謎の買い上げ再び 完全なる下げトレンドから110円を守り切れるのか?!

今週の大きなテーマだった日銀会合、FOMCが終わって、一通りの材料が出揃ったかたちです。日銀は追加緩和なし、FOMCは利上げペースが遅くなりそう、という結果でした。これで相場も大きく動き出しています。

FOMCの利上げペースが遅くなりそうというのは、事前に多くのアナリストも指摘していたことだったと思いますが、ドルはこの発表後にかなり買われる反応でしたね。

ドル円に注目してみると、日銀会合後のガッカリ下げのあと、きれいなラインに乗って上昇しているのが確認できます。ということは、FOMCが利上げにプラスなコメントを出すことを期待して買っていた筋が、もしかするといたのかもしれません

その反動もあって、FOMCがより強いドル高圧力となって、ドル円は下げを加速させたのでしょう。翌日の夜には、ここのところ強くサポートとして機能していた111円が、ついに割り込まれてしまい、2月に2回つけた安値を更新してしまいます。

ちなみにこのとき、楽天FXのスプレッドが15円になるという珍事件もあったようです。人為的ミスなのかシステム的な問題なのか分かりませんが、心臓に悪いですね。これが原因で刈られたポジションは修正されるらしいので、ひとまずは問題ないらしいですが。

それはさておき、大事な111円を割って「このままどこまで下がるんだ?!」というときに、5分足1本で80pips以上上げるという謎の上げが発生します。2月上旬の下攻めとときにも、謎の暴騰がありましたよね。そのときほど激しくはなかったですが、それを思い出させるような動きでした。

この原因については、「日銀のレートチェックだ」というニュースもあったり、「いや、レートチェックはなかった」というニュースもあります。今のところははっきりしたことは分かりませんが、いずれにしてもこのあたりはどうしても警戒心が強くなっちゃいますね。

この下の110円もかなり固そうだし、111円を割り込んでからのショート攻めはあまりやりたくないかんじです。110円を割り込んで、105円を狙う動きが出てからでも遅くないような気がします。

ということで、強力なネタに裏打ちされた完全なる下げトレンドに乗って、110円をも割り込み105円を目指すのか。それとも、それに立ち向かう当局らの無言の圧力(はっきりしたことは分かりませんが)が支えきって、再びレンジに戻っていくのか

どちらに軍配が上がるのか、今は大事な局面ですね。変なポジションをつかんじゃわないように、注意しながらやっていきましょう!(執筆者:貝田 凡太)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!

強い人が使うシンプルなテクニカルその2「ななめ線」の呪縛を解く

多くの人が、ちゃんと教えてもらう機会を逃したまま、迷信を信じているのがFXの世界なのかもしれません。

今回は、強い人もよく使っている線のうち、ななめの線です。裁量トレードの先輩たちは、どう使っているのでしょうか?

チャネルという線がセットになったもの、そして、トレンドライン。この2種類におおざっぱに分けてみます。

チャネル


MT4に「チャネル」というメニューがあります。私が見たことあるのは、フィボナッチと平行チャネルというもの。個人トレーダー同士のつきあいの中では、他を使っているのは見たことがないです。

何本かの平行線のセットを好きな角度に配置して出来上がり。

線の間の幅は、そのあたりの参加者が作っているエネルギーを見れます。線どうしが狭いなら、パワーを貯めているのかも。また、この幅がエントリー位置やストップ位置のめやすになります。通貨ペアによって幅もまちまち。

そして、角度では一応のトレンドのようなものが把握できます。

ここで、「そのあたり」とか「一応の」と表現するのは、見かたに絶対がないからです。EAを組むのでなければ、人間同士(+アルゴ)の戦いなので、右脳的な「だいたいこのくらいの強さ」というセンスの必要性が出てくるのです。

「この線にぶつかったら逆張りするぞ」といった考え方にも正解がありません。自分の得意なルールを見つければ良いのです

線の本数はどうか、間隔は等間隔かフィボナッチの間隔か、などなど試行錯誤してみましょう。線を引く際、ローソク足のヒゲを無視するかどうかも好みです。

トレンドライン

私はNTAA認定テクニカルアナリストの勉強で、はじめてしっかり学びました。しかしこれ……株の資格なんですよね。FXは株のように現物を買うトレードではないので、このままでは使えません。

引くときは高値もしくは安値を結んでいけば良いのですが、レートが跳ね返るのって、2,3回じゃないでしょうか?なので押し目と戻りの目安として使えるかどうか微妙です。

何度か線が破られて、ファンラインになったときに「これは勢いがあるな」と判断するくらいで、私も最近は使っていません。ファンラインは、切り上げ、切り下げのたびに線を引いていくと扇(ファン)のようになる複数の線です。

解くべき呪縛まとめ

それでは、解くべき呪縛を並べておきます。

・引く場所に神経質にならなくて良い
・本数が多いと目の錯覚を起こすので注意
・正解などない
・自分の得意な線をトレード日誌で探せばよい
・株と違い、線に触った地点で必ず買われるとも限らない
・同じく、線に触った地点で必ず売られるとも限らない
・トレンドに逆らうな、も基本は株での話

トレードはカンファタブルに行えという教えもあります。他人が言い張っているルールに縛られて、不安な気持ちを抱えてしまい、自分だけのエッジを見失わないようにしたいものですね。(執筆者:鈴木 マリア)

ドル円で確実に儲けたいならこの条件で勝負!

日銀会合が予想通りの現状維持に終わった後、さしたる理由もなくズルズルと112.6まで下落したかと思いきや、その翌日にはFOMCを控えているにもかかわらず返す刀で113.7までジリ上げするなど、相変わらずレンジムードの感が強いドル円ですが、たまには基本に立ち返ってみるのもいいのではないでしょうか。それは「五十日」です。

FXに馴染まれている方であれば、「五十日需要」というのを一度は耳にしたことがあるかと思います。

月日の下一桁に5と0が付く日は企業の締め日が重なるため、特殊需要から円売りドル買いに動きやすい、というジンクスめいた話です。

功を奏することもあれば、不発に終わることもあり、一体どこまで需要があるのかは、その時次第といったところです。

しかし、いくつか要因が重なると「五十日」を利用して大きく儲けることも可能です。というよりも幾つかの条件さえ抑えておけば、思惑だけで上がることもしばしばです。

1:五十日であること
2:仲値(9時55分)であること
3:日経平均(先物)がその時点で上昇ムードにあること
4:ダウ先物がその時点で大きく動いていないこと

必須の条件としてはこの4つでしょうか。大体この辺りを踏まえておくと、「五十日」では面白いようにとれます。

例えば3月15日の例(画像参照)などは典型的なボーナスポイントでした。

みなさんもぜひこういうチャンスを狙って確実なトレードを心がけて見てください。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

株高でも上がらないドル円!大相場に向けてのエネルギー充填か

日経が東京市場では300円高と暴騰気味に騰がったのにもかかわらず、ドル円は114円にタッチが精一杯という有様には頭を抱えた投資家も多いのではないでしょうか。

それどころかロンドン市場が始まると、少し株が緩んだだけで一気に113.50をタッチする始末です。しかも特にユーロドルや豪ドルなどのドルストレートが大きく上げたことでドル売りに煽られたわけでもなく、自重で下がっていったという表現がぴったりです。

ドル売りでも株安によるリスクオフでもなく、ダラダラと下値を模索するドル円…これはアベノミクス以来お目にかからなかった事態であることは確かです。

以前に「70〜80円台時代のドル円が戻ってきた」という話をしたかと思いますが、このように市場が良くも悪くも変化の兆しを見せていることは確かで、何かをキッカケに一気に同意づいてしまう用意はしておいたほうがいいでしょう。ドルストレートかやたら買われる状況もある意味懐かしい相場が戻ってきたといった感があります。

日足・月足をみると分かりやすいのですが、煮詰まっているという表現がピッタリで、これまで長らくドル円を触り続けてきた経験上、得てしてこういう時はズルッと来るパターンが多いです。

特に春から夏の初頭にかけては毎年気迷い相場からの円高に振れることがよくあり(5月の「ゴールデンウィークの円高」ジンクスは有名ですね)、日銀の追加緩和もアメリカの3月利上げもないと目されているだけに、へたに上値を追い続けるようなリスクは取りたくないところです。 (執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

強い人が使うシンプルなテクニカルその1「水平線」の不安を払しょくする

前回、強い人は意外とシンプルな方法でトレードしているとお話しました。強い人も様々です。普通はちょっと真似できないようなモンスターみたいな人もいます。

しかし、ここでお話したいのは「凡人だけど普通の努力を続け、上手になった強い人」の水平線の使い方です。

水平線、引き方が間違っているかどうかさえわからない

個人トレーダーは、本やインターネットで勉強して線を引いてみるのですが、それで良いのかどうか不安です。

運よく先生を見つけた人は、隣に座ってくれて「これ合ってるよ。そっちは違う」などと教えてもらえるのかもしれません。しかし多くはこんな経験もないまま、迷ったまま進んでいるのではないでしょうか。

私はとにかく証券会社のセミナーやYouTubeで動画を見て、たまたま講師の誰かが線を引いているときに「自分と同じだ。なら間違ってなかったんだな」などと考えながら、少しずつ覚えました。(効率が悪いのでおすすめしません)

よく、「線は数多く引いて覚えろ」と聞きます。これは良さそうですね。引いた線が効いたかどうか、トレード日誌にメモをして残しておくと上達も早いでしょう。

教える側の都合から並べたリスト

どこに水平線を引くべきか、教える側はこんなことを言います。先生としては、全部教えようと思うからでしょう。

・見たい範囲の、最高値
・同じく、最安値
・過去に停滞したあたり
・何度も当たっている値
・ファンダメンタル的に意識されている値(黒田ラインなど)
・0、5で終わるキリの良い値
・その他、教える人独自の場所

以上、水平線なので、それぞれ1点が決まれば引けます。だいたいそのあたりという場合もあります。

教えられたほうはどうするか

上記の全てに、毎日毎日引くのは大変ですし煩雑です。

これらを教えてもらった後は、自分の過去トレードを検証するか、デモでやってみるかして、得意な線をみつけます。これだけは先生はやってくれません。

黒田ラインのような特別に動かない線は、固定しておきます。検証しているうちに、だいたい得意な線が3種類くらいに絞れてくるので、その後のトレードが断然楽になります。

得意な線をマスターすると、そのうち自然と他の線も使えるようになるので、焦る必要はないでしょう。(執筆者:鈴木 マリア)