タグ別アーカイブ: システムトレード

裁量トレードは「最良」トレードか

トレーダーなら誰しも一度は、裁量トレードに憧れを持ったことがあるのではないでしょうか。相場の値動きに臨機応変に対応してエントリーし、引き際を見逃さずにしっかり利益を確保する。

まるでベテランの漁師が潮目を見極めるかのように自在にマーケットへの出入りを繰り返すそのスタイルは、熟練したプロトレーダーとしてのひとつの完成形、理想形といえるかもしれません。

トレードに限らず、誰しも、心のどこかでは自分だけの個性を発揮したい、唯一無二の存在になりたいという願望を持っているものです。ただし、マーケットで個性を発揮するというのは容易なことではありません。そればかりか、個性的であろうとすればするほど資金を失う危険が高まるといってよいでしょう。

例えば、トレードの基礎が確立していない段階(まだ安定的に利益を上げられていない段階)で自分の直感を信じてトレードするような方法はあまり賢明とは言えません。

本人は、自分独自の裁量でトレードしているつもりでも、往々にして、それは裁量ではなく、単なる値ごろ感だったりします

熟練のトレーダーが持つ直感とは、それまでの技術や知識、経験の蓄積の上に成り立つものであり、一見場当たり的なようでも、それぞれしっかりとした根拠を持っているものです。

また、相場の流れに柔軟に対応する裁量トレードは、一歩間違えば、「強欲」と「恐怖」というトレーダーを惑わす2つの感情に支配される危険性のあるトレードスタイルでもあります。

それは、熟練のトレーダーとて例外ではなく、ちょっとした気のゆるみでポジションサイジングのルールを破り、たった一度のトレードで資金の大半を吹き飛ばしてしまったなどという例は枚挙に暇(いとま)がありません。

裁量トレードに油断は禁物なのです。

それを嫌って、自ら検証を重ねてシステムをつくり(あるいはすでにある優位性のあるシステムを入手し)、そのシステムのルールに従ってトレードを繰り返す、いわゆるシステムトレーダーと呼ばれる人達も存在します。

ある大物システムトレーダーなどは、「自分はトレーダーではなく、自分が使うシステムを厳格に執行するシステムオペレーターだ」と自称しているほどです。

彼らは、システムを使い、裁量の余地を極力排除することで、自らのトレードに規律を生み出します。そして、「損切りが出来ず、利食いを我慢できない」というようなトレードにマイナスに働く人間の本能を克服しようとしているのです。

裁量トレードも、システムトレードも最終的には、相場から安定的に利益をあげることを目的としている点に変わりはありません。

また、人それぞれトレードスタイルには違いがあり、一概にどちらが優れているというものでもありません。

ただ、個人的には、まずはトレードに必要な規律を身に着けるという意味で、何らかのシステム(手法)を手に入れてそれに習熟することが先決なのではないかと感じます。

トレードに裁量の余地を差しはさまないシステムトレーダは存在しても、何ひとつシステム(手法)に精通していない裁量トレーダーには、いまだかつてお目にかかったことがありません。(執筆者:高橋 浩司)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

FX自動売買で安定的に利益を出すことが難しい理由

自動売買というとMT4が有名だが、実際に安定して利益を出すことは非常に難しい。これは実際にMT4を使って売買のロジックを組んでシミュレーションをしてみたことがあればすぐにわかることである。

問題は色々あるが、例えば1年で検証をすると右肩上がりの結果が出るシステムがあるとして、これを5年で検証すると結果大損だったりする。長期的に安定して右肩上がりに利益を出すことがこんなにも難しいのかと心底思うほどに、システムトレードは難しい。

今までの5年間、良い結果が出ているからといって、この先の1年でも同様に利益が出るかは実は誰にもわからない。今までの結果は未来への約束にはならない。マーケットには色々な場面があるので、その全ての状況にマッチするシステムなど無いということが第一の問題。

システムトレードを考えるときに、実際に挑戦している時には、今から書くような内容を否定的にとらえて、「私はその制約をクリアして、絶対に成功してみせる」と考えてしまう場合が多いが、実際には、銀行金利が0.1%未満で、通常のファンドマネージャが年率40%とかなら非常に優秀だと判断されていることを考えると、当然その動かしている資金の差があるとはいえ、やはり個人がシステムを組んで、簡単に利益が出せるとは考えないほうが良い。

特に一番注意が必要なのは、市販されているシステムこれは90%はインチキシステムだと考えたほうが良い

特にロジックが非公開のシステムなどもあるが、自分の命と愛の次に大切なお金を、そんなものに賭けるなんて本当にギャンブルと同等だと思ったほうが良い。

ある日突然、本当に深いマイナスに見舞われて、このドローダウンで、一発で全資金を刈り取られる場合がある。このドローダウンの問題もシステムトレード特有の問題。一度やり始めたらどんな場面でもシグナルに従えと投資の教科書にはよく書いてあるが、実は多分正しくない。

そもそも、そのシステムがマーケットのすべての状況を正しく判断して、シグナルを出せるとは限らない。

未曾有の展開においては、実は人が判断する方が正しい場合が多々ある。ゆえに、システムトレードの正しい使い方は、裁量トレードとシステムトレードを組み合わせて、両方の良い点を活かす様にするということ。そうしなければ、継続的な勝利は見えてこない。(執筆者:凪石 剛)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

MT4の魅力とは

先に書いたシステムトレードの難しい点と、少し真逆な内容もあるが、その矛盾をはらんでいるのが投資だという点からも良く読んでいただきたい。少し角度を変えると、同じ事象に対して、真逆な内容が両方正しいという場合もある。

MT4の魅力はチャート分析ソフトとして、高機能で自分の考えたロジックや他者が考えたロジックをチャート上に表示して分析に活用出来るという点、値付けが比較的フェアで、全然知らない取引会社の独自システムよりは、ある程度安心して使えるという点、プログラムによる自動売買でうまく使えば寝ている時間も会社に行っている時間もトレードが可能だという点…となる。

特に、自動売買によって、時間の成約から解き放たれるというのは、上手に活用することが出来たら最高の話になる

勝つためにどんな場面でトレードしたらいいのか?…その答えは、どちらに進むかがハッキリわかる、一方的に進む場面でトレンドフォローの方向にエントリーする! が答え。

ということは、会社が終わって帰ってきたサラリーマンが9時から12時とか2時までの頑張っても5時間とかの中でチャンスを探すより会社に行っている時間も寝ている時間もマーケットを監視してもらい、大きなチャンスがあればエントリーして、安全なうちに早々に利確して、無理をしない…というような理想的なトレードを自動で行なうことが出来たら、これは本当にチャンスが膨らむことになる。

日本時間では夕方のロンドンや、残業していたら逃してしまうアメリカのオープンとかの時間を、もし、自動売買でトレード出来たら! と本当に考えるが、やはりこれも完全な自動売買は難しく、チャンスが来たとスマホに通知して、人が確認してエントリー、その後の利確までは、人が継続監視して、利確。

もしくは何らかのロジックに沿ってS/L(ストップロス)を入れておき放置もしくは利確の価格も入れておく等するか等、複合的に裁量トレードと自動売買を絡めて行わないと、トータルでは利益が出ないと思っている。

これは、やはり自動売買の限界があり、もしこれがないなら、機関投資家はとっくに自動売買で100倍とかにできているとかんがえる。

おまけ)

でも、本当に上手に安全な場面だけ、美味しく食って、利益を積み重ねることができたら、短期間で資金を大きくふくらませることが出来る可能性を秘めているのがFX。

ハイレバレッジでのトレードなら、実際に一晩で2倍や3倍など簡単に出来る。なぜ、これが100倍にならない?と思ってしまうほど、その夜は簡単に2倍とかになるのだ。だから、継続して勉強すればFXには可能性があるのだから、絶対に結果を出すことができるようになる。

では、具体的にはどう攻めるべきか。これは簡単には説明出来ない。

実際にはトレードは大学2年間ぐらいかけて勉強するのと同じ位のボリュームがある、難易度の高い、体系だっている学問と同じである。

戦闘機のパイロットになるのと同じ。医師になるのと同じ。そのぐらい難しい。実際には、体系だった教育システムがないから、それ以上に難しいのかもしれない。自分で試行錯誤して、経験から学ばなければ成功出来ないから、1年後に9割以上が退場となるのである。(執筆者:凪石 剛)

外為オンラインのiサイクル注文 M2Jから差し止めで訴えられる

 既にご存知の方も多いと思いますが、マネースクエアジャパンが次のような内容の発表をして外為オンラインの特許権侵害に関する差し止め請求を行ったことを明らかにしています。詳細を抜粋しますと以下のとおりです。

2015年2月19日、株式会社マネースクウェアHDが株式会社外為オンラインに対して、東京地方裁判所に訴えを提起いたしました。

(1)本訴訟に至った経緯及び概要
今般、当社は外為オンラインが2014年10月にサービス提供を開始した「サイクル注文」及び「iサイクル注文」が、当社の保有する特許権(特許第5525082号及び特許第5650776号)を侵害していると考え、その差止めを求める訴えを提起いたしました。

(2)訴訟の提起日及び裁判所
訴訟の提起日:2015年2月19日
訴訟を提起した裁判所:東京地方裁判所

(3)本訴訟の相手方
株式会社外為オンライン(東京都千代田区 代表取締役:古作篤)

(4)本訴訟の内容
外為オンラインに対する主な請求内容は、以下の通りです。
・当社特許権に基づく「サイクル注文」及び「iサイクル注文」のサービス提供停止

(5)今後の見通し
本 訴訟の進捗に応じて必要な開示情報が発生した場合には、速やかに開示いたします。尚、本訴訟が当社の連結業績に及ぼす影響は現時点では軽微であると考えま す。当社は、知的財産権を重要な経営資源の一つであると考え、平素よりその権利の取得及びその適正な活用を図っております。

引き続き、当社は、保有する知的財産権を侵害すると考えられる類似サービス・プログラムに対しては、一切の法的措置を含め、断固たる対応を採っていく所存です。

 と言うことで、外為オンラインのiサイクル注文も特許を出願していますから、売買方法というよりは具体的な設定のアルゴリズムのあり方といった詳細で特許を侵害している部分があるのではないかと言われ始めています。ちなみに今回アイネット証券のフープイフダンは訴訟の対象になっていませんので、やはり売買の仕組みというよりは
特許で設定している内容で抵触するところがあるのかもしれません。

差し止めになったら利用者はどうなるの?

 利用者にとってもっとも気になるのは、こうした請求が認められて差し止めになった場合に、ポジションをもっていたらどうするのか? ということでしょう。

 おそらく新規のポジションを作ることができなくなるだけで済むのだと思いますが、強制終了をかけられてしまいますと、かなりダメージが出る可能性はありますね。

 1月のスイスフランショックの時にもアルパリはとっとと強制終了をかけて会社をたたみましたから、このあたりのイニシアチブは完全に業者側にあるところがなんとも気になる部分ではあります。ループイフダンの各社サービスご紹介の時にも触れましたが、このiサイクル注文はFXブロードネットのトラッキングトレードにも供与されているシステムなので外為オンラインがとめられれば自動的にこちらもダメになりそうな気配です。今後の動きに注目したいところです。(執筆者:坂本 博)

初心者でも超カンタンに「自動注文」で稼ぐポイント

 自動注文と言えば、システムトレード(通称シストレ)を思い浮かべる人が多いかも知れません。でも、シストレってプログラムを組まなきゃいけないですし、FX会社が提供しているものをそのまま使ったところで利益が出せるとは思えませんよね。とにかく敷居が高い、というのが第一印象ではないでしょうか。しかし、もしどんな初心者でもその日から簡単に出来る自動注文があったとしたら? 実は誰でも指値を入れるだけで手軽にできるんです。

 それは相場の急落狙いで.00銭で指値買いを入れ、指値より5pp上にリミットを設定しておくだけです。具体的な数値を出すと、現在(118.80)だったならば、118.00に指値買い、118.05にリミットを設定しておくといったところでしょうか。おそらく驚くほど簡単にお小遣いが稼げるはずです。

 これは何故かと言えば、00を割るとストップロス注文と買い注文が一気に殺到します。逆張りは大抵ストップロス注文が一巡すると、底値で買いたかった向きの注文が次々と入る傾向にあるので、.00を割っても1度目は再び.00を超え、ある程度のところまでする反発パターンがほとんどです。

 ただし、ここで注意したいのは「2匹目のドジョウはいない」という点です。もちろん何度も.00という重要な節目ですから、買いが厚ければ防衛に成功するパターンもあるでしょうが、下値を模索している段階では、最終的には節目では売り方が勝ってしまうものです。1度目に成功したからといって、2度目、3度目も同じポイントで逆張り反発狙いで自動注文を出すのは必ず避けるようにしましょう。仮にやるとしても、次は117.00です。(執筆者:大島 正宏)