タグ別アーカイブ: レバレッジ

FXで勝てる人と負ける人 利確のポイントとその方法

FXの魅力は、何と言ってもそのレバレッジと自由度と可能性にあります。といっても、上記のメリットはそのままFXが難しい理由と直結しており、公平性などは選んだFX会社によって大きく毀損する場合もあるので、注意が必要です。

レバレッジ

まずレバレッジです。

国内では規制により25倍までに制限されていますが、海外FXでは今でも400倍とかが普通に可能です。

ハイレバレッジの場合には、オーバーナイトで持つとか、週末にポジションを建てたままにするとか、そういう行為は自殺行為なので避けるべきですが、短期売買の場合には適切な場面であれば、実効レバレッジ100倍程度なら、十分使う事が可能です。

株式では信用取引などで手元資金以上の売買も可能ですが、条件が緩和されたとはいえFXよりは扱いづらく、この証拠金取引が資金効率上、とても有利なことがわかります。

しかし、海外口座の最大のメリットは、追証がかからない、マイナス分は請求されないというFX会社が多いという点だと考えます。

国内は基本的に追証がかかり、更に何らかの変動により、激しく価格が上下動した際に、ストップロスを登録してあっても、全然機能せずに、平気で80銭下で執行されたとかの事態が発生するので、値付けも非常に不透明で不利な場合が非常に多いです。

故に、国内なら、総合課税で利益が出ている場合の納税額を減らすことが出来ますが、海外口座のメリットを深く考えて、両方使い分けたりする工夫も必要だと考えます。

自由度

自由度とは、何もかも自分で出来、だれの手も借りること無く完全に最初から最後まで完結することが出来るということです。

通常の仕事では誰か他の管理者やキーマンの許可や協力が必要で、本当はやりたいことが出来ないという場合も多々ありますが、FXではそういうことはありません。全て自分がしたい通りにできます。

但し、これがFXを難しくしている要素の一つでもあります。

自由度が高いあまり、本来はしてはならないとルール化しても、これを守ることが難しいのです。ブレーキをかけてくれる人もいないのです。

可能性

可能性とは、レバレッジを使うことで、更に複利で利益を増やしていけば簡単に1000倍にだって殖やすことが可能だということです。

勝つための方法、それは、エッジがある、優位性がある、確率的に勝ちやすい場面だけ、エントリーして利確して、さっさと勝ち逃げして、その後のわかりにくい相場には手を出さず、また次に勝ちやすい場面が来るまで待つ・・・ということです。

この、簡単に説明出来る行為を実際に継続してやること。。。これが、想像以上に難しいのがFXの妙味なのです。

以上(執筆者:凪石 剛)

大きなボラティリティ状況下でのFX証拠金防衛戦略について

 ここのところドル円を中心にしてユーロ円などもボラティリティが非常に大きくなってきています。特にドル円は1日に2円程度もたいしたネタでなくても動く通貨ペアになっていますので、昨年前半のような40銭から70銭程度の1日の動きだった時の証拠金管理とは異なる方法を考えなくてはならない状況になってきています。

 具体的には3つの方法を実際に検討することが肝要となります。

<1>レバレッジをあえて下げてみる

 リスクヘッジの定石として考えられるのがレバレッジを下げてみるという方法です。1月15日のSNBショックでもレバレッジを大きくしてポジションをもっていたトレーダーが大きな痛手を受けたことは記憶に新しいものですが、たとえば25倍のレバレッジを5倍にしてみるとそのリスクは大きく変化することになります。

 たとえば、ドル円で5倍のレバレッジにしますと1万通貨に必要な証拠金は24万円ほど必要になります。これは倍率の違いで25倍のレバレッジの場合の4万8000円のまさに5倍必要になります。しかし、仮に2円相場が下落しても2万円程度の損失ですから損失実額は同じでも証拠金に占める含み損のウエイトがかなり下がる勘定になるわけです。

 ただ、1万通貨の売買に24万も証拠金を投入して投資としてそれが妙味のあるものかということは考える必要がでてくることになります。

<2>最初から1日の最大の損失を想定して証拠金を投入してみる

 レバレッジを下げたのでは投資妙味が薄れると考えるのであれば、確実な証拠金を投入して売買することに注目するという方法も考えられます。たとえば直近のドル円は1日で2円程度平気で動きますから25倍のレバレッジでもっとも相場が高いところでロングを1万通貨作ってそのまま放置しておいた場合最大2万円程度の損失がでることにあるのです。

 この2万円が証拠金額の5%内に納まっていれば一応損ぎりをしないでそのままにしておいても安全とみなされますので、2万円を5%で割ってあげれば40万の証拠金を持って、1万通貨ペアの売買をしているのであれば、たとえ1日まったく損きりをしなくても理論上は5%の損失の中に入ることになるというわけです。

 したがって1万通貨のドル円について3つのポジションを持つことを考えるのであれば、120万の証拠金を投入しておけば、まさかのことがあってもロスカットにはならず、また相場が戻るところまで待つこともできるのです。

 最近のこうした上下の動きではやたらと狭いレンジにストップロスをおくと結局相場が戻るということも多いので、こうした対抗策をとることもひとつの方法となるのです。

<3>ポジションをむやみにたくさん持たない

 <2>とも関係する話ですが、証拠金維持率が1000%を越えた状態ならば、かなり安心なわけです。大きく相場が動くときに無闇にポジションをたくさん作らないこと、また定石通りナンピンをかけたりせずに、損益管理をしっかりすることが重要になります。

 基本発想は証拠金を無闇に減らさないことですし、常に損失は証拠金の5%程度、厳密には3%以内に抑えることができれば、ここ一番のトレンドがでたときでもポジションを持つことができるというわけです。この3つの方法はどれもオーソドックスで驚くべき手法ではありませんが、こうした非常にシンプルな証拠金維持策が意外に最近のようなボラティリティの大きな相場では威力を発揮することになるのです。(執筆者:坂本 博)

悪用厳禁? 海外業者を活用してFXでボロ儲けする裏ワザ

 日本は現在、証拠金規制からレバレッジの上限が25倍までと規定されています。しかし過去には50倍、200倍だった時代もありました。ところが海外では証拠金規制が緩く、レバレッジを400倍、600倍と賭けられる業者が多数存在します。

 もちろん高レバレッジを選択した場合、予測が外れれば一瞬で資金は消えてしまいますが、当たれば日本の証券会社では考えられないような巨額の富が転がり込んでくるのもまた事実。インターネットでFX長者となった人達も、このような海外業者を使って資金を短期間で倍増させたケースが多くみられます。

 実はこの海外業者を利用した必勝法があるのです。

 複数の海外業者に登録。ある程度の資金をクレジットカードなどで入金しておき、雇用統計やISM、FOMCといったビッグイベントを待ちます。イベント直前になったら、口座の片方は買いポジションに、もう片方は売りポジションを選択します。どちらにも限度額までレバレッジを賭け、リミットだけをセットしておきます。あとは待つだけです。

 このようなビッグイベントは当たれば数十ppといった大きな値幅が獲れますが、結果がどうなるかは分からないので一種のギャンブルです。しかし、この場合は両方のポジションを構築しているので、どちらかには証拠金に対して数倍のリターンが、もう片方は証拠金がゼロになるだけです。

 日本の証券会社同様に、大きく外しても借金を背負うシステムでは無く、証拠金がゼロになった時点で強制決済されるだけなので、ノーリスクハイリターンが見込めます。いわば必勝法ですが、意外と知られていません。ちなみにこのような数百倍のレバレッジが賭けられる海外証券会社を利用して、為替介入が何度もあった時代には、1万を1日で100万にした猛者も多数存在するようです。(執筆者:大島 正宏)