タグ別アーカイブ: ドル円

株高でも上がらないドル円!大相場に向けてのエネルギー充填か

日経が東京市場では300円高と暴騰気味に騰がったのにもかかわらず、ドル円は114円にタッチが精一杯という有様には頭を抱えた投資家も多いのではないでしょうか。

それどころかロンドン市場が始まると、少し株が緩んだだけで一気に113.50をタッチする始末です。しかも特にユーロドルや豪ドルなどのドルストレートが大きく上げたことでドル売りに煽られたわけでもなく、自重で下がっていったという表現がぴったりです。

ドル売りでも株安によるリスクオフでもなく、ダラダラと下値を模索するドル円…これはアベノミクス以来お目にかからなかった事態であることは確かです。

以前に「70〜80円台時代のドル円が戻ってきた」という話をしたかと思いますが、このように市場が良くも悪くも変化の兆しを見せていることは確かで、何かをキッカケに一気に同意づいてしまう用意はしておいたほうがいいでしょう。ドルストレートかやたら買われる状況もある意味懐かしい相場が戻ってきたといった感があります。

日足・月足をみると分かりやすいのですが、煮詰まっているという表現がピッタリで、これまで長らくドル円を触り続けてきた経験上、得てしてこういう時はズルッと来るパターンが多いです。

特に春から夏の初頭にかけては毎年気迷い相場からの円高に振れることがよくあり(5月の「ゴールデンウィークの円高」ジンクスは有名ですね)、日銀の追加緩和もアメリカの3月利上げもないと目されているだけに、へたに上値を追い続けるようなリスクは取りたくないところです。 (執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

ドルストに引っ張られるドル円!まだまだ売りで大丈夫?

ドル円は113〜115円のレンジを続けています。ここ最近は株よりも完全にユーロドルや豪ドルといったドルストレートに左右されている感があり、上がったとしても円売りムードというよりは、消極的なドル買いによって上がっているといった感があります。

特に3月10日に行われたドラギECB総裁の定例会見の際にはその極致とも言える上げ下げで、ドル円はユーロドルの下げにつられて114.4まで到達したかと思いきや、ドラギ総裁がさらなる追加緩和を考えていないと述べたことで一転してユーロドルが暴騰、そこから112.6まで下落するなど、てんやわんやの状況でした。

筆者は豪ドル円を売り込んでいたので、なんとか直撃は避けることができたかわりに、大した値幅も取れずに終わりましたが…。

しかしこのところのダウ平均と資源国通貨の不気味なまでの連騰はいささか不気味でもあります。恐怖指数(VIX)が18にまで下がったところをみると、もはや危機は去ったと言っても過言ではないのでしょうが、相変わらず上海株は暴落をしばしば起こしています。

リーマンショックに匹敵すると言われた中国ショックがこんなもので終わるとはとても思えず(実態はどうであるにせよ)、そろそろ市場は次の「ネタ」を探しているような気がします。何と言ってもまだまだ1年はまだ3/4以上も残っていますからね。

したがってドル円の中長期戦略は相変わらず「上がったら売り」の一手で問題ないでしょう

具体的には115円から上は全て売りで問題ありません。よほど世界が総楽観ムードに包まれ、ドル円が再び株価連動通貨に戻るか、ユーロが好景気のなかで大暴落でもしない限り(好景気で暴落というのが矛盾なのでありえないのですが)、120円復活はないとみて大丈夫です。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

好調な雇用統計も虚しく…ドル円の下落は連日の無理上げが招いたツケ

24万人という破格の数値だった雇用統計も虚しく、ドル円は見事な下げ相場となっています。

株はさておきファンダメンタル的にはもっと暴騰してもおかしくなかったのですが、114円の異常な重さにヤラれた挙句、頼みの綱だったダウ平均までもがマイナス圏に沈むと、一気に113.50割れを示現することとなりました。

このところ東京市場の露骨すぎるジワ上げを欧米市場で全否定という動きが続いていましたが、ここまで連日頭を抑えられては当然上値も次第に重くなるというもの。もし連日のジワ上げさえなかったならば、ここまで頭が重くなることもなかったかも知れません。

情け無用で高値を買い叩き続けた東京市場のプレイヤーのつけが、雇用統計といクライマックスで見事に現れてしまった感じです。

そして先日お伝えしたようにダウ平均もこれだけ連日高値を追い続けたとあっては一旦の調整があってもおかしくはありません。しかも雇用統計も過ぎしばらくは重要な指標もありません。

次は3月利上げの思惑で盛り上がるくらいでしょう。残念ながらこの調整に付き合わされるドル円は、念願(?)の110円に向けてもう一度下値を模索することとなりそうです。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

実はすっかり回復していた株価 株が好調なうちにドル円はどこまで戻せるか

ドル円は112円からノンストップで114.4円まで上げています。これが待ちに待ったリバウンドか! という期待も膨らむのですが、筆者はこの上げに怪しさしか感じていません

先日もお伝えした通り、理由は異常なまでの上値の重さです。「2.5円上がってどこが重いのか」などという反論も聞こえてきそうですが、株価に対して余りにも上昇が鈍いことが問題なのです。

「画像1」をみると年明けからのダウの動きが分かるかと思います。

「画像1」

実はダウは1月からの暴落に対して、すでに2番底を2月15日につけた後、ほぼ年末のレベルにまで回復しているのです。FX市場ではリスクオフだのなんだのと騒がれていますが、ダウ平均はいつの間にかほとんど「全戻し」を達成しているのです。

そして次に確認して欲しいのがドル円のチャートを示した「画像2」です。

「画像2」

画像

同じく年明けからジワジワと120円から下げていたドル円ですが、マイナス金利による金融緩和という例外を無視すれば、一直線に111円まで下っていることが分かります。

同じく2月15日に一旦の底打ちを示現し、115円間近まで復活していますが、その後はいまいちパッとしない動きを続けています。かたやダウ平均が1300ドル上昇を遂げているのに、もうかたや延々とレンジの範囲内……。

もう賢明な読者ならお分かりかと思います。

すでに高値にあるダウ平均が、再び大規模な下げを起こしたとき、果たしてドル円はこのボックスをキープすることが出来るのかという問題です。

おそらく待っているのは再び111円、いやその下かも知れません。それまでにドル円がどこまで戻せるか、どれだけ貯金を稼いでおけるかが、下値の目処を決定するのではないでしょうか。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

頭の重いドル円! 110円が最後の砦か

ドル円はとにかく頭の重い展開が続いています。

金曜の夜に高値張り付きで引けたことから、さすがに週をはさんだ月曜日でいったん緩むとは言え、114円台を日中は意識した動きになるだろうと思いきや、ひたすら怒涛の売り込み。東京時間だけで113円割れすらトライする勢いを見せる格好となりました。

しかも興味深いのがストップロスの誘発を起こした様子もなく、じりじりと100pps下げ続けたことです。これは興味深い現象で、普通ならばロングポジションの損切りによってどこかで「ズドン」とストップロスによる下げが起きるのが定石だからです。

おそらく金曜日の暴騰があった時点で、まったく買いが追従していなかったものだと思われます。あの上げはショートポジションの損切りによってのみ起きた現象で、お試し買いがまったく不在だったということでしょう。

お試し買いがない、つまり全くロングのたまらないドル円を見ていると、70〜80円台の懐かしい動きを思い出します。「なんでこんなに頭が重たいの?」、「なんでこんなに下げるの?」という感覚は久々ですね。

近々大きな上げがあるとは思っていましたが、逆にこのまま株安につられて一気に110円割れを起こしてしまうと、80円台を割り込んだ時みたく、容易に回復しない壁となってしまうかも知れません。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓