タグ別アーカイブ: スワップ

長期投資の魅力、長い目ではどちらにつくのが得策か?

FXで大きく勝つために、みなさん様々な努力をなさっているかと思います。しかし、もし何の勉強も要らず、ただ数回のエントリーで素晴らしい収益を上げる方法があったら? それが長期投資です。

長期投資と言われると、スワップ生活を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、ここ5-6年間、年末に愚直に豪ドルを10ロットずつ買い続けた場合、平均取得単価は80円程度(現在は91.8円)で、スワップだけで数百万円の利益になるというデータも出ています。しかし、高スワップ通貨は、変動が激しいからこそ、高スワップ通貨なのです。予想外の暴落にも耐えられるような、潤沢な証拠金を積み上げることが出来ればいいですが、みなが出来るわけでもありません。

しかし、余りにも高すぎる、安すぎる、と世間が騒ぎたてているところで、ただ1度売ってみる/買ってみる(要するに「逆張り」)というプランはどうでしょうか。これが意外とうまく行くのです。短期的にはもちろん、更にそこから数百ppは逆行するかも知れません。

ただし、所詮数百ppです。例えば、10枚(ロット)なら仮にドル円で10円逆行されたところで-100万です。ユーロ円や豪円などの合成通貨ならいざ知らず、ドル円などの基軸通貨で介入が取沙汰されるような地点から、1000ppも短期間で逆行するなどということはまず起こらないでしょう。

例えば、1ドル80円時代を思い返してみると、もう下がらないだろうと言われ続け、ドル円は75円まで下がりりましたが、結局は1年半近くの70円台時代を過ごした後、ごらんの通り、現在は120円まで上がっているわけです。

たった10枚建てていても、節目の100円達成時点で、250万、20枚で500万の利益を得た計算となります。たった1度のエントリーで、です。下はせいぜい5-10円、上は青天井…そんな時、デイトレーダーや短中期で回転させるならいざ知らず、目先の利益に追われてトレンドに突っ込んでいくのは愚の骨頂だと思っています。

さて翻って現状を見たとき、今は1ドル123円です。125円で何らかの介入があるのではないか、と議論されている今、はたして買いで入るのが得策だと言えるでしょうか。ここから20円上がれば143円という未曽有の領域ですが、20円落ちても、100円すら切らないという水準です。1度ここでエントリーして、気長に待っておくと、意外と数年後凄まじいボーナスになって還ってくるかも知れませんよ。(執筆者:大島 正宏)

日本人にもっとも馴染みの少ない魅力的通貨・南アランド

国内で南アランド円の取引ができる店頭FX業者は実に30社以上に上っていますが、日常的に南アランドの状況が市場で語られることはきわめて少なく、個人投資家も南アランドが資源国通貨であることと金利が5.75%と高くスワップ狙いには有利な通貨であることぐらいしか知られていないのが実情です。しかし世界的な低金利時代の今、この通貨に注目が集まるのにはわけがあります。

圧倒的にコストが安く金利が高いのが最大の魅力

ドル円相場の上昇でいまやドル円1万通貨を売買しようと思えば5万円の証拠金が必要となるのですが、ランド円は1ランド10円以下を推移していますのでスプレッド分を含めても1万通貨で5000円とドル円の10分の1のコストで売買できるのは大きな魅力です。しかもスワップポイントはYJFX!あたりの高いところならオーバーナイトで16円つきますからスワップだけ考えてもかなり効率のいい売買になるのです。

ここ6~7年のZAR円のレベルは7.7円~17.8円

南アランド円はこの数年10円をはさんで上下する展開となっています。大きく上がるわけでもなければ下押しするわけでもないのですが、それでも10円で買って8円を割れば2割が無くなってしまいますし、そもそも実需に基づく流動性の高い通貨ではありませんので米国の利上げなどが進めば急激に値を下げたまま戻らないというリスクについては常に意識しておく必要があります。

実際2009年にも何が理由かわからないままに1日で11.5円が8.5円付近まで下落しドル円なら30円規模の大暴落を簡単に引き起こしています。しかもその理由がリアルタイムでは良くわからないわけですからトレーダーの精神衛生上はかなり厳しい通貨ペアであるとも言えるのです。

類稀なる資源国

南アフリカは鉱物資源に恵まれた国で、世界で採取される金のおよそ50%は南アフリカ産です。その他にもダイヤモンド、プラチナ、レアメタルなどの天然資源が豊富に埋蔵されるためまさに資源国通貨なのです。南アフリカの経済規模は、名目GDPは世界第30位(2014年)で日本の15分の1程度のGDP規模です。

したがって鉱物資源の取引をめぐってはドルベースでの取引には実需による流動性があることは確実です。しかし対円ではほとんどボリュームがないのが実情でスワップ狙いでは買いのポジションしかないことを忘れてはなりません。また金価格の下落にももっとも影響を受ける通貨で、リスクはさまざまなところからやってきます。

大きく下落したときが買いの最大のポイント

南アフリカは政情不安もあり、新興国ならではのリスクも満載で、しかも日本にいるとほとんど日常的に経済・政治情報が入らない国のひとつですが、ドルインデックスが上昇してドルが続伸すると必ず下げる通貨であり、ドル南アランドで見ると結構わかりやすい通貨ペアでもあります。

したがってねらい目は大きく下げたときで、スワップ狙いで長く持つならそうしたタイミングは絶好の買い場として狙えそうです。(執筆者:坂本 博)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

くりっく365にトルコリラ円登場 でも買うのは一拍待ってからがお勧め

スワップ金利のしっかりとれる通貨ペアが減少していることから、くりっく365ではトルコリラ円の上場を5月11日からとすることを発表しており、取引所FX各社も大々的にトルコリラ円の扱いを告知しはじめています。


≪画像元:くりっく365 http://www.click365.jp/sp/try_pro001.shtml≫

たしかに政策金利は抜群の高さですが、スワップだけでは語れない様々な事情を抱えているのもまた事実です。

だいたいこの手のローンチは当初ご祝儀相場となるものですが、トルコリラについては対円でもかなり落ち着いて様子を見ながらのエントリーが必要となるため、とにかくいきなり買わないのがなんといってもお勧めとなります

意外に政情不安たっぷりのトルコ

トルコリラの扱い開始でトルコのGDPなどがやたらと訴求されていますが、昨年8月に初の国民投票で大統領のエルドアンは予想に反して非民主的で、メディアを制圧し、抗議者は一斉に逮捕したの加え中央銀行にも猛烈なプレッシャーをかけており、この6月には議会選挙を控えていますので、その結果次第ではさらに大きく売られる可能性が高いのです。

今年に入ってからも下げ基調で、レベル感で買うとスワップ分を相場の価格が相殺して損失を増やすことになりかねません。

トルコリラドルでみていても1日に動く幅が広く流動性も少ないので、一端売りたいと思っても思うような値で売ることもできない結構扱いにくい通貨ですから、あくまでこの通貨ペアの動きになれるとともに、欧州のメディアの情報をダイレクトに読み込んでいち早く政治的、経済的情報をキャッチできないと結構失敗しやすい通貨ペアになる可能性があります。

とくに大きなレバレッジでの取りひきはそれ自体がはらはらどきどきになりますので、その設定についてもかなり慎重な対応が必要です。

お勧めは暴落直後に買いを入れることです。

下落から元に戻るまでじっくり持てば為替リスクも逓減し、しかも毎日スワップポイントをしっかりとることも可能です。またスワップポイント自体も店頭業者とよく比較してからくりっく365にすることが重要です。 (執筆者:坂本 博)

スワップ生活は可能なのか計算してみた

 私は、これまでFXを長くやってきましたが、スワップというものを気にしたことが一度もありませんでした。スワップで生活していけるか考えてみたいと思います。

 スワップというのは、ご存知の通り2つの通貨の金利差を調整したもので、金利の安い通貨を売った場合は、その金利差分をスワップという形で受け取る事ができます。しかし、逆に金利が高い通貨を売って、金利の安い通貨を買った場合は、スワップを払わなくてはいけなくなります。

 私が使っている会社のスワップのページを見てみたところ一番高いのが、NZD/JPYで90円、2番目がAUD/JPYで60円でした。もっと高いスワップをつけているのもあるのですが、マイナー通貨のためここではやめておきます。

 NZD/JPYで今回は考えたいと思います。この90円を得るには、1万通貨を朝のメンテナンス時点でもっておく必要があります。サラリーマンの平均年収が400万ぐらいといわれておりますので、毎月30万円程度スワップで稼ぐには、土日もありますので1日1万5000円稼がないといけません。

 90円稼ぐために、3万円の原資がいるので、計算すると

{1万5000円(1日の目標)÷90円(1枚のスワップ)×3万円(1枚NZD/JPYを購入するのにかかる額)}=500万円

 と言う事になりました。

 500万円ぽっきりですと、すぐにロスカットされますし、166万通貨のNZD/JPYが変動するリスクも考えると1000万円では怖いので、2000万円ぐらい口座に入れておかないといけませんね。

 しかし、2000万円入れると毎日安定して、1万5000円のスワップが入ってくると計算できるわけで、日本の銀行に普通預金で預けておくより何百倍もいいですね。しかし、これは為替が変動せずに、さらにスワップが毎日安定して90円という仮定で計算していますので、現実はこんなに甘くないのは、FXしてる人ならわかりますよね。(執筆者:登 泰平)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓