原油や豪ドルと相関を失い始めたドル円、行きつく方向はどっち?


金曜日は一挙に118まで回復、119までタッチするかのような勢いを見せたドル円ですが、やはり月曜日になると市場もいったん冷静になるのか、全体的に軟調気味の相場が再び幕を開けています。

ただし、面白いのは原油やユーロドル以外のドルストレート(豪ドル・ポンドドル)との相関がドル円に見られなくなってきていることです。

もともと商品は売ればドルに変わるはずなので、原油が下がってドル円も下がる最近のトレンド自体がおかしいのですが、週明けは原油や豪ドルが暴落を見せているのにもかかわらず、ドル円はさほど下げることがありませんでした。特に原油は一時期3%超の下落を起こしてますが、これに対し全く動じないドル円はちょっと不気味でもあります。

考えられる原因としては、海外に追加緩和ネタが広まっていることでしょうか。

115円ならいざ知らず、118円にあり株価も一服したような状態で日銀が追加緩和を行うとはとても考え難いのですが、少なくとも下値を積極的に追うことに対する警戒感が出だしているのかも知れません。

かといって月足を見れば直感的に理解できるかと思いますが、上サイドをこれ以上狙うわけにもいかず、一旦ドル円から距離を置こうと考えている可能性もあります。

とはいえ、そこは生き馬の目を抜くような市場ですから、株価がまた暴落を起こせば、それに追従して一気に下攻めをしてくる可能性もなくはないわけで(逆も言えます)、ひとまず新規ポジションの構築はいったん控え、おとなしく方向感が出るまで静観するのが良さそうです。 (執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓