潜在意識はどこにある? 「マーフィーの法則はFXでも必要か」


最近の私のファンダメンタル分析の反省点

「黒田さんはそう腹黒くないのでは」と書いたとたん、日銀がマイナス金利を発表したので、私もビックリしました。反省点は以下です。

・財政政策と金融政策について先入観を持ちすぎた

・可能性を並べる時に優劣を付けすぎた(マイナス金利なんてあるわけない、黒田さんも無いと言っていると軽く見すぎていた)

次からは、これらの思い込みを改善しようと決めた次第です。

さて潜在意識の話です

今日は、潜在意識の話題です。潜在意識は「脳のこの場所にある」と決まっていないそうですが……。

これが知らない間に私たちの考えや行動、ひいては運命すら(!)支配しているような理論があります。それが「マーフィーの法則」。これを誤解を恐れず簡単に説明してみます。

例えば、「夢をすでに叶えた自分」を思い浮かべて、声に出して何度も言うのだそうです。潜在意識がこれを信じはじめ、ほんとうに夢が叶うという結果が期待されるとか。

私が理解する範囲では「自分が出来ると信じていれば、気力が増し、やる気も出るし努力も続く。だから夢の実現に近づける」という意味に思えます。

しかしちょっと話を聞きかじるだけでは、「夢の実現を妄想しているだけで、魔法のように空から成功が降って来る」ように聞こえないでしょうか?

これは勘違いだと思うのですが、そうすると、他力本願の人が集まってしまいます。怪しいセミナーや商材でお金を儲けたい人には、格好のカモになるでしょう。トレードは他力本願ではうまくいかないですよね

トレードの成功を願う人が、目標や夢を毎日声に出すのは素晴らしい習慣です。また、相場格言や注意点を、毎朝トレード前に読み上げている個人トレーダーもいます。地道に続けていると潜在意識も覚えてくれそうですね。

潜在意識の働きにも健康な働きと、ストレスがかかりすぎた不健康な働きとがあります。

どうすれば良いでしょうか?

トラウマのせいで「買いだけがどうしてもできない」といった不健康な働きがないかどうか、紙などに書き出してみるとたくさん見つかります。「もうこれ以上なにも出ない」というところまで、しつこく書き出してみましょう。(人に見せる必要はありません)

これで問題点が洗いだされ、解決に近づきます。買いができないなら、どうすればできるか探せばいいのです。できると信じるために、マーフィーの法則を使ってみても良いでしょう。こういう形ならFXトレーダーの役に立ちそうですね。

余談ですが、紙に書き出す方法は会社のいじめ、恋愛や夫婦問題、転職問題などなどでも「自分でできることを見つける」方法として有効です。(執筆者:鈴木 マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓