がどこかにいく雨ですから、今回もずぶぬれになりました。

さて、そんなGW、中国人の方が爆買いに来たとか、中国人の迷惑行為がうんぬんと話題になっていますね。中国の通貨「人民元」は、実質固定相場制になっています。

要するに、中国共産党政府が通貨の値段を決めています。たまに「人民元切り下げ」とか「人民元切り上げ」とか3年~5年に一度、ニュースでチラッと聞きますね。

たまにしかないので人民元はFXに向くかと言われると向きません。しかし、金利差でスワップを貰うという取引ならば、「人民元」は向いています

その「人民元」を取引できる会社を調べてみますと。

SBIFXトレード
YFJX
サクソバンクFX証券
IG証券
外為どっとコム

ぐらいでした。私が調べた中でしたので、他の会社もあればすいません。

会社によって、スワップが少しだけ違いますので、スワップとスプレッドをしっかり見て取引会社を選んでくださいね。中国がAIIBを作っていますので、もしかしたら固定相場を辞める日が来るかもしれませんね。「人民元」は、今話題の通貨ですからチェックしてみましょう。(執筆者:登 泰平)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!