タグ別アーカイブ: アメリカ雇用統計

フラクタル構造を意識して見る、今回のアメリカ雇用統計

今回のアメリカ雇用統計は失業率こそ予想を下回りましたが、ボチボチいい結果だったように思います。その後のISM製造業景況指数もまずまずの結果でしたね。これらの結果を受けてドルは買い戻されて、ドル円も上昇を見せました。

しかし、直近の上値112.60円を抜けないまま買いが一巡し、最終的には下げトレンドとなります。逆に直近の下値112円を割り込んで、ほぼ安値引けの形で週末を迎えることとなりました。

これは今回のアメリカ雇用統計を終えての1時間足なんですが、どこか見たことあるような形だなあと思いませんか? 大きな下落があってから、上に38.2%戻してから揉み合いになって、だんだん頭が重たくなっていく形。これ、ドル円の日足とめちゃくちゃ似た形なんですよね。

こちらが日足です。時間やレートを消してチャートの形だけを見たりすると、どっちがどっちか分からなくなっちゃいそうですね。こういった大きな全体と同じ形が細かいところでも出てくる、というのがフラクタル構造と呼ばれるものです。雪の結晶やリアス式海岸など、自然界でもよく見られる現象なんですが、チャートにもよく見られるんです。

この現象に着目すると、日足の形を意識して「強いトレンドが出たら38.2%戻してから、頭をジリジリ下げる揉み合いになるかも!」ということを、あらかじめイメージすることができます。このイメージを持っていれば、先週のイエレン発言による下落後の揉み合い、そして週末の大型指標後の取引も有利に進められたはずです。

ちなみにさらに5分足で見てみても、同じような形が発見できると思いますよ。今は急な動きが起こりやすい相場になってきています。今後もこれに似たようなパターンの動きが起こるかもしれないので、頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね!(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

雇用統計 前回は微妙に悪い数値だったが…

今月もまた全米最大の経済イベントがやってきました。注目は金曜日(6月5日)に行われる雇用統計です。

証券会社や銀行の出した予測の中央値は22.5万人となっていますが、これは前回の22.3万人より微増とはいえ、ほぼ変わらない数値です。一体どうなるのでしょうか。

雇用統計の行方を占う上で、重要視されるのがADP雇用統計です。先述した雇用統計(NFP)が国によって提供される数値であるのに対し、ADPは民間によって雇用統計週の水曜日に「参考」として出される数値であることが特徴です。以前は、本家雇用統計との乖離が著しく、市場を無用な混乱に陥れるだけで全く参考になりませんでしたが、改定を重ね、現在はそれなりに使える数値となっています

さて、このADPは予想20万人に対して、結果は20.1万人。前回が16.9万人であったことを考えると微妙に雇用は上向いたといったところでしょうか。ADPがここまでおとなしいと、金曜日に発表される雇用統計も、どうやら予想からそこまで乖離した数値ではなさそうです。

アメリカの製造業が相変わらず腰砕けになってしまっていることを考えれば、ネガティブサプライズに賭けた方が面白みはありますが、たとえ予想より1000人多い/少ないだけでも大きく動くのが雇用統計です。ポジションは一端クローズするのがベストかも知れませんね。(執筆者:大島 正宏)