タグ別アーカイブ: リバウンド

下値模索が止まらないドル円! リバウンドはいつくるのか?

ドル円はズルズルと下落が止まらない状況となっています。

週足MACDでみると-2θレベルにあることから、そろそろ本来ならば一旦の反転があってもおかしくないのですが、いかんせん株価の軟調ムードが頭を押さえつけている状況です。特に火曜日から水曜日にかけての頭の重さは、「ここまでやるか?」と思わず声が出てしまうほどでした。

ひとまず筆者も111円台をロングでエントリーしていますが、ファンドの仕掛けで112.2を超えるもダウ先物の下落に合わせて一瞬で111.75まで弾き落とされているのをみると、一旦底抜けすれば止まらなさそうな雰囲気を醸し出しています。

ただ、何度もお伝えしているように、今のドル円が下がっている理由は正直良く分かりません

株もアメリカに目を転じればそこまでひどいものではないですし、ドルストレートが暴騰してドルが大きく売られているようなシーンもありません。政情不安は以前からありますし、このところは中国株・原油も落ち着いています。

ここまで材料に欠けた状態での下値攻めが延々と続いている状態は、ドル円70円台くらいしか記憶にないだけに、本気の「円高トレンド」が到来してしまったのかなという懸念もあります

この月足レベルの下げが2008年10月にリーマンショックに次ぐものであること、そのリーマンショックの下げも16円落ちて10円上がったのにもかかわらず、今回は10円落ちたままであることなどを考えると、さすがに近々大きなリバウンドがもう1度くらいありそうなものなのですが……。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

ボリンジャーバンドは週足レベルですら-3σにタッチ! どう考えても買いだったドル円

先週には110.95と異様なペースで円高に振れたドル円ですが、さすがに2週間足らずで10円も落ちたとなれば、リバウンドも凄まじいものとなりました。

特に日経先物の暴騰たるや常軌を逸したレベルで、15日の上げはなんと一時1100円の上昇を示現、売り込んでいた向きが一気に買い戻しを余儀なくされ、買いがさらなる買いを呼び……といったところでしょうか。

ただ今回の暴落によって、ドル円は日足レベルでボリンジャーバンドが−3σを突破、週足ですら-3σに達していたという状況でした。知っての通り、ボリンジャーバンドは±2σ内であれば95.45%、±3σ内には99.73%の確率で収まるというものです。

したがって、0.27%の「奇跡」が日足、週足レベルで起きていたことになります。これはどう考えても「買い」の一手でした(同じことが「売り」を検討する際にも言えます)。

また、いつも悲観論を投げかけ続けている万年円高論者のJPモルガンアナリスト佐々木融氏ですら、「年末110円」と言っていたのですから、2月上旬ですでに達成してしまったドル円の円高度合いが、いかに異常なペースであったかが分かるというものでしょう。

とはいえ、原油価格も10%超の上昇を遂げ、中国ネタや利上げ見送りネタもなかったことにされるなど、市場では先週の暗澹たるムードから一転してオール青信号ムードが漂っていますが、こういうリバウンドは長くは続かないものです

筆者も111円台前半のドル円をホールドしていますが、115円台前後で一度決済を予定しています。前から何度もお伝えしていますが、今年のテーマは「売り場探し」。冷静になって基本は上値叩きに徹していきたいところです。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

世界同時株安発生! リバウンドポイントはどこだ?

先日114.3でロングポジションを決め、115円で意気揚々とイエレンFRB議長の議会証言を迎えた筆者ですが、見事に暴落という「はずれクジ」を引き当ててしまうこととなりました。

下げ止まらない気配をみて、さすがに一旦損切りしましたが、くしくも水曜は建国記念日で商いはスカスカ。24時間で400pps落ちという、近年のドル円にない動きを見せました。

「イエレンが年内利上げを取りやめる可能性が取りざた」とニュースでは騒がれていますが、一言もそのようなことは述べていないばかりか、むしろ依然として筆者の予想通りアメリカ経済の強さを指摘するような発言が目についた印象です。

またISM非製造業景況指数や雇用統計の数値が市場予測より悪かったからどうのというネタも、以前から分かりきっていたことでもあり(しかも雇用統計発表後には予想より悪かったのにもかかわらず、時間あたり賃金の上昇が着目され暴騰しています)今更感があります。

他にもドイツ銀行ネタやまさかの日銀マイナス金利ネタなど、真犯人探しネタにはまったく事欠かない状況ですが、これはおそらく市場自体が、一体この暴落のトリガーが何なのか掴みきれていない証左ではないかと思います。

よく分からないまま想像以上にスピードをつけて落ちてしまった…というのが実情でしょう。それだけに風化すれば一旦どこかで大きな戻しが必ず来るはずです

風化するのか? と考える向きもあるかと思いますが、中国株安は今では全く取りざたすらされなくなったことが、市場のうつろいやすさを的確に表現しているかと思います。むしろ最近では日本の方が数倍下落している始末です。

もちろん、アメリカ経済はイエレンが虚勢を張っている以上に腰折れしているでしょうし、中国経済も一旦は風化しているものの、これからボディーブローのようにジワジワと市場を締め付けにかかるはずです。ただし、リバウンドが起きてからですが。 (執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

止まらないドル円!短期リバウンドで確実に儲ける!

中国圏が春節ということで朝方は閑散とした相場のなか、ジワジワと値を117.5まで上げたドル円ですが、欧州時間になると軟調な株価もあり一転して下げ目線に相場は傾き、日付が変わろうとする頃には115.20まで落ちてしまいました。

ただし、ダウ先物が前日比300ドル程度の下げにとどまったことを考えれば、ノンストップ200pps落ちはさすがにやり過ぎでしょう。いつもの如くロングポジションを構築していたプレイヤーのストップロスを次々と刈ることで、連鎖反応的にここまで落ちていったものと思われます。

さて、本日はこういう時にオススメの投資法を紹介したいと思います。それは深夜に数百pps落ちていたら黙って買いを入れること

それだけ? と思われるかも知れませんが、意外と「値ごろ感」でのポジションとりって効くんです。

上述したように、あくまでも115.2などは深夜に商いが薄いなかでガンガン落とし込んだ数値なので、一旦収まれば利確のための買い戻しと値ごろ感からの買いが確実に入るんです

もちろん、いつまでも持っていてはいけませんし、目安としては東京市場がオープンする前、朝一で機械的にカットがいいでしょう。

プレイヤーの皆さんのなかには、朝4〜5時に襲ってくる深夜の仕掛けを恐れている方もいらっしゃるかも知れませんが、滅多にこないから印象に残るんです。

確率で言えば、リバウンド期待に賭けるべきところ。臆することなく、こうしたボラティリティの高い分かりやすい相場で、確実に勝っていきましょう。 (執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

追加緩和はない? リバウンドで絶好の売り場が到来か

FOMCはある意味予想通りの「世界経済の停滞にかんがみた利上げペースの鈍化」が示唆されるにとどまりました。報道では利上げが結局行われることを嫌気してダウ平均を中心に売りが広がった…などと言われていますが、単純にFOMCを通過し、目先の重要な指標がないことからの、一旦の高値警戒感だと思われます。しかし一方で理解不能な動きをしているのがドル円です。

ドル円は118割れを何度か試したのち、割れないと踏むや一転して119円へアタックを開始、政策内容発表の直前には119円すらつける始末でした。いくら株価が堅実さを表していたとはいえ、100psあげてしまうような株高でもありませんでした。背景にはおそらく、日銀に関する欧米筋の金融緩和期待と、市場が大きくショートに傾いているなかでの損切り燻り出しの2つがあったと思われます。

日経の下げも一段落つき、ドル円も118円で底値の目処をみつけ、かつアメリカも利上げを取りやめるほど景気が悪いとは感じていない…といったことを踏まえ、筆者はこの水準・この市場ムードで追加緩和が行われるとは考えていませんが、もし一部の「勝手な期待」でガンガン買い上がってくれているとするならば、まさにここは絶好の売り場ではないでしょうか。

おりしもアメリカでは決算発表が各社からなされていますが、どこを見渡しても冴えない数字が並びます。特に中国頼みのアップルにいたっては、「未曾有の経済危機が到来する恐れがある」などとCEO自身が口にする始末で、消費ペースの鈍化と経済の変わり目を肌で感じ取っているのだと察することが出来ます。いずれにせよ、このリバウンドは単なる「踊り場」に過ぎないと捉えるのが適切でしょう。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓