タグ別アーカイブ: ドル円

今週はいきなり雇用統計!ドル円にとっては勝負の週に

さすがにドル円は8連騰とはならず。ユーロドルなどドルストレートもまる1週間小幅ながら下げ続けていたことを考えれば、いったんの調整ムードも当然と言えるでしょう。

問題なのは参加プレイヤーがおらず値がスカスカなことで、動かないときは全く動かず、動き出すと一方通行で上にも下にも簡単に飛んでしまうことです

このところの上げは需給が一巡し、期末要因で輸出筋のドル売り円買いのターンから、これまで趨向を見極めていた輸入筋が一斉に動いたためと言われていますが、むしろそれよりも株高につられている側面の方が大きいでしょう。

筆者も相変わらず111円台をホールドしていますが、方向感の定まらない相場で下手に細かいトレードを続けると致命傷になりかねないので、冷静に火曜日以降の動きを見極めるつもりです

ただし、4月になるといきなり1日にNFP雇用統計が控えていることを受けて、前倒しで3月30日にADP民間雇用統計が発表されます(通常は翌月第1週の水曜日にADP、金曜日にNFP)。

したがって今週はその思惑と結果でかなりタイトな動きになることは予想がつきます。ADPの予想は19.5、本家雇用統計の予想は20.8となっていることから、米国経済の伸びがここ数ヶ月同様に順調なであれば、まずポジティブな形でクリアできるだろうと思われます。

しかし、仮に予想を下回ってしまった場合、徐々に市場に浸透しつつある「4月利上げ説」に水を差す結果となってしまうため、ドル円の動向を見極めるうえで今週の動きは相当に重要だと言えるでしょう。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

欧米市場は4日間の休場へ! ドル円も『休むも相場』入りか

ダウ先物が100ドル超の下落から一転して30ドル超プラスの切り替えしとなると、ドル円は一気に東京市場で113.30円を超えました。その後は利食い売りや欧米市場が金曜日から土日を挟んだ4日間の休暇で閑散相場ということもあり、一度は112.9割れを起こしたものの、再び113円に戻すなど、改めて株高を背景とした力強さを見せています。

とはいえ、ドル円はほとんど動きを見せておらず、ほとんど心肺停止している状況となっています。こうした時に下手に新規ポジショをとったり、スキャルピングで小銭を稼ごうとすると、ほぼ即死する(逆行したまま帰ってこない・往復ビンタを食らう)パターンがほとんどなので、無視して相場から離れるのが吉でしょう。「休むも相場」とはまさにこのことです。

ところで、今回のようにどこかの市場が休場しているならともかく、そうでないごく普通の日に、「休んだ方がいい相場」なのか、「参加するべき相場」なのかを判別することはなかなか難しいのが正直なところです。

例えば20pp程度のレンジ相場を形成しようとしているのか、レンジブレイクを狙っているのか、筆者も未だに区別がつかないこともあり、結果として全然動いていない日に大きくヤラれてしまうこともしばしばあります。15分足以上のチャートをみて、しっかり方向性があるかどうかを確認してから入るようには心がけたいところですね。

しかし、こうして素直にダウと相関している状況を見るにつけ、考えれば考えるほどこの間の世界の市場動向を完全に無視した株安・円高が何だったのか気にかかるところです。1年に数回こういった謎の動きをドル円は見せることがあるので、例外で片づけてしまえば済む話なのですが……。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

早速リバウンド開始したドル円! どこまでこの流れは続く?

やはりと言うべきか、予想通りドル円は下がダメならと言わんばかりに上値を試す動きへとなっています。しかし、株が好調だった日にはブリュッセルでのテロ、FRB高官や連銀総裁が相次いで4月利上げを示唆したかと思いきやダウが調整ムード突入電流など、どうにも恵まれていないのが現状です。

このままダウが本格調整に入ってしまうとどうしようもありませんが、ひとまず一度は113円を突破しかけた(112.9をタッチ)したことから、小幅下落にとどまっている現段階では113円突破も時間の問題でしょう。

以前お伝えした通り、「株が安定しているうちにどこまでお釣りを作っておけるか」が今年のドル円のテーマであるだけに、ある程度上がったら筆者も再度売り込んでみるつもりです

とはいえ年初から10円超の下落幅を記録したとあっては、昨年の流れに従うと残りの9ヶ月間はその消化試合となるだけの可能性も否定できず、はたしてリバウンドで上げたあとに何が待ち構えているのか、筆者も予測がつかないのが正直な感想です

戦略としては前回お伝えしたとおり、3月FOMCを帳消しにする地点の113.75にお釣りを乗せた114円越え狙いでいいでしょう。ただその後はいったんそこでポジションを解消し、様子をうかがいたいところです。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

そろそろ動意づく? ドル円の戻しに期待できる土壌が形成される

111円台に暴落を起こしてから、というよりも3月に入ってからドル円は渚のような状態が続いています。1月2月とあれほどコンスタントに一本調子で下落を続けたことを考えれば、一旦の踊り場もしくは底入れとなるのも無理はないでしょう。

さて、前回はダウが一週間連騰し続けていることをもって、「下落し始めると恐ろしいことになる」とお伝えしました。しかし、ここ数日市場にやたらと楽観ムードが漂い始めていることも確かです。

年初の下げを帳消しにするどころか最高値すら射程圏内に入る「倍返し」も狙えるとする見方も出てくる始末で、その熱狂ぶりは21日(現地時間)に筋金入りのハト派で知られるロックハート総裁が「利上げは早ければ4月のFOMCで正当化できる」と発言したという事実に尽きるでしょう。

つまり市場の雰囲気的には、現状の保ち合いから溜まったマグマがいったん上に抜けてもおかしくない土壌が整いつつあります

というわけで筆者も久々にロングポジションを111.3で構築してみました。ターゲットは前回トライに失敗した113.75超えです。ショートポジションが相当溜まっているはずなので、一旦112.5くらいまで行ってしまえば、彼らのロスカットを燃料に数日大きな陽線を形成することは容易だと思われます。

ただ怖いのは、毎回お伝えしているとおり目下の「株の上げ過ぎ」です。ドル円の暴騰が早いか、ダウの調整が早いか、ここから先は運否天賦といったところでしょうか。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

110円に再び突入したドル円!もはやダウの連騰だけが頼みの綱に

予想通り現状維持となったFOMCを100pps落ちで通過したドル円ですが、問題なのはその後でした。東京時間の後場でいきなり112.70台からノンストップで11円台まで暴落すると、さらにこの勢いは海外時間に入ってもとまらず110.7までストップロスを巻き込みながら下落の連鎖を続けることになりました。

注目すべきなのはダウ先物・中国株・原油・ユーロドルというドル円・日経の下げ要因として理由にされてきた要素が全く動いていなかった事実でしょう。中国株に至っては上昇すらしている始末で、市場が世界的には平穏ムードであるのはVIX(恐怖指数)が下落していることからも明らかでした。

それだけに何故ドル円と日経にここまでの狂気じみた怒涛の売りが持ち込まれたのか、市場も理解不能だったのではないでしょうか。逆に言えば、理由なくてもHFが本気を出せばこれだけ相場を動かせてしまうという事実を思い知るいいきっかけになったと言うべきでしょう。

そして金曜日になってもダウが好調のなか、相変わらずドル円は現時点で111.5をウロウロと頭の重い動きを続けています。

110円台でこれだけ介入じみた買いが複数回入ったことを考えると、これ以上の下攻めは流石にいったん落ち着いて反発を期待する上目線になるかと思いますが、これでお伝えしてきたように、相変わらずダウの不気味なまでの連騰が気になります。

いずれどこかで調整があることは間違いなく、この時ドル円が果たして耐えられるのかどうか…もし111円台にいた日には110円を割るなんてこともあるかも知れません。 (執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓