タグ別アーカイブ: チャンス

120円を再び突破してきたドル円!こういう時の戦略は

ドラギ総裁が追加緩和を仄めかしたせいで、ユーロは300pp下落、決め手なく119円台ミドルをうろついていたドル円も一転して120円台後半へと力強く100ppの上昇を遂げました。

しかし、いつも言っていますが、こういう時こそ大きく儲けるチャンスです。以前はボラティリティが薄い時の話をお伝えしましたが、今回はその逆、凄まじいボラティリティを見せ、夜間に上げるだけ上げた時の儲け方を伝授したいと思います。

まず、基本的に上げるだけ上げた直後の動きは2つに集約されます。1つはストップロスをつけて更に上げるか、もう1つは防戦売りで反落するかです。当たり前のようなことを言っていると思われるかも知れませんが、どちらかでなければ必ずどちらか、つまり高値で延々と揉み合うことはまずありません。したがって、片方の選択肢が消せれば、必然的に消去法でもう片方の選択肢となるわけです。

そこに来て、23日朝東京時間オープン前のドル円をみてみると、120.9円前後で揉み合いを続けたあと、121円台をタッチせんとばかりの勢いでした。しかし、日経平均先物をみると、確かに夜間では大きく上げたものの、オープン前はむしろ利益確定売りが目立つ状況でした。そして、ドル円は120.97をつけたものの、121円突破に失敗、さらにユーロドルは反転しようかという勢いを見せていました。これをみて筆者は迷わず売りました。

株やドルストレートの勢いが続かなければ、ここからドル円をさらに買い上げる力はないと判断したからです。となれば、先ほどの消去法で、高値圏では下がるだけ。これまでもお伝えしているように、ドル円が主役となって相場全体を動かすことは滅多にありません。つまり、株やドルストレートの動きを見ていれば、短期的なドル円の動きは手に取るように分かります。そして予想通り、午前中に120.6までドル円は反落、見事25ppほどの利確に成功しました。

このテクニックは、.50や.00という節目、そして夜間に上げるだけ上げた時にしか使えません。また、今回は下がりましたが、上げるだけ上げて日経も現物でさらに上げそうな雰囲気が出ている時は、当然節目ブレイクを狙って、さらに上値追いふる必要があります。しかし、分かりやすい局面ではあるので、皆さんも同じような状況にハマったらぜひ積極的に狙ってみてください。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

値動きが粗い時こそ、売買チャンスがある!

為替市場のみならず、株式市場も8/21の大幅な相場下落から始まり、8/25にはさらなる急激な下落をしており、値動きが粗いのでなかなか手を出せていない人が多いと思います。状況としては、アメリカの利上げ問題、中国の問題が依然としてネックとなっており相場が安定するまでに相当な時間がかかりそうな気配です。

しかし、このような値動きが粗い時こそ売買チャンスがあり、上手く波を読むことで利益を出す事が出来ます

ロングポジションを持たず短期売買をする

値動きが粗い時期にロングポジションを持つことはおすすめ出来ません。資金に余裕がある方は別ですが、それ以外の場合は気づいた時にはロスカットになっていた、ということが起こりうるからです。実際に8/25はドル/円が一時6円程円高に振れていました。

しかし、よくよくチャートを見ると、6円円高に振れてから4円円高まで戻るなど振れ幅が大きいことがわかります。ということは、チャートを見ながら分単位の売買により利益は狙いやすいということになります。

特に今の相場は、急激に一方の方向に動く事が多いので、読みやすくもなっています。ただし、利確のポイントはあらかじめ決めておくことをおすすめします。

ファンダメンタルズよりもチャート分析を活用しよう

短期売買の場合はもちろんですが、現在の市況は方向性がある程度決まっているのでチャート分析による商いを活用しましょう。普段と比べてチャートも流れが出やすく、かつ読みやすくなっているので上手く買いポイント、利確ポイントを見つけやすくなっています。

現在の相場は、投資家にとってはある意味大きく利益を狙える時期だと思います。ただし、ミスをすると大損に繋がるのであまりロングで持たず、損切りポイントも早めに見極めることが重要です。(執筆者:山本 健吾)

材料のないときだってチャンス! こういう時こそ逆張り

ドル円は急激に値を下げ、122円半ばまで下落しました。特に懸念材料がない中での閑散とした相場のなかで、大口のストップロスを狩りにいった可能性が大ですが、それにしても材料のない中で値をジリジリ下げるという状況自体が、下値を支えるビッドの薄さと、上値の重さを図らずも証明してしまっているとも言えます。

しかしこういう時こそ、.50や.00といった節目では逆張りをしたいもの。材料がなければ100ppも200ppも一方的な下落が続くことはまずありません。少なくとも一端の反発は期待してもいいでしょう。

理由は実にシンプルです。誰も「そこまで落ちると思っていないから」です。ニュースがない中では、誰も危機に備えていません。ですから誰もがオーダーは置きっぱなし。その結果、.50や.00という節目では、初動は大抵分厚いオーダーに買い支えられる/売り浴びせられることとなります

このように以前、「ドデカイ材料が出た時こそチャンス」と述べましたが、「何も材料がないのに大きく動いている時もチャンス」です。

例えば、今回奇しくも122.45が先日の「黒田ショック」で大きく売り込まれた下値となります。かなり意識されているポイントなので、ここを割れば当然大きく下に走ることは間違いありませんが、割ってモメンタムが落ち着いたところですぐに買い戻してみてください。初動はあっという間に50付近に戻るはずですよ。(執筆者:大島 正宏)

日本の景気に暗雲? そんな時こそ儲けるチャンス!

 今回発表された日銀短観に、「やはり…」という思いを抱いた方も多いのではないかと思います。個人消費が低迷、輸出の伸びが緩慢であることに加え、景気の先行き見通しもアナリストの予想より悪化していたことが明らかとなりました。さらに、これ以上緩和を一層強めることも、円安の動向を考えれば出来ない日銀の思惑も見透かされ、日経平均は一時的に200円超も下落しました。

 と同時にダウの先物市場も同時崩壊。前日に大幅下落を起こしてからのさらなる下落に、いよいよ世界経済に暗雲が立ち込めています。そんな動向を受け、ドル円もストップロスを巻き込んで、119.40台まで「ナイアガラ」を起こしました。

 120円台より上が非常に重くなっている(売り注文を出したい向きの買いポジションが上で大量に捕まっている)一方で、下方向への思い切った落ち方を見るにつけ、おそらく落ちるときは相当一気に落ちるのではないか、と予測しています。

 もちろん、こういう時こそ、FXでは儲けどころ。株価が下落しているさなかで(つまり上がる要因が排除されている状況下で)、FXで売りたい通貨が最安値更新のトライを行っているようであれば、流れにのって売ってみるだけで、大きく底が抜けて(ロングポジションのショートカバーが発生する)儲かってしまうパターンは最早お決まりです。

 また、底が抜けてから(1分足のローソクが直近の幅を更新するような大きさであるかどうかは参考になるでしょう)の反発局面でも、大きなリバウンドが期待できます。逆に、反発がストップロスを呼び、今度は上がりすぎてしまったような局面でも(2014年4月1日・午後7時現在:朝119.40まで下がったドル円は120.20です)、株が下がっていれば上がり続ける理由はないわけですから、当然逆張りで売ってみてもイケます。とにかく、こういう一方通行の激しい動きをする相場は何でもイケるんです!

 何度も言っていますが、大きな流れの中では、個人投資家の一挙一動などなんの影響も与えません。自由に、そして大胆に、波に乗って儲けましょう! ただし、利食いはお早めに。(執筆者:大島 正宏)