タグ別アーカイブ: ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは週足レベルですら-3σにタッチ! どう考えても買いだったドル円

先週には110.95と異様なペースで円高に振れたドル円ですが、さすがに2週間足らずで10円も落ちたとなれば、リバウンドも凄まじいものとなりました。

特に日経先物の暴騰たるや常軌を逸したレベルで、15日の上げはなんと一時1100円の上昇を示現、売り込んでいた向きが一気に買い戻しを余儀なくされ、買いがさらなる買いを呼び……といったところでしょうか。

ただ今回の暴落によって、ドル円は日足レベルでボリンジャーバンドが−3σを突破、週足ですら-3σに達していたという状況でした。知っての通り、ボリンジャーバンドは±2σ内であれば95.45%、±3σ内には99.73%の確率で収まるというものです。

したがって、0.27%の「奇跡」が日足、週足レベルで起きていたことになります。これはどう考えても「買い」の一手でした(同じことが「売り」を検討する際にも言えます)。

また、いつも悲観論を投げかけ続けている万年円高論者のJPモルガンアナリスト佐々木融氏ですら、「年末110円」と言っていたのですから、2月上旬ですでに達成してしまったドル円の円高度合いが、いかに異常なペースであったかが分かるというものでしょう。

とはいえ、原油価格も10%超の上昇を遂げ、中国ネタや利上げ見送りネタもなかったことにされるなど、市場では先週の暗澹たるムードから一転してオール青信号ムードが漂っていますが、こういうリバウンドは長くは続かないものです

筆者も111円台前半のドル円をホールドしていますが、115円台前後で一度決済を予定しています。前から何度もお伝えしていますが、今年のテーマは「売り場探し」。冷静になって基本は上値叩きに徹していきたいところです。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

ボリンジャーバンドをざっくり理解できる、たったひとつのポイント

私は、FXをはじめて4年くらいです。しかし「勝つってこういう事か!」とわかったのは3年目でした。

世の中の膨大な情報は、初心者トレーダーを迷わせます。

「あなたのボリンジャーバンドの使い方は間違っている!」
「ボリンジャーバンドの真実!」
「ボリンジャーバンドの真実は嘘だった!」

昔のワイドショーや週刊誌じゃあるまいし、困ります。

ボリンジャーバンドなどの道具、人それぞれの使い方は、毎日の実践と記録付けと反省でしか見つかりません。

じつは、ボリンジャーバンドひとつとっても、逆張り順張りと、どちらでも勝つ人は居ます。なので何が間違いだとか決めることはできません。FXでは「退場」だけが、失敗なのではないでしょうか。

ボリンジャーバンドなどテクニカルの計算は、「それがいったい何を言いたいのか?」に着目すると自分の使い方を見つけやすいです。最初から99.73%だとか考えすぎると、やられまくります(笑)

ボリンジャーバンドが言いたい、たったひとつのポイントは「レートのばらつき」(σラインにレートが来る確率が、こんなふうにばらついている)です。未来を予想するならあくまでも「ばらつきの可能性」なので現実ではありません。

σのラインがばらつきで、真ん中のラインは移動平均線です。もちろん、ボリンジャーバンドが広がっているほど「めちゃばらつき」があることになります。

「ボリンジャーバンドは私に何を話しかけているのだろう?」とたずねたら
「今のところ、めちゃばらつきの幅が広がっているよ」と答えてくれるわけです。

こちらとしては「そんなにばらついているなら、ストップにかからないように用心しよう」とか「滅多にない広い範囲でばらついている。これは戻りがそのうち来るな、準備だ」など個性的な戦略を練ることができます。

数学の専門家には細かくダメ出しされるかもしれませんが、大方こう考えて置けば、トレーダーにとって大切な目的である「自分なりの戦い方」を見つけられそうです。こんなふうに一言で表すと、ボリンジャーバンドの性格を掴みやすくなり、おすすめです。(執筆者:鈴木マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

狙いどころを絞れば勝てる! オシレータ「4時間足MACD」を使おう

 大きい波は引く勢いも大きいですね。FXも同じなんです。

 チャートを眺めていると突然それまでの勢いがウソのように上げや下げが起きるときがあります。こういう時こそ仕掛どころ。大きく上げた時は売りで入り、下げた時には買いで入ります。反動で戻したところを即決済。目安としては一連の動作で5秒程度です。カンや経験に基づいたトレードになりますが、言うは易し行うは難しですね。

 ですが、簡単に「売られすぎ」、「買われすぎ」教えてくれるオシレータがあるんです。それがボリンジャーバンドMACDです。

 買われ具合や売られ具合に応じてグラフが動くのですが、これまでの動きの平均値に対する下げや上げの程度に比例してグラフの振れ幅も変わってくるので、大きな上下の時はグラフの動きが閾値を越えてきます。閾値を越えたことは初期設定からひと目で分かるので、あとは合図に応じて反対売買を行うだけです。

 ちなみに上述した内容はリスクを極限まで抑えたデイトレードの戦法ですが、中長期投資にもこれらのオシレータは使えます。特に「4時間足MACD」は統計的にも最強との呼び声が高く、愛用するトレーダーは多いです。過去にアベノミクスや日経株価の1000円暴落を「4時間足MACD」が予測したときは、使えるオシレータとして大変話題になりました。(執筆者:大島 正宏)