アメリカ4月利上げはどうなるの? イエレン発言に要注目!


先週のドル円はベルギーの同時テロで下落した局面もありましたが、1週間を通して上昇トレンドが続きましたね。16日のFOMC後にドカーンと下げたかと思うと、今度は上げ続けるという、上に下に忙しい展開が続いています。

1週間続いた上昇の根拠となっているのが、アメリカ利上げが4月行われる可能性。月曜にアトランタ地区連銀総裁のロックハートさんが、水曜にセントルイス地区連銀総裁ブラードさんが、それぞれ4月利上げの可能性を示唆しています。特にブラードさんは、今年のFOMCの投票権も持っているので気になるところです。

前回のFOMCで、次の利上げは早くても6月という見方が市場に広がっていたので、この見方が打ち消されて、ドル円が下げた理由がなくなってしまったというわけです。

火曜のテロではリスクオフの流れも出ましたが、この流れは変わりません。逆にこれで下げきれなかったことが、もう上がるしかないという相場の雰囲気を象徴するような格好になった気もします。

さて、今週もこのアメリカ利上げの行方に対する思惑がテーマになりそうです特に火曜にはFRB議長のイエレンさんの発言があるようなので、利上げについてどんなコメントが出るのか注目です。先週も利上げに関する発言で動いたところなので、利上げについて何を言うかによって雰囲気が変わりそうですよね。

金曜日にはアメリカ雇用統計もあります。今は4月の利上げがあるかどうかがテーマなので、これを左右しうるアメリカ雇用統計の結果は影響が大きそう。良好な結果で「やっぱり4月利上げだ!」という流れになったら、今の110円~115円レンジを上抜けする流れもあるかもしれません。

ここからは無責任予想(希望)ですが、なんだかんだ言って4月の利上げはないんじゃないかなと個人的には思っています。だって、4月FOMCってイエレンさんの会見ないので。勝手な思い込みかもしれないですが、利上げだけして会見なしっていうパターンはあまり想像できないので。

ということで、僕の希望する展開はこんな感じ。

4月に入って「4月利上げあるんじゃねーの!」という流れになって、4月26日のFOMCに向けてドル円上昇してレンジ上抜け。そして、いざFOMCを迎えて、結局は利上げなし。「やっぱり利上げなしか!」となって、ドル円絶好の売り場に! ……なんて展開になったら、やりやすそうだなあ。

とはいえ、ここのところレンジ高値圏での上値が切り下がり続けている状態なので、頭はだいぶ重そうなんですよね。まあ、イエレンさんとアメリカ雇用統計次第ということなので、妄想は置いておいて今週はこれを中心に見守っていきたいと思います。(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓