タグ別アーカイブ: 中国

中国GDP発表で全てが決まる! いま買うべき通貨はどれ?

1月18日は中国GDPが発表されます。

前回が6.9%に対し、今回の予想が6.8%ですから、やや抑え気味の数値ではありますが、それでもこれだけ連日世界中の市場を混乱の渦に巻き込んでいる中国ですから、当然市場は下振れを予想しているでしょう。

それだけに、指標予想を上回るようなことがあれば、ポジティブサプライズから不安感解消で暴騰、低ければ「やっぱりな」というムードが一気に醸成され、市場は続落を見せることになるかと思われます

何もこのタイミングでこんな重大な指標を迎えなくとも…と思うのですが、いずれは織り込んでいかなければならないものなので、市場もさぞかし戦々恐々としているでしょう。

さて、肝心のドル円は朝方116円の下窓スタートとなるも、その後117.3円まで上昇することとなりました。

前回もお話ししましたが、下値の硬さや反発具合からみてもそろそろ底固めムードが広がりつつあります。月曜こそ、ダウが休場で夜間の値動きは落ち着いたものとなっていますが、中国GDPという「パンドラの箱」さえ乗り切ってしまえば、その先には希望が見えてくるかもしれません

面白いのは、ドルストレートのなかでもユーロドルとドル円は逆相関であるのに対し、ポンドドルや豪ドルなど(いわゆるリスク通貨)とは相関を見せている点です。年明けからポンド円は10円、豪円は7円も下落していることを考えれば、ドル円の一旦の反発に乗じ、これらクロス円を買ってみるのも一興かと思われます。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

リスク回避終了のキッカケも中国かも?! 今週は中国GDPに注目!

2016年になってから2本目の週足が終わりました。ドル円は上下に髭が出た陰線で、上髭のほうが長い形になっています。先週の金曜日は、最後に少し戻して117円付近で引けましたが、それまでは一貫して下げる展開。一時は116.50円まで下落して、いよいよ昨年8月の上海株式暴落時の下値も見えてきました。

116円前半は上海株式暴落時の下値があるところでもあり、オプションバリアも設定されていたりしてストップロスのオーダーもたまっています。相当固そうではありますが、セリングクライマックス的な長い下髭を作る動きが出るかもしれないので、警戒しておきたいところです。

下げのクライマックスという意味では、今週にポイントとなりそうなのが19日発表予定の中国のGDP

中国がキッカケとなった今回の世界的なリスク回避の流れ、それが終わるキッカケも中国の大型指標という形になったらきれいですよね。(もちろん、FXにきれいさは関係ないんですが……。)極端な数字が出たりしなければ、下がるにしても材料出つくしになる可能性はけっこうある気がします

日本の状況にも目を向けてみると、来週の28日、29日に日銀会合が行われます

これだけ日経平均も大きく下げてきたなかで、追加緩和が注目されてもおかしくない環境にあります。下落がおさまったら追加緩和をネタにしながら、低いところにたまったショートを刈り取りにくるなんて動きもありそうですよね。

反転のシナリオを中心に書いてきましたが、今のところチャートはまだ完全に下げトレンドの形です。短期的にこれが終わる可能性が出てくるラインが、先週の上値の118.30円あたり。今週は、「戻しの流れのときにここを上抜けできるかどうか」という点にまずは注目して、ドル円の流れを判断しようと思っています。(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

10時15分と10時30分に要注意 今週も中国に警戒しておこう

 2016年はいきなり世界同時株安で、大変なスタートになってしまいました。ドル円も118円を完全に割ってしまい、昨年8月のチャイニーズ・ブラックマンデーのときの下値116円前半も見えてきています。中東の政治不安やら北朝鮮の水爆実験やらといろいろあったわけですが、今回の大きな下落の主な原因は中国でした。

 4日の東京株式市場の寄り付き直後は、実はご祝儀相場を期待させるような堅調な動きでした。 この状況がガラリと変わったのが、10時45分の中国製造業PMIの発表から。予想を下回って前回よりも悪化していることがわかると、上海総合指数の暴落から始まり世界同時株安の様相に。この流れのなか、日経平均もドル円も大きく下落してしまいました。

 今は「中国は大丈夫か?」ということが、世界中のトレーダーに注目されやすくなっています。中国が注目されると意識されやすくなるのが、中国人民銀行が設定する人民元の基準値。これは毎営業日の10時15分に発表されるんですが、切り下げが行われるとリスク回避的な動き(ドル円は下落)のきっかけになることがあります

 先週は4日~7日にこの基準値が切り下げられ、8営業日連続での切り下げとなっていました。7日にはドル円が短期のトレンドラインを上抜けして、「戻しがあってもいいかな」というところで、この切り下げによってきれいにへし折られた形になりました。ちなみに、8日は久しぶりの切り上げで、逆にドル円は大きく上昇しています。

 今週も引き続き世界中のトレーダーが、中国の動向をうかがっていると思います。特に注意しておきたいのが、人民元が発表される10時15分と中国の株式市場が寄り付く10時30分。この時間帯は相場の大きなベクトルが発生しやすく展開が読みにくいので、上方向も下方向も警戒しておきたいところです

 また、中国関連では13日(時間は未定)に貿易収支の発表が控えています。特に輸入の動向が気になるところですが、これも波乱につながるかもしれません。不安定な相場が続いているので、大怪我をしないように気をつけて取引をしていきましょう!(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

市場パニックはもう終わり? 第2波にご用心!

1000円上げた後に1000円下げるなど、荒れ狂った相場も水曜日に限っては、ようやく晴れ間を拝むことが出来ました。日経先物は600円超、ダウも300ドル上げと、全体的に買い戻しのムードが漂っています。しかし注意したいのは、ここで市場の安心ムードにつられ、安直に「買い」で入ってしまうことです。

中国の景気減速がきっかけとは言われていますが、どちらかというと、個人的には「理由なきミニバブルの崩壊」の側面が強いと思っています

そもそも中国の景気減速はこれまで長らく再三に渡って叫ばれ続けていたことです。

前回6月末から7月頭にかけて上海株が大幅に下がったときは、株とドル円ともども、その後あっという間に下げ分を解消してしまいましたが、私から言わせてもらえば、あれこそが異常なバブルです。何もポジティブな材料がないなか、底値を拾って最高値をトライせんとばかりに買いあがってしまう向きには、いかに投資家の買い意欲が旺盛すぎたかということを如実に表していた現象でもありました。

さて、翻って今のドル円をみると、いったんは落ち着きをみせていますが、ここで私は次の下げがもう1発来ると考えています

理由は単純で、積極的に再び買いあがるネタが利上げが取り沙汰される年末までどこにもないからです。

またバブルを形成する気でもあれば別ですが、もうそんな余力は残っていないでしょう。水曜日に発表された重要指標コア耐久受注の数値がかなり良く、日経先物が600円超上げているのにもかかわらず、120円台を回復出来ない現状は、120円を超えてまで買いあがるムードが完全に欠落していること、そして120円近辺に強烈な売りが入っていることの2つをはっきりと示しています。

このまま株が平穏無事で済むはずもないので、株が急落した暁には、再び下値のトライが始まるでしょう。直近安値の116.5が下値ピークとなるでしょうが、ここすら割ってしまうようだと、投資家の体力が消耗している間に下げが下げを呼び、本格的にダウントレンドが開始するかも知れません。値ごろ感から安直に「買い」で入ることの無きよう。こういうときに買いで入っていいのは、急落後のリバ狙いのみです。(執筆者:角野 達仁)

8月後半の注目点は中国と原油価格

週空けの東京市場はお盆が明けたといってもいまだ夏休み気分が抜け切らない雰囲気ですが、そんな市場に大きな喝をいれる自体となっているのが中国と原油価格の推移です。


Photo 新華社日本語版

http://jp.xinhuanet.com/2015-08/14/c_134517291_3.htm

実は人民元の切下げより市場インパクトが大きかった天津の爆発事故

当初天津の爆発事故は単なる事故ではないかと思われていましたがその被害の甚大さはかなり中国経済に痛手を与えているようで結果論からいえば4.6%程度の人民元の切下げよりもはるかに大きなインパクトを市場に与えているようです。

上海市場は18日に6%以上の下げを記録していますし、さらに人民元の切下げも加速するのではないかといった疑心暗鬼がかなり市場を覆う形になっています。実際もともと経済統計も嘘か本当かよくわからないのが中国ですから、どう注意をするかが難しい問題ではありますが、中国発でなにかさらに市場を下押しする要因が示現する可能性は疑っておいたほうがよさそうです。

上海株式市場はまたしても下方向を模索中

WTI原油はまさかの40ドル割れも

また原油価格も秋口には60ドル以上に戻るとの楽観論がありましたが、イランの原油再輸出の話が浮上して以来価格は下がり続けており、こちらもここまで来ると一旦は40ドル割れを試さないことには底値を確認できない雰囲気となってきています。

新債券王でおなじみのダブルラインキャピタルのジェフリーガンドラックは原油が1バレル当たり40米ドルまで下落するなら、世界がおかしくなると発言するとともに経済だけでなく、地政学リスクも高くなると今年の1月に早々と強調していましたがそれが現実のものになろうとしています。

また、米10年債利回りは1%まで下落するとも予測していますが、こちらはまだそこまでにはなっていないとしても原油価格が世界的なインフレの抑制に寄与していることは間違いなく、これで本当に9月利上げできるのかという話がまたしてもぶりかえす局面になってきています。

いずれにしても中国と原油価格は今後の為替の動向に想像以上に大きなインパクトを与える可能性が高く、まさかのときのためにしっかりタイトなストップロスを置いて売買していくことがより肝要な時期にさしかかってきています。(執筆者:坂本 博)