タグ別アーカイブ: テクニカル

強い人が使うシンプルなテクニカルその2「ななめ線」の呪縛を解く

多くの人が、ちゃんと教えてもらう機会を逃したまま、迷信を信じているのがFXの世界なのかもしれません。

今回は、強い人もよく使っている線のうち、ななめの線です。裁量トレードの先輩たちは、どう使っているのでしょうか?

チャネルという線がセットになったもの、そして、トレンドライン。この2種類におおざっぱに分けてみます。

チャネル


MT4に「チャネル」というメニューがあります。私が見たことあるのは、フィボナッチと平行チャネルというもの。個人トレーダー同士のつきあいの中では、他を使っているのは見たことがないです。

何本かの平行線のセットを好きな角度に配置して出来上がり。

線の間の幅は、そのあたりの参加者が作っているエネルギーを見れます。線どうしが狭いなら、パワーを貯めているのかも。また、この幅がエントリー位置やストップ位置のめやすになります。通貨ペアによって幅もまちまち。

そして、角度では一応のトレンドのようなものが把握できます。

ここで、「そのあたり」とか「一応の」と表現するのは、見かたに絶対がないからです。EAを組むのでなければ、人間同士(+アルゴ)の戦いなので、右脳的な「だいたいこのくらいの強さ」というセンスの必要性が出てくるのです。

「この線にぶつかったら逆張りするぞ」といった考え方にも正解がありません。自分の得意なルールを見つければ良いのです

線の本数はどうか、間隔は等間隔かフィボナッチの間隔か、などなど試行錯誤してみましょう。線を引く際、ローソク足のヒゲを無視するかどうかも好みです。

トレンドライン

私はNTAA認定テクニカルアナリストの勉強で、はじめてしっかり学びました。しかしこれ……株の資格なんですよね。FXは株のように現物を買うトレードではないので、このままでは使えません。

引くときは高値もしくは安値を結んでいけば良いのですが、レートが跳ね返るのって、2,3回じゃないでしょうか?なので押し目と戻りの目安として使えるかどうか微妙です。

何度か線が破られて、ファンラインになったときに「これは勢いがあるな」と判断するくらいで、私も最近は使っていません。ファンラインは、切り上げ、切り下げのたびに線を引いていくと扇(ファン)のようになる複数の線です。

解くべき呪縛まとめ

それでは、解くべき呪縛を並べておきます。

・引く場所に神経質にならなくて良い
・本数が多いと目の錯覚を起こすので注意
・正解などない
・自分の得意な線をトレード日誌で探せばよい
・株と違い、線に触った地点で必ず買われるとも限らない
・同じく、線に触った地点で必ず売られるとも限らない
・トレンドに逆らうな、も基本は株での話

トレードはカンファタブルに行えという教えもあります。他人が言い張っているルールに縛られて、不安な気持ちを抱えてしまい、自分だけのエッジを見失わないようにしたいものですね。(執筆者:鈴木 マリア)

情けない検索ワード「FX 勝ち方」で検索してわかった強い人のテクニカルBEST3

それでは最初にBEST3を発表してしまいます。

1位 水平の線
2位 斜めの線
3位 移動平均線

以上です。はい、つまらないですねー!!!

以前、思うように利益が出せず悩んでいました。ここはひとつ、なりふり構わず勝ち方を検索しようと、数か月間調べ続けたのが2013年でした。「FX 勝ち方」で検索するなんて、FX歴数年になる身ではとても恥ずかしかったのを覚えています。

(もちろん、自室でPCに向かっているので誰も見ていなかったのですが)

その後もちょくちょく上記のように、どストレートな検索語で探し、初心を忘れないようにしています。変なサイトをスルーする能力も磨きました。

以前から、日本では勝ち方と言えば「テクニカル分析」とか「インジケーター」とか、なんだかカッコいい理数系っぽいものを使って颯爽とキーボードを叩き、瞬時に億超え、みたいなイメージが蔓延していました。

が、検索しまくった結果、生き残っている人の多くが上に書いたBEST3のどれかを使っていると結論できたのです。あっけにとられるほどシンプルですよね。さて、それぞれの使い方ですが、

・水平線 市場参加者が意識するレートが後で意味を持つので印をつけるため
・斜めの線 ペナント、ヘッド&ショルダーなどを形作る幅(ボリューム)を目視するため、目の錯覚によるチャート判断のミスをなくすため
・移動平均線 自分のポジションの均衡点を意識し資金管理をするため、市場参加者のコストを目視するため

こんなところです。特に水平線は、「それだけ使っているぞ! 他のゴチャゴチャしたテクニカルなんて邪魔だ!」と熱く語る人もいるほど。私も、市場参加者の心理がどうしても理解できなかったのですが、水平線を勉強したおかげで苦手を克服できました。

次回からもう少し詳しくお話します。よろしければ次回もお付き合いください。(執筆者 鈴木マリア)

オシレーターは逆張り?順張り?「RSI考察」

オシレーター系テクニカルで人気のあるものに、RSIがありますね。さて逆張り用でしょうか順張り用でしょうか?

結論を言ってしまえば「使い方は人それぞれ」になってしまいますが、いちおう考察もしてみましょう。RSIの計算式をざっくり説明しますと、

一定期間の上昇幅の合計/同じ期間の上昇幅と下落幅の合計

これに100を乗ずるとパーセンテージが出ます。

ということは、「この期間の値動き幅のなかで、上昇幅は何割かな?」がわかるのですね。主語が「上昇」となっている点が他のオシレーターとの違いです。RSIは100%に近いほど(値が上に来るほど)相場が加熱し買われているのを意味します。教科書的には「レンジ相場のとき逆張りに使う」もの。

しかし面白いことに「過熱」に着目し、順張りに使う人が居るのです。「強いんだから買っていこう」というわけです。面白いですよね!

今回は、YJFX!さんのブラウザ版チャート「Exチャート」を開いてみましょう。使えるインジケーターが各段に増えて便利になりました。図は、ドル円の5分足です。

このチャートのRSI(9)が70%を超えたところに黄色いチェックを入れてみました。順張りだからここで買うのでしょう。良さそうにみえますね!

そこで、ドル円5分足の1月20日の14時から21日の14時までのチャートで数えてみました。エントリーした後、1時間待つことにします。そして、10pips取れたら勝ちで、1時間後にマイナスなら負けと数えます。ごく単純なこのルールでみたところ、勝率はほぼ50%になりました。しかし、移動平均線よりもレートが上にある時だけ「買い」などの絞り込みをしたところ、若干勝率が上がりました。

ですので、RSIを使っての順張りにこだわるなら、長期のトレンドをフォローしたうえで、エントリーに自信を持つ根拠として使えそうです。また、RSIの強弱を見ながらエグジットのタイミングも計れそうですね。

教科書どおりの逆張りの場合も、他のテクニカルを使ってレンジであるかどうか決めたほうが良さそうです。

「これで勝てる!」という話でなくて恐縮ですが、ルール作りのヒントにしていただければ幸いです。(執筆者:鈴木 マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

時にはテクニカルも役に立つ? 余りにも下落ペースが速すぎるドル円

テクニカルを筆者はあまり信用していません。後付けでなんとでも説明が出来るからです。

しかし、足ボリンジャーバンド(通称:ボリバン)で-2αを突破し、-3αにまでタッチせんとする勢いを見てしまっては否が応でも買わざるを得ないでしょう。-2αを割り込む確率は5%、-3αまで到達する確率は1%と言われています。

1月11日のドル円は、東京市場が成人の日で休日扱いであるのにもかかわらず、朝から116.7まで下げました。

しかし、その後中国の元/ドルレート基準値が発表されるやいなや、雇用統計ばりの大盛り上がりをみせる上へ下への大騒動。一気に117.4まで上昇、その後再び116円台へ再突入するという、非常にトリッキーな動きを見せていましたが、欧州時間に入ると一挙に文字通り「カチ上げ」という表現がふさわしいかのような暴騰となり、ストップロスをみへながら一気に118円へまでノンストップとなりました。

今回ばかりは、いつもお伝えしている通り、安値引けからの土日を挟んだ月曜朝一買いでしっかり獲った方も多いのではないでしょうか。

中長期では下目線で問題ないかと思いますが、年明けからの暴落続きは明らかに「やりすぎ」の域です。そろそろ底ショーターをあぶり出すようなエグい上げがあってもおかしくはありません。追加ショートを決めるのはそのあとでも遅くはないでしょう。なにせ1月はまだ上旬です。仮にこのペースの下落が続けば、半年後には100円割れとなってしまいますよ。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

FXではどちらが大事? ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

FXでは、「ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどっちが大事なのか?」なんていう話題がよく出てきます。

ファンダメンタルズ分析というのは、各国の金融政策だとか経済状況だとかをベースにして、理論的にどういうレートになるはずだと分析する方法。それに対してテクニカル分析は、過去のチャート形状などを分析することを通じて、将来のレートを予測していく方法。

一概にどちらが正しくて、どちらが間違っているというものではないですが、これについて僕の考え方をまとめてみます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、どっちが大事?

まず大前提ですが、レートは買う人が多ければ上がるし、売る人が多ければ下がっていきます。そして、この売り買いをする人たちを、ザックリと2つに色分けしてみます。1つが実需筋、もう1つが投機筋です。

実需筋というのは貿易の決済などで実際に「必要なので」為替取引をする人たち。そして、投機筋というのは「必要はないけれど、儲けるために」為替取引をする人たち。僕たちも一応、後者になりますね。

FX取引のうち8割は投機筋のものとも言われているようですが、この大部分を占める取引は反対決済で儲けるのが目的なので、最終的にはポジションは解消されるのが基本です。逆に、実需筋は為替取引をしても反対決済をする必要はありません。投機筋の取引は最終的にはフラットになるのに対して、実需筋の取引は積みあがっていきます。

この積みあがっていく取引が大きなトレンドを作っていると、僕は考えています。そして、ファンダメンタルズ分析によって理論的なレートが出せるのだとすれば、実需筋の取引によってジワジワそれに近づいていく、というイメージを持っています。

投機筋の取引はこの流れを軸にしながらも、儲けるために取引をしているわけです。結果的に、理論的なレートを先回りしようとした動きにつながったり、それを行き過ぎることもよくありますよね。

投機筋がレートを歪めてしまうので、ファンダメンタルズ分析だけで取引をすることは難しいです。しかし、多くの人がこれを先回りしようとするなど、意識をして取引をするわけで、彼らの取引行動の思惑を想像するためには、やっぱり無視するわけにはいかないわけです。

一方で、テクニカル分析とはどうでしょうか。これについては、一種のお作法のようなものだと考えています。つまり、市場に参加している人たちの共通認識、いわば常識というようなものです。

例えば、大きなトレンドが起こったあとに調整の局面がきて、「もうすぐ200日移動平均線に当たるぞ!」というようなときに、それを見ていない人はほとんどいないでしょう。また、レンジ相場が続いている状況のなかで、その上下の水平ラインを意識していない人はほとんどいないでしょう。

トレーダーたちの思惑がベクトルだとしたら、テクニカル分析というのはそのベクトルの下にあるフィールドのようなもの。誰もが意識しているテクニカル分析であるからこそ、そこが相場における重要なポイントになりえるんだと思います。

逆に言うと、多くの人が意識しているからこそフィールドになるわけであって、マニアックな少数の人間しか意識していないテクニカル分析というのは、あまり有効ではないでしょう。

「どういうフィールド上で、どういうベクトルが起こるのか」という2つの側面から相場のシナリオを考えて、それに沿った取引をしていくというのが私のスタイルです。なので、結論としては、ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析も、両方とも大事だということになりますね。

FXの答えは、レートが上がるか下がるかという2つに1つ、とてもシンプルです。ですが、この答えにつながるまでの過程はとても複雑。「この分析が絶対正しい!」というのではなく、いろいろな側面から総合的に分析できるようになることで、答えに少しずつ近づいていけるようになるでしょう。(執筆者:貝田 凡太)