タグ別アーカイブ: レパトリエーション

レパトリ終了のドル円、今後は何をきっかけに?中国?それともGW?

 119円―121円のレンジを延々と上下しているドル円ですが、ひょっとすると今後も上値方向へのレンジブレイクかもしれません。4月からは例年ドル円があまり動かない上に円高に流れる時期に入ってしまうからです。

 レパトリエーション、通称レパトリと呼ばれる海外資金を円に換金する過程で起こる円買い圧力がたたでさえこの時期は強まっており、ドル円の上値を抑えていたのですが、4月上旬は海外投資家が投資対象を見直す時期に入ることもあり、例年ドル円は不気味な静けさを漂わせるようになります。

 4月後半から5月にかけては、お決まりのように中国の景気減速がネタにされ株価と共に失速を起こすケースが見られます。これは売るネタを探している市場が中国の景気減速に飛びついているだけとも言えるのですが……。昨日発表された中国の指標でもほとんどが景気減速を示すものであっただけに、市場が中国をネタにして一気にゆさぶりをかけてくる可能性は高いです。

 またこの時期は、ゴールデンウィークで円高というジンクスもあります。毎年のようにゴールデンウィークになると何故か円高に振れるので、市場関係者も頭を痛めることが多いのですが、その一方で円高に振れる年は、年末から年明けにかけて大幅な円安を示現していることが殆どであることには留意して置きたいです。

 そして、今年も見事にアメリカの経済が絶好調というネタで、年初から円安に上がれていたわけで、結果としてアメリカ経済も雇用以外はそこまで強くないことが市場の中で再認識されつつある中、そろそろ時期的にも反動が来るのでは、というのが私の見方です。(執筆者:大島 正宏)