2016年相場がスタートしました!さらなる円安の可能性は?!


あけましておめでとうございます! 2016年になりましたね。昨年はいろいろとありましたが、最後はアメリカの利上げできれいに締まった1年になった気がします。年末にアメリカ、日本、EUでそれぞれ金融政策が打たれたわけですが、比べてみるとそれぞれに特徴が出ていておもしろいですよね。

イエレンさんは最初のころにヘマをやっちゃったのもなつかしいかんじです。もう市場とのコミュニケーションも慣れてきたのか、すっかり優等生になっちゃいました。利上げを市場にうまく織り込ませることができて、大きな混乱は起こりませんでした。

むしろ黒田さんの追加緩和もどきのほうが、市場は混乱しちゃいましたね。「バズーカ来たか?!」と勘違いしちゃったトレーダーさんが、きっとたくさんいたはずです。そんな黒田さんはトレーダーにとっては、少々困ったちゃんなのかもしれません。

そんな黒田さんを超える問題児はやっぱりドラギ。いつもこの人には個人的に振り回されて悔しい思いばかりしているイメージなんですが、12月の追加緩和をめぐって相場は大きく振り回されました。ドラギマジック健在でしたよね。

というわけで、年末はいろいろあったんですが、トレーダー目線でいくと今はフラットな気分です。年末にいろいろ出尽くしてくれたというか。まっさらな気持ちで2016年相場に入っていけそうです。

さて、年初の相場ですが、まだ特にどっちという目線は作っていません。「株式のほうでご祝儀相場があったらいいなあ」なんて期待しているんですがどうなんでしょうか。

ドル円のチャートの形としては、120円を今にも完全に下抜いちゃいそうなかんじ。ここを下抜けしちゃったら、ストーンと10月下値の118円まで見えてきそうですね。その次は上海株式大暴落のときの116円、ここら辺を意識しておこうと思います。

一応上げたときのことも考えておくと、まずは日銀の追加緩和もどきのときにつけた123.50円。ここは11月以降何度も跳ね返されているところなので、何かがありそう。そのすぐ上の124.50円には黒田ラインが控えています。

こうして考えると、アベノミクス以降の最高値を更新して126円台へっていうのは少々遠いですね。仮にそれがあるとすれば、ドル側というよりは円側の要因になりそうな気がします。

最初の話題に戻りますが、イエレンさんは優等生になっちゃったので、利上げも丁寧に市場を混乱させないようにやって来るはずです。そうなると、黒田さんがバズーカ打っちゃうっていうパターンのほうが可能性高そうですよね。

ただ、例えそれを打って円安になったとしても、黒田さんを筆頭にアメリカも日本も望む円安の水準ではないので、どこまで長続きするのかは結局あやしいものなのですが。

今年の7月には衆議院選挙が行われる予定です。そこまでに株価をキープするために何かがあってもおかしくないと勘ぐってみると、あながちバズーカが出ないとは限らない気もします。(個人的には「ここからさらに追加緩和って、さすがに大丈夫なの?」って思いますが。)

考えているといろいろ出てきますが、とりあえずはアメリカの雇用統計までの動きをじっくり見ていこうと思います。今年もトレーダーたちにとって、いい年になりますように!(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓