タグ別アーカイブ: 中国経済

底打ちした? 実は絶好の売りチャンスかも いま豪ドルが熱い

実は豪ドルの値が1年間で2300pp下がっていると知ったらどう思われるでしょうか。

実は今、豪ドルがかなりのお買い得ペアへと変貌しています。豪ドル/円では円安の恩恵もあり、暴落を実感することはないかも知れませんが、対ドルではドル高とも相まって、一貫して下げ基調をとっています。

一体なぜここまで下げたのか。理由は国内外の経済停滞です。もともと輸出に依存していた同国は、中国経済の低調もあり、思うような経済成長を達成できませんでした。繰り返す利下げも、ドル高に伴う商品先物全体の下落が同国の停滞を余計に後押しする格好となっています。

しかし、気づけば豪ドル/ドルは0.72ドルという歴史的な位置にいます。実はここを割るとリーマン・ショックのボトムである0.60圏に突入するのです。

また、もともと同国経済は2015年に底打ちするとも言われていること、これまでの「豪ドルは高すぎる」というスタンスをRBA(オーストラリア準備銀行)がようやく改めだしたこと、利上げが見送られたことなどから、ひとまず底を脱し、一旦は上昇に向かう可能性があるとみていいでしょう。

ただその一方で、中国経済がまだまだ減速を起こすようだと、再び下落に向かうでしょうし、何より米国の利上げは年末か年始には確実に起こるとみられています。

つまりファンダメンタル事情は何も好転していないのです。したがって、今回豪ドルがストップロスを巻き込んで大きく上昇を起こすようであれば、「デッド・キャット・バウンス(死んだ猫でも地面に叩きつけられればリバウンドする)」とよんで、年末にかけて再度売り込んでみるのも面白いかも知れません。(執筆者:大島 正宏)

中国の景気減速がドル高を形成! ドル円も青天井となるか

先日、中国の経済成長率が実は公表されている数値の半分程度なのではないか、という耳を疑うようなロイターのニュースが市場を席巻しましたが、今回発表された通貨切り下げニュースをみれば、あながち間違いではないのかも知れません。中国は人民元の中心レートを1.9%も切り下げる決断に出ましたが、この規模は実に20年ぶりとなります。

見方によっては「20年に1度レベル」とも言えるこの中国の景気減速は当然、同国と関係の深い豪ドルなどの資源国通貨を大幅に押し下げる格好となり、ドルは押し出されるようにして上昇しました。ドル円もこれにつられて、雇用統計で下げた分を打ち消すようにして、124円台後半へ再び浮上することとなりました。

こういった流れからは、ふたたび市場がドル高を形成していきそうなムードが漂ってきますが、ドルが市場でどの程度需要があるかを表した指標であるドルインデックスをみると、97.05と相変わらず「超高値圏」とも言える数字となっています。

近々予定されているFOMCで利上げが取沙汰されていることもあり、ドル高に対するけん制発言が警戒されるところですが、今のところ米国の主だった関係者からはそういった声は聞こえてきません。日米両国からの牽制がこのまま何もないようであれば、125円をしれっと超えて、ドル円も青天井になってしまう可能性があるだけに、ひとまずドル高に対する関係者の発言に関しては注視したいところです。(執筆者:大島 正宏)

ドル円、中国危機と利上げ前のダブルパンチ!

今はギリシャ危機の影にどうも隠れてしまっている感がありますが、不動産価格の低下に加え、製造業の失速、株価の大幅下落など、中国経済がハードランディングする可能性が徐々に認識されつつあります

もちろん、中国政府も金融緩和を定期的に行っており、策を講じているのは間違いないのですが、残念ながらどんな国も右肩上がりの景気は続きません。もし、中国の経済危機が問題となった場合、ドル円が日経平均ともども円高に振れることは、まず間違いありません。また、9月にはアメリカが利上げする可能性も浮上してくるため、これを市場がどう捉えるかも1つの課題となっています。

現在、最も高い可能性として考えられているのが、利上げ前に株価主導のリスクオフが起こり、利上げ後に再度リスクオン相場となるというものです。しかし、ちょうどこの「利上げ前」は、先述した中国のハードランディングと被る可能性があるため、ドル円にとっては試練の時となりそうです。

いまのレンジ(120-125円)を大きく上にブレイクする材料がないこと、そして125円から上は口先介入が日本政府から行われる可能性が市場にムードとして醸成されつつあることを考えると、何度もお伝えしているように、あとはダウンサイドリスクしか残りません。ここに中国危機、そして利上げ前のリスクオフのダブルパンチが押し寄せてくることになれば、まず120円は割るでしょう。そう考えると、数か月スパンでドル円の下落に賭けてみるのも面白いかも知れません。(執筆者:大島 正宏)