今年最初のECBを過ぎ、農耕民族が狩猟民族の気持ちを考えてみる


最近は少し変わった気もしますが、「日本人は農耕民族なので穏やかな気質である」というのが定説でした。反面、欧米の人は狩猟民族なので、駆け引きをしながら戦うのが巧いそうです。

日銀の追加緩和があるかどうかが話題です。今年1月もFOMCが先に、そのすぐ後に日銀の金融政策決定会合が開催されます。それぞれの金融政策の発表も同じ順で行われ、特に日本は、金融緩和がまたあるのではないかと賑わっています。日銀の黒田総裁は、隠しごとがありそうに見えるときもありますが、そう腹黒い印象はありません。

そしてちょっと忘れられぎみの感があるユーロの動向ですが、1月21日のドラギECB総裁の会見では、緩和の可能性を示唆、ととれる発言がありました。これまでのドラギ総裁を見ていてもわかりますが、だからといって3月に必ず緩和があるとは限らないのでは。トレード的には3月までに思惑でのポジションを、市場参加者は取り終えてしまうでしょう(たぶん)。

ユーロの流通が始まったEデーは2002年1月1日。最初から問題山積みのユーロの構造的な欠陥は、解決したわけではありません。今は、市場が他のテーマに目移りしているだけなのですね。

2016年初頭の今、気になるのは英国の総選挙です。(キャメロン首相は’15年の総選挙の際、’17年の末までにEU残留を問う国民投票を行うと公約、2016年の可能性も)すでに色々な方が書いておられますので、詳細は省きますが、英国の人々の気持ちの底になにがあるのだろう?と想像してみました。

私自身が気になっているのは、欧州債務危機の際に英国のキャメロン首相が、各国の独立性を気にしていたことです。これは建前で、本心は自国の独立性(=利権)が損なわれるのを嫌ったのでしょう。

金融立国の英国は、ユーロを導入していません。「他の国といっしょにしないで」というプライドもあり、何かのきっかけで国民の感情が1方向に動いてしまったら、想像以上のことも起こるのではないでしょうか。今「こうなりそうだ」と軽々しく言えませんが、勝つためにはビックリな行動もとる狩猟民族の通貨、ユーロとポンドの動向も忘れないようにしたいもの。クロス円の足が引っ張られますものね。

ドラギ総裁の「3月」の他に英国の総選挙の時期についても気にしておきたいものです。

新年早々、政治家やアイドルのスキャンダルが騒がれる中、チェックしておくテーマはちょっと目立たないところに隠れていそうです。(執筆者:鈴木 マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓