異次元緩和3発目! 121円を突破したドル円、週明け以降はどうなる?


生き残った人は運が良かったとしか言いようがない相場が訪れました。日本経済新聞に「マイナス金利を議論」という見出しが踊ると、市場は色めき立ち119円まで一気に買い上げ、実際にマイナス金利という異次元緩和が実施されると、121.5まで凄まじい上昇を開始しました

問題はここからで、マイナス金利が実際にドル円に大した影響を及ぼさないという見方が広がるやいなや、今度はノンストップで250ppsの下落を示現、かと思いきや直後に200ppsの暴騰となり再び121円に収まるという、誰も予測できないような動きとなってしまいました。

自分もスキャルピングで軽くエントリーしましたが、全く全体の動きについていくことが出来ず……。特に119.5まで上がってきたところで渾身のショートポジションを作るも軽く踏み上げられ、120円にタッチしたところであえなく損切りを敢行するこことなりました。

しかし、日経先物をみると現物の終値と大差ないことをみても、「追加緩和」という認識は市場にあまりないのではないでしょうか。今でこそドル円は、金利差が意識されて上げ続けていますが、週明けにもなればマイナス金利のインパクトは薄れ、再びリスクオフ市場と、その巻き戻しとの綱引きが始まることと思われます。

特にこのところ酷いのはアメリカの指標で、市場では「リセッション開始か」とまで言われている始末です。中国に加えて、こうしたリスクオフ要因を相場が放っておくはずもなく、結果的に今の地点は、格好のショートポイントになるのではないかというのが筆者の見方です。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓