タグ別アーカイブ: ツイッター

ドデカいネタに飛び乗る時のコツや注意点とは?

以前、ドデカいネタに飛び乗ることが大切だと言うお話をしましたが、今回はどうやって飛び乗るのか? また注意点は何なのか? という点に絞って語ってみようと思います。

まず、これは専業か暇な職業でもないとチェックが難しいですが、最も情報が早いのは2ちゃんねるツイッターです

ツイッターは市場関係者や「株芸人」といったようなタイトルで作成されているリストをフォローし、2ちゃんねるは市況2板の「新ドル円スレ」をチェックしておけば、動きがあった瞬間に活況となり皆が一斉に情報探しに躍起となるため、速報性という点では他を圧倒します。

また、新ドル円スレに関しては、値動きによって盛り上がりが全く違いますし、大体常に現在のレートが書き込まれたり、重要指標や要人発言、ニュース、大口オーダーのデータが掲載されているため、ひと目みるだけで現在の市況がどのような状態か分かって大変便利です。

注意点は、必ず深追いしないことです。

事件が発生した直後は、それが最終的に全戻しするか、そのまま底なし沼となるかは分かりません。しかし、初動-リバウンド-第二波だけは、どんなネタであろうが、大きな値動きの場合は共通して起こります。

したがって、初動を見逃した場合は、決して焦らずリバウンドか第二波に乗りましょう。基本的にターニングポイントではそれまで勢い良く上がっていた/落下していた値動きが止まります。そこで大人しく一端は引き上げてください。第二波が落ち着く頃には、ネタの全貌が上がっているはずなので、そこでその後どうするか処遇を決めるといいでしょう。(執筆者:大島 正宏)

私がチェックしているFXトレーダーとアナリスト一覧 このツイッターアカウントをフォローせよ

 私は基本的にツイッターでトレーダーをチェックしているのですが、FXトレーダーは1人です。それはこの方です。

JFX代表の小林芳彦氏(@JFXKobayashi)

 しかし、残念ながらトレードの参考にはなりません(笑)。本人もリアルタイムトレードをやってはいるようですが、言うほど利益を出せてはいませんし、ツイッターの後追いだけでは赤字でしょう。

 しかし、その他の自称カリスマトレーダーと違って、不必要に大きく見せないところは好感がもてますし、エントリーが後出しでないところもいいですね。嘘八百を並べたてて大きく見せる輩がいるなかで重要な存在です。FXでは、変なセミナー屋をチェックするよりも、こんな奴もいるんだ(笑)くらいの人の方が、よほど精神的にもいいですし、時には反面教師、時にはライバルとして、良い勉強になりますよ。

 一方で市況感を養うにはFXトレーダーではなく、アナリストかそれに近いことを生業にしている人がいいでしょう。

ののわけーざい(@nonowa_keizai)さん
本石町日記(@hongokucho)さん

こちらのお二人は市場分析がメインなのでとても役に立ちます。

 また、株のことを知りたいのであれば

2525ディーラー(@newjk2525)さん

 がおススメかもしれません。ボジショントークは目立ちますが、この人も後出しはしないので安心です。

 彼ら3人はブルームバーグの日本公式のお墨付きとししてブルームバーグの電光掲示板にも流れてくるそうなので、信用力や影響力ともに重大な存在だと言えるでしょう。

 ツイッターではこのほか

SBI証券のSBIリクイディティマーケット(@SBILM)さん

 をフォローしておけば、日本語の情報は彼らで全て事足りるのではないでしょうか。

 さらには、グローバルインフォ和田 仁志氏のコラムも、景況感や市場の数値分析を行う上で役に立ちます。


 このように、誰の予想に乗るかではなく、誰の話が信用に足るか、で私は注目しています。いざという時、情報源として役に立つのはほかでもない彼らだからです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓