タグ別アーカイブ: ドル高

再び強まるドル高スパイラル、上がらないドル円

ギリシャ騒ぎが一旦の落ち着きを見せたせいか、以前ほど話題とはなっていませんが、再びドル高傾向が強まりつつあります。主要通貨に対するドルの強さを表した指標であるドルインデックス(DXY)をみると97.55と、前回つけた高値の100.39に接近しています。このドル高を演出している主役がユーロであることは疑いようがありませんが、密かに商品(コモディティ)の下落もドル高に一役買っています。

商品先物とドルの逆相関関係については、これまでも金相場や原油相場に絡めて何度かお話したと思いますが、誤解を恐れず至極単純に言ってしまえば、商品から現金に替えようとする傾向が強まると、必然的に貨幣、つまり世界で最も使用されているドルの需要が高まるといったところでしょうか。

これについては、一重に中国の景気減速が原因といっても良く、原油や金の最大の需要国の経済が破綻しかかっているとあっては、急激な下落も無理はありません。げんに原油は再び50ドルを割り込み、金もボトムラインを底抜し、1000ドルを割ろうかという勢いです。

さてこうなると、経済の失速を起こすのが、コモディティの供給手である資源国です。資源国の経済停滞は金融緩和へと舵を取る原因となるので、豪ドルやNZドルは下がり、更にドル高を生み……。

このようにして、全てのベクトルがドル高へ向いているのげ現状です。もちろんこういった傾向は、ドル円にとっては追い風のはずなのですが、円安牽制などもあって、完全に頭を抑えられています。こういったシーンで、以前オバマがドル高を牽制したように、政府高官から何らかしらの「口撃」があった日には、一気にドル円の底が抜けても何もおかしくはありません。

もちろん中長期的には日米金利差が開いている限り、ドル円は上目線で間違いないのですが、ドル高なのにドル円が上がらないという状況だからこそ、短期的にはとにかく注意したいです。(執筆者:大島 正宏)

ついにやってきたドル高修正局面! 今、ほぼ間違いなく勝てる手法とは

これまで何度も異常なまでのドル高が修正されるという話をしてきましたが、ついに本格的に始まりだした模様です。すでに豪ドル/ドルは、以前に「買い」だとご紹介した局面から500ppも上昇しており、少なくとも現段階では下落するそぶりすら見せません。

しかも、この後はFOMCでガタガタの米国経済を受けてほぼ間違いなく利上げの見通しが遠のくはずです。一方で日本は金融緩和を正当化することが出来ないので、こちらもドル高要因とはならず。ドルストレート通貨群の巻き戻しにともなって、ドル円は完全に頭を押さえられている格好です。

こういった現状を踏まえ、今のFXでほぼ間違いなく勝てる手法があります。

それは、このガタガタの経済指標を利用するというものです。

高の煽りを食らっている製造業関連は惨憺たるもので、アメリカの重要指標があるたびにショートするだけで蔵が建つのではないかとすら言われているほどです。

現在、製造業関連以外はそこまで悪いというわけでもなく、5月第1週に出てくる雇用統計がどうなるかは分かりませんが、少なくとも雇用関連の指標さえ避けておけば、ドル高修正局面とあわさってほぼ無敵のボーナスタイムと言えるのではないでしょうか。(執筆者:大島 正宏)

アップルの株価がきっかけ? 米国株のバブルが崩壊するとき

ドル高によってアメリカの製造業にブレーキがかかっているのは周知のとおりですが、決算の数字を見てみると製造業に限らず、アメリカの企業全体がドル高によって利益を損なっていることが明らかになっています。

Financial Timesの報道によると、ドル高によってこの四半期だけで200億ドル分の利益が全米の企業から失われた可能性があるとのことです。見通しよりも利益を減少させた企業は55%にのぼり、多国間企業は軒並み10億ドル以上の利益減少を起こしているようです。

一方、そんな中にあってもテクノロジー企業の株価は強く、テクノロジー企業が集中しているナスダック平均株価指数は先日史上最高値を記録し、世界中の株価が踏み足するなか、留まるところを知りません。

すでにダウ平均株価の仲間入りしたアップルも高値更新の例外ではなく、勇ましい利益予測が並んでいます。しかし、先述したFinancial Timesは1月にアップル自身が為替変動によって利益を20億ドルほど削がれるかも知れないとレポートしていたことを示し、昨今の稀に見るドル高によって、予想外に営業利益が下振れするのではないか、と慎重な見方をとっています。

また、ナスダックの絶好調ぶりも2000年に弾け世界中を恐怖に陥れたドットコムバブルの再来ではないか、という指摘も出てきており、テクノロジー企業の親玉であり、世界で最も企業価値が高いアップルの下振れをきっかけとして、株価を主導としたリスクオフムードが、株や為替を問わず、世界中に一気に蔓延する可能性は否定できません。(執筆者:大島 正宏)

ついにドル高のリバウンド開始か、ドルインデックスを要チェック!

 これまでに何度も短期的にこれ以上のドル高へコミットすることへの危険性を指摘してきましたが、いよいよドルの大調整が始まったようです

 想像以上にドル高で深刻なダメージを受けているアメリカ経済の失速をきっかけとして、ドルストレート(ユーロドル/ドル、豪ドル/ドル)をメインに大幅な上昇劇が連日行われています。

 ユーロも豪ドルもひとまず重要な利下げイベントをこなして一息ついたこともありますが、アメリカの製造業の見通しがとにかく酷い有様です。16日に発表されたニューヨーク連銀製造業指数は、予想外のマイナス。

 この手のマインド系指数はいくら上下の振れ幅が大きいとは言っても、製造業の数値がマイナスになるのは、筆者の記憶するところによれば、2013年のバーナンキによる金融緩和時代にまで遡ります。

 ドル円もこの影響を受けて緩やかに反落をスタート。連日のダウの下げにつられて日経平均も冴えない動きが続くなど、久々に株安円高が拝めそうです。

 さて、いかにこのドル高が尋常ならざるペースで進んでいたかを実感するには、ドルインデックス(ドルが他の通貨に対してどれだけ買われているか)のチャートを見てみるといいでしょう。検索エンジンでDXYと検索すると様々なサイトでドルインデックスのチャートが出てきますが(例:こちらを参照ください)、全く反動らしい反動もなく短期間で暴騰していることが分かります。

 これをみてもなお、ドルがまだまだガンガン上昇する! と自信を持って断言出来る人は居ないのではないでしょうか…。異常なまでのドル高の修正は、ようやく始まったばかりだと言えそうです。(執筆者:大島 正宏)

ドル高は一旦終了を示唆か? NFP直後の相場展開から見る今後の動き

 エリオット波動の分析では業界でも一目をおかれている三菱UJFモルガンスタンレー証券のチーフテクニカルアナリスト 宮田氏がNFP発表の直前に発表しているウィークリーレポートによりますと、ドル円とユーロドルを次のように分析しています。

ドル円

 2011年の1ドル75.35円以来のドル高・円安のエリオット波動Aは、そのターゲットとなる124.14円に近づいており、今は3年あまり続いた円安が終わったのかどうかを見極める時期としています。とくに3月10日の122.03円をもって円安トレンドのA波が終わった可能性があることを同氏は指摘しています。たしかに124円までは2円ほど足りないものの、この程度は誤差範囲とみるのがエリオット波動の分析のようです。そして今後118.35円を切れるとこの状況は大幅円高への最初のきっかけになるとしています。

 エリオット波動のA波に続くのはB波のドル高・円高であり1ドル100.82円を見に行く可能性がありうるとしています。しかもこのB波が始まれば2016年5月まで続く可能性を指摘しています。

 このエリオット波動というのは実に許容範囲の広い分析手法なので個人が波動を分析してみても大きく間違うことが多いため、プロの発言が重要となるのですが、3日の米国雇用統計がADPの結果をさらに増幅させるぐらい悪いものとなっており、直近の米国経済指標の中で唯一堅調を保っていたNFPもついに息切れという数字になり、ドル円が再び118.70円台まで落ち込んで119円に戻れないまま越週することになったのは注目されます。

 もちろんイースターの薄商いという状況があるので割り引いて考える必要はありますが、チャートをつらつら眺めていると上方向はいったんお預けのようにも見えてきます。

ユーロドル

 ユーロドルは2016年を待たずにパリティ相場が現実味を帯びているとしながらも、ドル円と同様にドル高トレンドが終わったとするならば、比較的大きなリバウンドが示現することとなり、この可能性は40日MAである1.1022ドルを上回ると高められ、この場合1.1292から1.1808を目指す展開を指摘しています。実は金曜日にはすでに1.10268をつけていることから、こちらも一旦大きな戻りを試す可能性がでてきているのです。

 このテクニカルな波動分析は故意にしかけられる官製相場のPKOのような動きは加味されていませんので、そのまま信じていいかどうかは個人の判断におまかせすることになりますが、テクニカル的にはここまで来ており、すでにドル高の反転ポイントに差し掛かっている可能性があることだけは意識しておいてもよさそうな状況です。(執筆者:坂本 博)