謎の買い上げ再び 完全なる下げトレンドから110円を守り切れるのか?!


今週の大きなテーマだった日銀会合、FOMCが終わって、一通りの材料が出揃ったかたちです。日銀は追加緩和なし、FOMCは利上げペースが遅くなりそう、という結果でした。これで相場も大きく動き出しています。

FOMCの利上げペースが遅くなりそうというのは、事前に多くのアナリストも指摘していたことだったと思いますが、ドルはこの発表後にかなり買われる反応でしたね。

ドル円に注目してみると、日銀会合後のガッカリ下げのあと、きれいなラインに乗って上昇しているのが確認できます。ということは、FOMCが利上げにプラスなコメントを出すことを期待して買っていた筋が、もしかするといたのかもしれません

その反動もあって、FOMCがより強いドル高圧力となって、ドル円は下げを加速させたのでしょう。翌日の夜には、ここのところ強くサポートとして機能していた111円が、ついに割り込まれてしまい、2月に2回つけた安値を更新してしまいます。

ちなみにこのとき、楽天FXのスプレッドが15円になるという珍事件もあったようです。人為的ミスなのかシステム的な問題なのか分かりませんが、心臓に悪いですね。これが原因で刈られたポジションは修正されるらしいので、ひとまずは問題ないらしいですが。

それはさておき、大事な111円を割って「このままどこまで下がるんだ?!」というときに、5分足1本で80pips以上上げるという謎の上げが発生します。2月上旬の下攻めとときにも、謎の暴騰がありましたよね。そのときほど激しくはなかったですが、それを思い出させるような動きでした。

この原因については、「日銀のレートチェックだ」というニュースもあったり、「いや、レートチェックはなかった」というニュースもあります。今のところははっきりしたことは分かりませんが、いずれにしてもこのあたりはどうしても警戒心が強くなっちゃいますね。

この下の110円もかなり固そうだし、111円を割り込んでからのショート攻めはあまりやりたくないかんじです。110円を割り込んで、105円を狙う動きが出てからでも遅くないような気がします。

ということで、強力なネタに裏打ちされた完全なる下げトレンドに乗って、110円をも割り込み105円を目指すのか。それとも、それに立ち向かう当局らの無言の圧力(はっきりしたことは分かりませんが)が支えきって、再びレンジに戻っていくのか

どちらに軍配が上がるのか、今は大事な局面ですね。変なポジションをつかんじゃわないように、注意しながらやっていきましょう!(執筆者:貝田 凡太)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!