ドル円で確実に儲けたいならこの条件で勝負!


日銀会合が予想通りの現状維持に終わった後、さしたる理由もなくズルズルと112.6まで下落したかと思いきや、その翌日にはFOMCを控えているにもかかわらず返す刀で113.7までジリ上げするなど、相変わらずレンジムードの感が強いドル円ですが、たまには基本に立ち返ってみるのもいいのではないでしょうか。それは「五十日」です。

FXに馴染まれている方であれば、「五十日需要」というのを一度は耳にしたことがあるかと思います。

月日の下一桁に5と0が付く日は企業の締め日が重なるため、特殊需要から円売りドル買いに動きやすい、というジンクスめいた話です。

功を奏することもあれば、不発に終わることもあり、一体どこまで需要があるのかは、その時次第といったところです。

しかし、いくつか要因が重なると「五十日」を利用して大きく儲けることも可能です。というよりも幾つかの条件さえ抑えておけば、思惑だけで上がることもしばしばです。

1:五十日であること
2:仲値(9時55分)であること
3:日経平均(先物)がその時点で上昇ムードにあること
4:ダウ先物がその時点で大きく動いていないこと

必須の条件としてはこの4つでしょうか。大体この辺りを踏まえておくと、「五十日」では面白いようにとれます。

例えば3月15日の例(画像参照)などは典型的なボーナスポイントでした。

みなさんもぜひこういうチャンスを狙って確実なトレードを心がけて見てください。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓