アルゴリズムに勝利するには? プロに質問しまくって得られたことまとめ


私のトレードは主に裁量です。個人の裁量トレーダーにとって大口投資家のアルゴリズム取引は脅威に感じます。ほんとうのところが知りたいものです。

そこで、チャンスがくるたびに証券会社セミナー、FX会社セミナー、投資家の集まりなどなどでプロに質問をぶつけまくりました。

2015年の半ばくらいから、トレーダーのtweetに「アルゴリズム」という単語が増えています。最近は「アルゴリズム(取引)が入るのは当たり前」という空気なので、tweetのほうは静かになりました。アルゴリズムの意味ですが、「プログラムによって最適と判断したトレードを一瞬のうちに執行するシステム」といったところでしょうか。

質問に答えてくれたプロは、元クジラ内に居て今は投資コンサルタントをされてる方、FX会社の社長、などです。(クジラはGPIF、ゆうちょ、かんぽ、公的年金、日銀、の大手機関投資家)

結論として、スピードはアルゴリズムに勝てないが、裁量ならではの独特のエッジがあるとわかりました。

コンピューターと人間の戦い、古くからチェスや囲碁の勝負があります。近年、コンピューターが名人に勝っていますね。しかし、これは2次元の上で繰り広げられる戦いです。

いっぽう、為替ほかの市場は多次元的です。地球の地面の上(ときには上空)をヒト、モノ、カネが3次元で動き回り、時間軸もかかわってきます。ヒトの思惑は、必ずしも経済合理性があるわけではないのは、よく知られているところです。

たとえば、ジム・ロジャース氏の提唱する「再帰性理論」では、市場の出来事に影響された人々が思いもよらない新たな動きを加速させます。

「これらを全部アルゴリズムで予測し取引につなげるのは、まだ難しいのではないか」とのお話で共通していました。納得です。

裁量トレードならではのエッジは、まだメカニズムがすべて解明されていない「個々の投資哲学」、「経験による勘」、「度胸」、「検証結果による自信」、「逃げ足」などの使いこなしにあるでしょう。これらを磨くまで時間はかかりますが、AI(人工知能)が追いつくまでには間に合いそうですね。(執筆者:鈴木 マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓