世界同時株安発生! リバウンドポイントはどこだ?


先日114.3でロングポジションを決め、115円で意気揚々とイエレンFRB議長の議会証言を迎えた筆者ですが、見事に暴落という「はずれクジ」を引き当ててしまうこととなりました。

下げ止まらない気配をみて、さすがに一旦損切りしましたが、くしくも水曜は建国記念日で商いはスカスカ。24時間で400pps落ちという、近年のドル円にない動きを見せました。

「イエレンが年内利上げを取りやめる可能性が取りざた」とニュースでは騒がれていますが、一言もそのようなことは述べていないばかりか、むしろ依然として筆者の予想通りアメリカ経済の強さを指摘するような発言が目についた印象です。

またISM非製造業景況指数や雇用統計の数値が市場予測より悪かったからどうのというネタも、以前から分かりきっていたことでもあり(しかも雇用統計発表後には予想より悪かったのにもかかわらず、時間あたり賃金の上昇が着目され暴騰しています)今更感があります。

他にもドイツ銀行ネタやまさかの日銀マイナス金利ネタなど、真犯人探しネタにはまったく事欠かない状況ですが、これはおそらく市場自体が、一体この暴落のトリガーが何なのか掴みきれていない証左ではないかと思います。

よく分からないまま想像以上にスピードをつけて落ちてしまった…というのが実情でしょう。それだけに風化すれば一旦どこかで大きな戻しが必ず来るはずです

風化するのか? と考える向きもあるかと思いますが、中国株安は今では全く取りざたすらされなくなったことが、市場のうつろいやすさを的確に表現しているかと思います。むしろ最近では日本の方が数倍下落している始末です。

もちろん、アメリカ経済はイエレンが虚勢を張っている以上に腰折れしているでしょうし、中国経済も一旦は風化しているものの、これからボディーブローのようにジワジワと市場を締め付けにかかるはずです。ただし、リバウンドが起きてからですが。 (執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓