雇用統計は超乱高下! 指標発表前に祈ることはもうやめよう


金曜日の雇用統計は凄まじい乱高下となりましたが、筆者はポジションを持たずに臨んだため、祈ることもなく、落ち着いて要所要所で儲けることが出来ました。

思えば昔は、私もこうした重要指標を前に毎週ドキドキしながら胃を痛め続けたものです。こうした戦略が何の意味もない寿命を縮めるだけのギャンブルだと気づくまで、随分と時間がかかりました。

「さっさと目標の~円を儲けたい」、「今日で含み損を一気に回収したい」といった思いは、FXをやる上で癌のような思考でしかありません。淡々と目の前の動きに対し、冷静に対処し続けることだけがFXでは求められています。

さて、雇用統計で116.3~117.3円を縦横無尽に駆け巡ったドル円ですが、雇用統計は大幅下振れの15万人と改めて冴えないアメリカ経済の実態が浮き彫りとなりました。失業率は5.0%から4.9%へと下落し、2008年以来の低水準などと言われていますが、景気と無関係に失業率ばかりが下がる傾向(就職自体を諦める)は以前から指摘されており、これは利上げの判断基準となりません。

時間給の高さだけみて「好景気で利上げ再燃」などと言われ、ここでドルが積極的に再度買われるようであれば、週明けにドル円を上値で売る最大のチャンスと言えるでしょう。

そもそも、4時間足MACDを見ても明らかに「売られ過ぎ」の水準であっただけに、こうして一旦の踊り場を作ってくれることはありがたい限りです。筆者は今年、「高値を叩くだけで蔵が立つ」とすら考えています

目先の短期的な動きにとらわれず(もちろんスキャルピングを行う上では短期も重要ですが)、対局を捉えてこそ勝利が待っているのです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓