怪しい? それとも頼もしい? 聞きまくってまとめたFX仲間と師匠の見つけかた6つ


FX友達は見つけるべきか? メンタルにも影響が大きそうです。そこで仲間や師匠の見つけかたを多くの方に尋ねてみました。こちらから求めなくても教えてくれたパターンもありましたが。

最初に、仲間は必要なのか?

「FOREX NOTE 2016 / 為替手帳」というノートが出版されています。とても便利なものですが、これを監修した堀内昭利氏が、冒頭にトレーダーへの贈ることばをびっしりと書いてくださっています。

この言葉の一番最後に、トレーダー友達について書かれていますが、締めくくりの言葉は、

【引用はじめ】
もともと、相場の世界は孤独な世界なのだよ。
【引用おわり】

なのです。

相場での戦いはゼロサムゲームなので、友達が勝っている時に自分は負けていたりします。この孤独感に耐えるくらいの精神力は持っていないと、友達とはうまくいかないでしょう。

しかし、多くの方のアドバイスとしては「孤独であるからこそ、良いトレーダー仲間を作りなさい」というものが一番多かったです。

トレーダーは孤独であるのは前提として、これまで私が教えてもらった仲間の見つけかたと「良い仲間、師匠の見分けかた」を並べてみます。

良い仲間、師匠の見分けかた6つ

1 実際に会う事を嫌がらない

理想はリアル友達ですが、今はSNSで出会ったりしますね。それでも実際に友の会などで会える人。インターネットだけの付き合いだと騙すのも簡単です。

2 スクールなら勉強会、懇談会をやってくれる

セミナーが終わったらさっさと帰ってばかりの先生もいます。

3 多少口が悪くても、本気で教えてくれる

まったくの個人的な感想ですが、FXの強い人は話し言葉がズバリ系の人多いです。フォローもしてくれるタイプが良いです。

4 生き残っている、スクールが続いている

期間は3年とも4年とも。一発屋じゃないということですね。

5 お互い勝った負けたを正直に話せる

隠す必要はないはず。

6 やたらきれいごとを言わない

FX会社社長も「FXはスマートな投資ですよ」というタイプと「そんなことやってたら損切り貧乏になっちゃうよ!」とハッキリ言うタイプが。

大まかにはこんなところでしょうか。信頼できるかどうかがキモかなと思います。トレードにもヒューマンスキルが必要ですね。(執筆者:鈴木 マリア)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓