10時15分と10時30分に要注意 今週も中国に警戒しておこう


 2016年はいきなり世界同時株安で、大変なスタートになってしまいました。ドル円も118円を完全に割ってしまい、昨年8月のチャイニーズ・ブラックマンデーのときの下値116円前半も見えてきています。中東の政治不安やら北朝鮮の水爆実験やらといろいろあったわけですが、今回の大きな下落の主な原因は中国でした。

 4日の東京株式市場の寄り付き直後は、実はご祝儀相場を期待させるような堅調な動きでした。 この状況がガラリと変わったのが、10時45分の中国製造業PMIの発表から。予想を下回って前回よりも悪化していることがわかると、上海総合指数の暴落から始まり世界同時株安の様相に。この流れのなか、日経平均もドル円も大きく下落してしまいました。

 今は「中国は大丈夫か?」ということが、世界中のトレーダーに注目されやすくなっています。中国が注目されると意識されやすくなるのが、中国人民銀行が設定する人民元の基準値。これは毎営業日の10時15分に発表されるんですが、切り下げが行われるとリスク回避的な動き(ドル円は下落)のきっかけになることがあります

 先週は4日~7日にこの基準値が切り下げられ、8営業日連続での切り下げとなっていました。7日にはドル円が短期のトレンドラインを上抜けして、「戻しがあってもいいかな」というところで、この切り下げによってきれいにへし折られた形になりました。ちなみに、8日は久しぶりの切り上げで、逆にドル円は大きく上昇しています。

 今週も引き続き世界中のトレーダーが、中国の動向をうかがっていると思います。特に注意しておきたいのが、人民元が発表される10時15分と中国の株式市場が寄り付く10時30分。この時間帯は相場の大きなベクトルが発生しやすく展開が読みにくいので、上方向も下方向も警戒しておきたいところです

 また、中国関連では13日(時間は未定)に貿易収支の発表が控えています。特に輸入の動向が気になるところですが、これも波乱につながるかもしれません。不安定な相場が続いているので、大怪我をしないように気をつけて取引をしていきましょう!(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓